特攻野郎Aチーム THE MOVIE

特攻野郎Aチーム THE MOVIE<無敵バージョン>ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]

【映画情報】

題名:特攻野郎Aチーム THE MOVIE(とっこうやろうえーちーむ ざ・むーびー、原題:The A-Team)
ジャンル:
監督:ジョー・カーナハン
出演者:リーアム・ニーソン、ブラッドレイ・クーパー、クイントン・ジャクソン、シャールト・コプリー
製作会社:デューン・エンターテインメント、トップ・カウ・プロダクション、スコット・フリー・プロダクションズ
配給:20世紀フォックス
公開:2010年6月11日[米国]、2010年8月20日[日本]
上映時間:117分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:72点(100点満点中)

【あらすじ】

 メキシコで出会った葉巻がトレードマークのリーダーのハンニバルことジョン・スミス大佐(リーアム・ニーソン)と調達のプロであるフェイスことテンプルトン・ペック中尉(ブラッドレイ・クーパー)と怪力の持ち主B.AことB.A.バラカス軍曹(クイントン・ジャクソン)とヘリ操縦の達人であるマードックことH・M・マードック大尉(シャールト・コプリー)の4人が米軍最強の特殊部隊Aチームを結成する。

 8年後、イラク戦争の戦地でCIAのリンチ調査官(パトリック・ウィルソン)からもたらされた情報でハンニバルはラッセル・モリソン将軍(ジェラルド・マクレイニー)に直談判し米ドル紙幣の原版を奪取する任務に当たる。しかし、原版の回収後にモリソン将軍は爆殺され、原版も持ち去られてしまう。軍法会議でAチームのメンバーはモリソン将軍暗殺と原版強奪容疑で10年間の懲役を宣告される。しかし、Aチームのメンバーは服役していた特別刑務所を脱走し、汚名を晴らすべくモリソン将軍暗殺の真相究明と原版を取り戻すべく独自の任務を遂行することになる。

【レビュー・感想・ネタバレ】

《2回目》

 1回目見たときはまったく面白くなかったのでずっと気になっていた。というのも、自分の見方に問題があって全然面白くなかったのではないかという思いがあったからである。今回、機会があって2回目を見ることができたので良かった。

 2回目見たときはストーリーがつながっているのが理解できて、1回目のときのようなつまらないということはなかった。それどころか、なかなか面白い内容だったことが分かった。やはり1回目の鑑賞に問題があったことを確認できた。

 原版を盗んだのは民間人のブロック・パイク(ブライアン・ブルーム)であるが、実はその黒幕はCIAのリンチ調査官だった。そして、モリソン将軍は死んでいなくて彼らの仲間だったのである。

《1回目》

 本作は、1983年1月23日から1987年3月8日にわたって全98話がアメリカのNBCで制作・放送されたアメリカのテレビドラマシリーズ『特攻野郎Aチーム』の劇場版である。

 これは正直つまらなかった。映像が不連続しているような、各場面ごとの流れが悪い。

【キャスト】

ジョン・スミス大佐[ハンニバル](リーアム・ニーソン)
テンプルトン・ペック中尉[フェイス](ブラッドレイ・クーパー)
B.A.バラカス軍曹[B.A.](クイントン・ジャクソン)
H・M・マードック大尉[マードック](シャールト・コプリー)
キャリサ・ソーサ大尉(ジェシカ・ビール)
リンチ調査官(パトリック・ウィルソン)
ブロック・パイク(ブライアン・ブルーム)
ラッセル・モリソン将軍(ジェラルド・マクレイニー)
国務長官(ヘンリー・ツェニー)
ペンサコーラの囚人(ダーク・ベネディクト)
ドイツ人医師(ドワイト・シュルツ)

【スタッフ】

監督:ジョー・カーナハン監督
製作総指揮:リドリー・スコット、マーク・シルベストリ、ロス・ファンガー
製作:スティーブン・J・キャネル、ジュールズ・デイリー、アレックス・ヤング、イアイン・スミス、スパイク・セルディン、トニー・スコット
脚本:スキップ・ウッズ、ブライアン・ブルーム、ジョー・カーナハン
音楽:アラン・シルヴェストリ
撮影:マウロ・フィオーレ
編集:ロジャー・バートン、ジム・メイ

Amazonで「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」を探す
楽天市場で「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」を探す



トランスフォーマー

トランスフォーマー [Blu-ray]

【映画情報】

題名:トランスフォーマー(Transformers)
シリーズ作品:「トランスフォーマー」シリーズ第1作目
ジャンル:SFアクション、SFファンタジー
監督:マイケル・ベイ
出演者:シャイア・ラブーフ、ミーガン・フォックス
製作会社:ドリームワークス、パラマウント映画
配給:パラマウント映画、UIP
公開:2007年6月28日[英国]、2007年7月3日[米国]、2007年8月4日[日本]
上映時間:143分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:76点(100点満点中)

【あらすじ】

 未知の惑星サイバトロンから金属生命体のトランスフォーマーが生命を生み出す力を持つオールスパークという物質を求めて地球へやって来る。トランスフォーマーたちは正義の戦士「オートボット」と悪の軍団「ディセプティコン」に分かれて戦っていたのである。

 西暦1897年に冒険家のアーチボルト・ウィトウィッキー(ウィリアム・モーガン・シェパード)が北極圏で凍結しているディセプティコンのリーダー・メガトロンを発見した時、彼のメガネにオールスパークへの地図が刻まれる。そして、アーチボルトの子孫の青年サム・ウィトウィッキー(シャイア・ラブーフ)が車の購入のため地図が刻まれたメガネをネットオークションに出品したことからメガネをめぐる騒動が始まる。

 サム・ウィトウィッキーは中古車を購入したことでかねてから憧れの女の子だったミカエラ・ベインズ(ミーガン・フォックス)と親しくなる。ところが、サム・ウィトウィッキーが購入した中古車はオートボットの戦士バンブルビーで彼を守る任務を帯びていた。サム・ウィトウィッキーとミカエラ・ベインズはオートボットの仲間たちと会い、オートボットのリーダーであるオプティマス・プライムから過去の経緯とメガネの秘密を聞かされる。そして、サム・ウィトウィッキーとミカエラ・ベインズはオートボットに協力することになる。

 しかし、サム・ウィトウィッキーとミカエラ・ベインズはバンブルビーと共に秘密組織「セクター7」によって拘束され、メガトロンとオールスパークが保管されているフーバーダムへと連行される。ところが、メガトロンが目覚めて復活してしまう。オールスパークを守るためフーバーダムからオールスパークを移動することになる。オートボットたちも移動に合流するが、たどり着いた街で待ち伏せていたディセプティコンたちとの戦闘が始まる。激しい戦いの末、最後はサムがメガトロンにオールスパークを押し込んで融合させて破壊する。

【レビュー・感想・ネタバレ】

《2回目》

 今回は吹き替えで見たのだけれど、吹き替えだと字幕で見たときとはかなり印象が違った。字幕だと下ネタジョークの連発でといったふざけているような感じの内容だったのだけれども、吹き替えだと普通の映画として見ることができた。字幕と吹き替えでこれほどまでにがらり変わってしまうのかと驚いた。

 この作品の素晴らしさはストーリーや演出よりも、金属生命体のトランスフォーマーの映像であろう。特にラストの戦闘シーンは見応えがある。また、ロボットの映像はこれまでの映画にはない新しさがある。これだけで映画史に残る作品になっていると思う。

《1回目》

 トランスフォーマーは、株式会社タカラ(現タカラトミー)から発売されている変形ロボット玩具シリーズの総称である。この映画は、1980年代にブームとなった玩具・アニメーション・コミックシリーズ『トランスフォーマー』の実写映画版である。 

 私はこの『トランスフォーマー』を劇場で見てみたいと思っていたが、見に行かなくて良かった。もっと真面目な作品かと思っていたら、コミカルなコメディの要素がたっぷり含まれていて、まるで駄目なB級映画みたいなところがあるのである。正直、これはないだろうという臭いジョークの連発で、この作品の質を完全に落としてしまっている。笑いをとろうとして失敗してしまっている。 確かに、CGの映像は素晴らしいのであるが、内容は子供向けのストーリーでしかない。大人の鑑賞に堪えうる作品になっていない。

【キャスト】

サミュエル・ジェームズ「サム」・ウィトウィッキー(シャイア・ラブーフ)
ミカエラ・ベインズ(ミーガン・フォックス)
ロン・ウィトウィッキー(ケヴィン・ダン)
ジュディ・ウィトウィッキー(ジュリー・ホワイト)
アーチボルト・ウィトウィッキー(ウィリアム・モーガン・シェパード)
ボビー・ボリビア(バーニー・マック)
マイルズ・ランカスター(ジョン・ロビンソン)
トレント・デマーコ(トラヴィス・ヴァン・ウィンクル)
ウィリアム・レノックス(ジョシュ・デュアメル)
ロバート・エップス(タイリース・ギブソン)
シーモア・シモンズ(ジョン・タトゥーロ)
ジョン・ケラー(ジョン・ヴォイト)
マギー・マドセン(レイチェル・テイラー)
グレン・ホイットマン(アンソニー・アンダーソン)
ホルヘ・フィゲロア(アマウリー・ノラスコ)
ドネリー(ザック・ウォード)
トム・バナチェック(マイケル・オニール)

《声の出演》

オプティマス・プライム(ピーター・カレン)
バンブルビー(マーク・ライアン)
ジャズ(ダリウス・マッカリー)
アイアンハイド(ジェス・ハーネル)
ラチェット(ロバート・フォックスワース)
メガトロン(ヒューゴ・ウィーヴィング)
スタースクリーム(チャーリー・アドラー)
ボーンクラッシャー(ジミー・ウッド)
バリケード(ジェス・ハーネル)
フレンジー(レノ・ウィルソン)

【スタッフ】

監督:マイケル・ベイ
製作:ドン・マーフィー、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、イアン・ブライス
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、マイケル・ベイ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン
製作補佐:ケニー・ベイツ
脚本:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、ジョン・ロジャース
編集:ポール・ルベル、グレン・スキャントルベリー
撮影:ミッチェル・アムンドセン
撮影第二班:ルーカス・エリントン
視覚効果:スコット・ファーラー
アニマトロニクス監修・操演:グレゴリー・ニコテロ
美術:ナイジェル・フェルプス
衣装:デボラ・リン・スコット
音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー
VFX:インダストリアル・ライト&マジック、デジタル・ドメイン、CLMスタジオ
字幕翻訳:松崎広幸
吹替翻訳:岸田恵子
吹替演出:三好慶一郎

【楽曲】

主題歌:リンキンパーク『ワット・アイヴ・ダン』

Amazonで「トランスフォーマー」を探す
楽天市場で「トランスフォーマー」を探す

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1

ブレイキング・ドーンPart1/トワイライト・サーガ [Blu-ray]

【映画情報】

題名:トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1(原題:The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part1)
シリーズ作品:『トワイライト・サーガ』シリーズ4作目
ジャンル:恋愛ファンタジー
監督:ビル・コンドン
出演者:クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー
製作会社:テンプル・ヒル・エンターテインメント、サミット・エンターテインメント、トータル・エンターテインメント、Zohar International
配給:サミット・エンターテインメント、角川映画
公開:2011年11月18日[米国]、2012年2月25日[日本]
上映時間:117分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:77点(100点満点中)

【あらすじ】

 ヴァンパイアのエドワード・カレン(ロバート・パティンソン)と人間のベラ・スワン(クリステン・スチュワート)は結婚式を迎えることになる。結婚式の途中でオオカミ族のジェイコブ(テイラー・ロートナー)が祝福の挨拶にやって来る。結婚式の後、二人は新婚旅行へと旅立つ。ベラ・スワンはハネムーンから帰ったら自分もヴァンパイアになる決意をしていた。そして、新婚旅行先の南の島でこれまでプラトニックな関係だった二人は初めて肉体関係を持つ。ところが、初夜から14日しかたっていないのにベラ・スワンはエドワード・カレンの子どもを身ごもっていることに気がつく。人間の肉体のままでヴァンパイアの赤ちゃんを妊娠してしまったのである。

 ベラ・スワンとエドワード・カレンは妊娠をきっかけにエドワード・カレンのヴァンパイアの家族のもとへ帰る。14日で妊娠したと気づくほど胎児は驚くほど急速に成長していた。人間のベラ・スワンはヴァンパイアの赤ちゃんを出産するには肉体的に心臓が耐え切れず死んでしまうと考えられた。現に、ベラ・スワンの身体は衰弱する一方だった。

 人間とヴァンパイアの混血児の存在は、これまで友好関係にあったヴァンパイアとオオカミ族の間に亀裂を生じることになる。オオカミ族はエドワード・カレンとその子どもを殺すことにする。オオカミ族のジェイコブはエドワード・カレンを守るためヴァンパイアと協力することになり、オオカミ族の家族と対立することになってしまう。

 そんな時、エドワード・カレンの出産が始まる!果たしてエドワード・カレンは無事に赤ちゃんを出産することができるのか?エドワード・カレンとヴァンパイアの家族、そしてジェイコブはオオカミ族からエドワード・カレンと赤ちゃんを守れるのか?

【レビュー・感想・ネタバレ】

 映画の前半はベラ・スワンとエドワード・カレンの結婚式で占められていてストーリーの進行はかなり遅い。中盤でベラ・スワンが妊娠してからストーリーが流れ始めて徐々に面白くなってくる。後半でエドワード・カレンとヴァンパイアの家族、ジェイコブと、オオカミ族との戦いがこの映画のアクションシーンのクライマックスになる。

 ベラ・スワンは無事に赤ちゃんを出産するが死亡してしまう。エドワード・カレンはベラ・スワンをヴァンパイアとして復活させるために自分の毒を注入したり、身体のあちこちを噛みついたりする。映画ではなかなか復活しないのであるが、ラストシーンでベラ・スワンは両目を開ける。その眼はヴァンパイアと同じ赤色だった。

 今回は人間とヴァンパイアという異種族の間の妊娠・出産が興味深く描かれている。今回、妊娠で衰弱したベラ・スワンの肉体がショッキングな姿として表現されている。まるで拒食症か断食、食糧不足で餓死寸前の状態かと思わせるほどの痩せ衰えようである。

【キャスト】

ベラ・スワン(クリステン・スチュワート)
エドワード・カレン(ロバート・パティンソン)
ジェイコブ・ブラック(テイラー・ロートナー)
カーライル・カレン(ピーター・ファシネリ)
エズミ・カレン(エリザベス・リーサー)
アリス・カレン(アシュリー・グリーン)
エメット・カレン(ケラン・ラッツ)
ロザリー・ヘイル(ニッキー・リード)
ジャスパー・ヘイル(ジャクソン・ラスボーン)
チャーリー・スワン(ビリー・バーク)
レネ・ドワイアー(サラ・クラーク)
リア・クリアウォーター(ジュリア・ジョーンズ)
セス・クリアウォーター(ブーブー・スチュワート)
ターニャ(マイアンナ・バーリング)
イリーナ(マギー・グレイス)
ケイト(ケイシー・ラボウ)
アロ(マイケル・シーン)
カイウス(ジェイミー・キャンベル・バウアー)
マーカス(クリストファー・ハイアーダール)
サム・ウーレイ(チャスク・スペンサー)
エレアザル(クリスチャン・カマルゴ)
カルメン(ミア・マエストロ)
レネズミ・カレン(マッケンジー・フォイ、クリスティ・バーク)

【スタッフ】

監督:ビル・コンドン
脚本:メリッサ・ローゼンバーグ
原作:ステファニー・メイヤー『トワイライトIV』
製作:ウィク・ゴッドフリー、カレン・ローゼンフェルト、ステファニー・メイヤー
製作総指揮:マーティ・ボーウェン、グレッグ・ムーラディアン、マーク・モーガン、ガイ・オゼアリー
音楽:カーター・バーウェル
撮影:ギレルモ・ナヴァロ
編集:ヴァージニア・カッツ

Amazonで「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1」を探す
楽天市場で「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1」を探す

検索
 
最近の記事
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)