釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様 [DVD]

【映画情報】

題名:釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様(つりばかにっしじゅうく ようこそすずきけんせつごいっこうさま)
ジャンル:コメディドラマ
監督:朝原雄三
出演者:西田敏行、三國連太郎、常盤貴子、山本太郎
配給:松竹
公開:2008年10月25日公開
上映時間:110分
製作国:日本
言語:日本語

【評価】

おすすめ度:65点(100点満点中)

【あらすじ】

 会社の健康診断の担当者である総務部の派遣社員・河井波子(常盤貴子)は、胃カメラの検査を受けることになったハマちゃんこと浜崎伝助(西田敏行)に検査を受けるように言いに行く。ところが、ハマちゃんは恐くて検査を受けるのを嫌がる。河井波子が困っているのを見るに見かねた営業三課の高田大輔(山本太郎)はハマちゃんを説得しようとする。実は、高田大輔は中途入社したときの手続きで河井波子に親切にしてもらってから彼女に心を寄せていたのであった。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 ハマちゃんは胃カメラの検査に奥さんのみち子さん(浅田美代子)に付き添ってもらう。それでも恐がってしまうハマちゃんの姿は病院の検査を恐がってもいいんだと安心させてくれるものがある。

 鈴木建設では大分県へシリーズ初の社員旅行に行くことになる。鈴木建設社員旅行の幹事は河井波子であった。実は、大分県には河井波子の故郷があった。もちろん、社員旅行へは高田大輔も参加する。社員旅行の途中で河井波子の実家へ寄った帰りの自動車がガス欠で動かなくなってしまう。車内にはハマちゃんと河井波子と高田大輔の三人した乗車していない。しかも、ハマちゃんはお酒に酔って気持ちよく眠っている。そこで高田大輔は河井波子に自分の気持ちを告白し、めでたく結婚することになる。途中でハマちゃんは気を利かして二人きりにしてあげる。

 ハマちゃんは二人から結婚式のスピーチを頼まれる。初めは困っていたハマちゃんも周囲の説得で大乗り気になる。さて、ハマちゃんは結婚式でどんなスピーチをするんだろうと私も期待した。結婚式の当日、ハマちゃんはスピーチの原稿をトイレに落として流してしまうハプニングが起こる。しかし、スピーチの内容は胃カメラ検査のエピソードを話すことに決めていたので問題なし。ところが、ハマちゃんの直前にスピーチをした本間総務部長(佐藤浩市)が胃カメラ検査のエピソードを話してしまい、ハマちゃんの番になっても話すことがなくなって立ち往生してしまう。やっとの思いで話した内容は「おめでとう」という言葉だけだった。式場の座が白けかけたとき、新婦の兄である河井康平(竹内力)が立ち上がってどんなスピーチよりも素晴らしいお祝いの言葉だと持ち上げて拍手をしてくれたおかげで、会場の出席者からも割れんばかりの拍手となる。ハマちゃんのスピーチを期待していたのに肩すかしのこのオチはやってくれたという感じである。

 出番は少ないものの河井康平役を演じている竹内力さんの演技には妹を思う兄の気持ちが伝わってくるものがあった。

【キャスト】

浜崎伝助(西田敏行)
浜崎みち子(浅田美代子)
河井波子(常盤貴子)
河井康平(竹内力)
浜崎鯉太郎(持丸加賀)
代表取締役社長(鶴田忍)
草森秘書課長(中村梅雀)
太田八郎(中本賢)
舟木課長(益岡徹)
社長付運転手(笹野高史)
波子の母(高田敏江)
高田靖彦(北村総一朗)
高田大輔(山本太郎)
鈴木久江(奈良岡朋子)
鈴木一之助[代表取締役会長](三國連太郎)
胃カメラに苦しむ患者(海原はるか)
本間総務部長(佐藤浩市)

【スタッフ】

監督:朝原雄三
製作総指揮:迫本淳一
製作:松本輝起
プロデューサー:瀬島光雄、深澤宏
原作:やまさき十三(作)、北見けんいち(画)(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載)
脚本:山田洋次、関根俊夫
撮影:近森眞史[JSC]
美術:須江大輔
音楽:信田かずお
照明:土山正人[JSL]
録音:鈴木肇
編集:石島一秀
スクリプター:宮下こずゑ
音楽プロデューサー:小野寺重之
宣伝プロデューサー:飯田桂介
助監督:石川勝己
製作主任:村山大輔
製作担当:岩田均

【ロケ地】

大分県

【釣果】

アナゴ、イサキ

Amazonで「釣りバカ日誌19」を探す
楽天市場で「釣りバカ日誌19」を探す



帰郷(1964年)

吉永小百合 -私のベスト20- DVDマガジン 2013年 2/1号 [分冊百科]

【映画情報】

題名:帰郷(ききょう、英題:Homecoming)
ジャンル:家族ドラマ
監督:西河克己
出演者:森雅之、吉永小百合、高峰三枝子
製作年:1964年
封切日:昭和39年8月14日
配給:日活
製作国:日本
言語:日本語

【評価】

おすすめ度:70点(100点満点中)

【あらすじ】

 キューバの動乱のさなか画商の高野左衛子(渡辺美佐子)の裏切りによる密告でキューバ革命に協力したとして体制側に捕らえられ死亡したとされていた元外交官の守屋恭吾(森雅之)が生きていて日本へ帰郷してくる。守屋恭吾には妻の守屋節子(高峰三枝子)と娘の守屋伴子(吉永小百合)がいたが、夫が死んだと思っていた妻は大学教授の隠岐達三(芦田伸介)と再婚し娘も義父を父親と思い家族として仲良く暮らしていた。そんな一家に守屋恭吾の帰郷は思わぬ波紋を投げかける。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 この映画では、主要な登場人物の置かれた立場とそれぞれの感情や態度がうまく描かれている。

 実父である守屋恭吾は日本へ帰郷したら妻が再婚しており娘のその再婚相手の娘になっており、元妻と娘の幸せを思い妻子との連絡を絶とうとする。

 義父である東応大学教授の隠岐達三は社会的地位もあり学者としてもそれなりに著名な人物であるにもかかわらず、自分に自信がないのか性格的に弱い面を持ち、妻子が守屋恭吾と接触を持つことを嫌がる。

 妻の守屋節子は再婚相手の隠岐達三の考えや気持ちがよく分かるため、夫に気を遣い今回の件については遠慮して何事も夫の意向に沿うよう控えめな言動を取る。

 娘の守屋伴子はそんな母親の気持ちが痛いほどよく分かっており、母親のために自分の気持ちを抑えて行動する。しかし、やはり実の父親に会ってみたかったのか、守屋伴子は奈良まで実父に会いに行く。実父の記憶がなかった守屋伴子であったが、実際に実父に会ってみると父親を恋しがる気持ちが芽生える。実父が日本を離れると知らされた守屋伴子は、義父に空港へ会いに行くように促されるも、結局現在の家族を思って会いにいかずに終わってしまう。

 この映画では、隠岐達三の感情が物語の焦点になっている。守屋恭吾も、守屋節子も、守屋伴子も、隠岐達三の感情を害しないように、意向に反しないように気を配っているからだ。それがあるからこそ、守屋恭吾と守屋伴子の父娘の情愛が浮き彫りになってくるからである。

【キャスト】

守屋恭吾(森雅之)
守屋伴子(吉永小百合)
守屋節子(高峰三枝子)
隠岐達三(芦田伸介)
岡部雄吉(高橋英樹)
高野左衛子(渡辺美佐子)
牛木剛(宇野重吉)
岡村俊樹(檀太郎)
バ氏(M・ゴンザ・レス)
スリマン刑事(T・カーリントン)
古文堂の店員(神山勝)
編集長(森塚敏)
ハバナ警察の巡査A(T・ベニヤン)
ハバナ警察の巡査B(A・ガルシア[ガンヤン?])
奈良の旅館のおかみ(原恵子)
奈良の旅館の女中(堀恭子)

【スタッフ】

監督:西河克己
原作:大佛次郎(毎日新聞連載、新潮社版)
脚色:馬場当、西河克己
企画:山本武
撮影:横山実
美術:佐谷晃能
音楽:池田正義
録音:橋本文雄
照明:河野愛三
編集:鈴木晄
スチール:目黒祐司
助監督:村田啓三
色彩設計:北泉社
現像:東洋現像所
製作担当者:亀井欽一
衣装提供・市田株式会社

Amazonで「帰郷 吉永小百合」を探す
楽天市場で「吉永小百合 私のベスト20」を探す

タグ:帰郷 1964

天と地と

天と地と 天の盤 [DVD]

【映画情報】

題名:天と地と(てんとちと)
ジャンル:スペクタクル時代劇
監督:角川春樹
出演者:榎木孝明、津川雅彦、浅野温子
配給:東映
公開:1990年6月23日
上映時間:118分
製作国:日本
言語:日本語

【評価】

おすすめ度:65点(100点満点中)

【あらすじ】

 時代は戦国時代、後に上杉謙信と名乗ることになる長尾景虎(榎木孝明)は家督を継いでいた兄の長尾晴景を倒し、越後を統一する。しかし、配下の家臣の裏切りにあって見せしめのため捕らえたその妻と子供を殺さなければならなくなってしまう。そのことが嫌になった長尾景虎は家臣や領民を置いて春日山城を出奔してしまう。家臣が長尾景虎に城へ戻ってもらおうと追い掛けて来る。そこへ、信濃領主である武田信玄(津川雅彦)とその軍勢が通りかかり、女武者の馬が暴れたのを長尾景虎が制止する。それを武田信玄の家臣が無礼ととがめ長尾景虎に斬りかかる。そこへ長尾景虎の家臣が主君を庇って斬られて死んでしまう。春日山城に戻った長尾景虎は、裏切り者の宇佐美定行(渡瀬恒)を一対一の決闘で斬り殺し、武田信玄と川中島の戦いを迎えることになる。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 この映画『天と地と』は公開後しばらくして見たことがあるような気がするのであるが、今回見て映像や内容はほとんど覚えておらず思い出せなかった。当時見たときは内容のない大作映画だと思った印象が残っているだけであった。

 それから久しぶりに本作を見ることになったのであるが、歴史の知識が増えたおかげでこの映画のストーリーを幾分味わうことができた。

 本作の見所は何と言っても合戦シーンである。今日ならCGを使っているのだろうけれど、何万人ものエキストラを使って人海戦術で撮影された映像は迫力がある。最近はこのような映画を見かけなくなっただけにそれだけでも見る価値があると言って良い。川中島の合戦シーンはカナダ・ロケにて撮影されたものらしい。

 川中島の戦いというと、騎馬で乗り込んできた上杉謙信が斬り下ろした刀を座位の武田信玄が鉄扇で受け止めるという場面が多く描かれてきた。本作ではそのようは場面はなく、上杉謙信と武田信玄が馬上でしかも一対一で斬り合う場面がある。

 ラストで上杉謙信とその騎馬隊が敵の武田軍の中を駆け抜けるシーンがあるが、武田軍の歩兵が道を開けているのが不自然な気がした。

 当初、上杉謙信役は渡辺謙さんに決定し撮影も行われていたようだが、ロケ中に急性白血病のために降板することになっている。代役として松田優作さんの名前があがったが、スケジュールの都合がつかなかったようである。そして、最終的に榎木孝明さんに決まったという経緯があるらしい。

 映画の公開当時、榎木孝明さんには知的で繊細というイメージがあったので戦国時代の武将には似合わないのではないのかと思ったことがある。今回、本作を見て榎木孝明さんなりの上杉謙信役を演じていて違和感がなったことが確認できたのは良かった。
 
【キャスト】

上杉謙信(榎木孝明)
武田信玄(津川雅彦)
乃美(浅野温子)
八重(財前直見)
太郎義信(野村宏伸)
典厩信繁(石田太郎)
柿崎景家(伊藤敏八)
直江実綱(浜田晃)
大熊朝秀(成瀬正孝)
村上義清(大林丈史)
鬼小島弥太郎(須藤正裕)
高坂弾正(沖田浩之)
飯富虎昌(室田日出男)
山本勘助(夏八木勲)
宇佐美定行(渡瀬恒彦)
奈弥辰蔵(野崎海太郎)
戸倉弥八郎(五島拓弥)
昭田常陸介(伊武雅刀)
秋山源蔵(貞永敏)
橘屋又三郎(大滝秀治)
昭田の妻(風祭ゆき)
勅使(風間杜夫)
侍女(岸田今日子)
ナレーター(西村知道)

【スタッフ】

監督:角川春樹
原作:海音寺潮五郎『天と地と』(朝日新聞社)
脚本:鎌田敏夫、吉原勲、角川春樹
製作:角川春樹、大橋渡、角川春樹事務所、日本テレビ放送網、東京放送[TBS]
製作総指揮:角川春樹
音楽:小室哲哉
撮影:前田米造
編集:鈴木晄
プロデュース:岡田裕
撮影監督補:高瀬比呂志
美術監督:徳田博
照明:矢部一男
録音:瀬川徹夫
助監督:薬師寺光幸
合成:デン・フィルムエフェクト
殺陣:久世浩
題字:金田石城
クレジットタイトル音楽:宮下富実夫
スタジオ:にっかつ撮影所、大映撮影所
音楽録音:日向大介、鈴木健雄
シンクラヴィア:DSDゆりーか
現像:IMAGICA

【楽曲】

テーマ曲 「天と地と〜HEAVEN AND EARTH〜」(作曲:小室哲哉)

Amazonで「天と地と」を探す
楽天市場で「天と地と」を探す

タグ:天と地と
検索
 
最近の記事
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)