初春狸御殿

初春狸御殿 [DVD]

【映画情報】

題名:初春狸御殿(はつはる たぬきごてん、英題:Enchanted Princess)
ジャンル:オペレッタ喜劇(ミュージカル映画)
監督:木村恵吾
出演:若尾文子、市川雷蔵
公開:1959年(昭和34年)12月27日
配給:大映
製作国:日本

【評価】

おすすめ度:78点(100点満点中)

【あらすじ】

 狸の国のカチカチ山の村娘お黒(若尾文子)が狸御殿のきぬた姫(若尾文子)に瓜二つであることから、人間の男を夫にしたいと狸御殿を出奔してしまったきぬた姫の身代わりとして隣国の若君である狸吉郎(市川雷蔵)と見合いをさせられることになる。狸吉郎はお黒のことがすっかり気に入ってしまい、お黒も身分違いと知りつつも狸吉郎を恋しく想うようになっていく。そんなとき、人間の男に相手にもされなかったのきぬた姫が狸の国へ帰ってくる。娘を若君と結婚させて玉の輿にのせせようとの野心を抱いていたお黒の父親の泥右衛門(菅井一郎)は邪魔なきぬた姫を殺そうとする。それを知ったお黒はきぬた姫の身代わりになって姫を逃がす。それを知らない泥右衛門は娘のお黒をきぬた姫だと思い込み刀で斬り殺そうとする。そして、泥右衛門はお黒に一刀を浴びせてしまう。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 本作は、木村恵吾原作の「オペレッタ喜劇」の『狸御殿』シリーズの第7作目で、第1作目『狸御殿』のリメイク作品である。私はシリーズ8作目となるリメイク作品である2005年公開の『オペレッタ狸御殿』を見ていたのだが、今回それらが一連の『狸御殿』シリーズなのだということを初めて知った。

 『オペレッタ狸御殿』は全然面白くなかったのだけれども、本作の『初春狸御殿』は非常に面白かった。「初春狸御殿」という変なタイトルからして面白くなさそうな映画だろうと思っていたので意外な面白さに面食らった。

 歌と踊りとユーモアのあるコメディとまるで舞台のお芝居を観ているような美術と物語の展開にとても楽しく見ることができた。まさにお正月に舞台の歌と踊りとお芝居を観ているかのような錯覚させおぼえた。洋画のミュージカルとは違った日本版ミュージカルに魅せられたと言って良い。非常によく出来た映画である。

 私はお黒が泥右衛門の一刀を浴びたとき彼女は死んだのではないか思った。父親に殺されるなんて何て不幸な娘だろいう、この映画はとんでもない悲劇だとも思った。しかし、これまでの能天気な話の筋からすれば、この映画がそのような悲劇で終わらせるのだろうかという疑問も持っていた。そしたら、お黒が片腕を白い布で吊っている姿で登場して来た。私は「ああ、やっぱり死んでいなかった。よかった。」と思えた。薬売りの栗助(勝新太郎)の薬と手当で死んでしまっていたところを助けられたのである。実は、栗助はお黒のことをずっと以前から好きで、お黒も栗助のことを憎からず思っていたのである。このことがきっかけで、この二人の気持ちが通じ合う。

 映画は姫と狸吉郎、お黒と栗助の二組の祝言で終わる。

 この映画で重要な役柄は泥右衛門であろう。泥右衛門はカチカチ山で兎にしてやられて火傷の古傷を持っていてそれがよく痛む。泥右衛門は傷の手当てに栗助から薬を買っていたのである。その古傷のせいで、泥右衛門は昔のように体が言うことを聞かない。それで、娘に降って湧いた出来事を利用して玉の輿に乗ろうという野心を持ってしまう。泥右衛門という存在がなかったらこの映画の面白さの半分くらいはなくなってしまうだろうと思う。泥右衛門は人間の愚かさの象徴的な存在とも言える。それが愉快なのである。

【キャスト】

狸吉郎(市川雷蔵)
きぬた姫(若尾文子)
お黒(若尾文子)
栗助(勝新太郎)
第一の姫(近藤美恵子)
第二の姫(金田一敦子)
第三の姫(神楽坂浮子)
第四の姫(中村玉緒)
第五の姫(松尾和子)
第六の姫(仁木多鶴子)
第七の姫(藤本二三代)
かえで[腰元](真城千都世)
おはぎ[腰元](二代目水谷八重子)
おかや[腰元](岸正子)
尾花[腰元](美川純子)
おくず[腰元](大和七海路)
桔梗[腰元](小町瑠美子)
狸右衛門[家老](二代目中村鴈治郎)
狸路[老女](楠トシエ)
おぶく[河童](小浜奈々子)
おぴよ[河童](毛利郁子)
泥右衛門(菅井一郎)
狸松[泥右衛門乾分](江戸家猫八)
狸五郎[泥右衛門乾分](三遊亭小金馬)
狸六[奥番](トニー谷)
善六(左卜全)
狸十郎[用人](嵐三右衛門)

【スタッフ】

製作:大映京都撮影所
監督:木村恵吾
原作:木村恵吾
脚本:木村恵吾
企画:山崎昭郎
製作:三浦信夫
美術:上里義三、西岡善信
音楽:吉田正
作詞:佐伯孝夫
録音:大谷巖
照明:岡本健一
撮影:今井ひろし
編集:菅沼完二

Amazonで「初春狸御殿」を探す
楽天市場で「初春狸御殿」を探す



タグ:初春狸御殿

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 3D&2Dブルーレイセット [Blu-ray]

【映画情報】

題名:三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(さんじゅうし おうひのくびかざりとだ・う゛ぃんちのひこうせん、原題:The Three Musketeers)
ジャンル:3D、アドベンチャー、SFアクション
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ローガン・ラーマン、オーランド・ブルーム、ミラ・ジョヴォヴィッチ
製作会社:コンスタンティン・フィルム
配給:コンスタンティン・フィルム、サミット・エンターテインメント、ギャガ/テレビ朝日
公開:2011年9月1日[ドイツ]、2011年10月14日[アメリカ]、2011年10月28日[日本]
上映時間:111分
製作国:アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ドイツ
言語:英語

【評価】

おすすめ度:65点(100点満点中)

【あらすじ】

 時代は17世紀のフランス。父親と同じ銃士になることを夢見て田舎からパリへと出て来た18歳のダルタニアン(ローガン・ラーマン)は、偶然の成り行きから三銃士として有名なアトス(マシュー・マクファディン)とポルトス(レイ・スティーヴンソン)とアラミス(ルーク・エヴァンス)と知り合い、国王・ルイ13世から(フレディ・フォックス)として認められる。権力の掌握を目論むリシュリュー枢機卿(クリストフ・ヴァルツ)はアンヌ王妃(ジュノー・テンプル)とバッキンガム公爵(オーランド・ブルーム)の不倫スキャンダルをでっちあげ英仏戦争を勃発させるためミレディ・ド・ウィンター(ミラ・ジョヴォヴィッチ)に王妃のダイヤモンドのネックレスを盗ませる。

 アンヌ王妃はリシュリュー枢機卿の陰謀でルイ13世から5日後の舞踏会でネックレスを身に着けている姿を見たいと言われてしまう。王妃の侍女コンスタンス(ガブリエラ・ワイルド)は王妃の危機を救うためダルタニアンと三銃士に舞踏会までにネックレスを取り戻すよう依頼する。アンヌ王妃とルイ13世の関係が悪化しないように、ダルタニアンと三銃士は英国のバッキンガム公爵の城へと向かう。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 本作は最初にDVDで見ていたが、地上波初放送ということでテレビ放映で2回目を見た。

 予告では面白そうで、伝聞でも見た人が面白かったという話しを聞いていた。ただ、三銃士という定番の物語を現代映画として面白く作れるのだとうかという疑問は持っていた。

 1回目に見たときは、確かに映像の色彩や豊かで見栄えはするのだけれども、ストーリーに深みがないというのか内容があまり面白くなくてがっかりした。子供向け映画のような内容なのである。大作っぽいのだけれど内容が希薄なのでかえってそれが対照的に比較されてしまい価値を落としている面があると感じた。

 アンヌ王妃とルイ13世のお互いを想い合う気持ちは微笑ましいものがあった。

 見所は空飛ぶ飛行船のシーンだろう。これは見応えがあった。

 ラストでは、この飛行船から自分で身投げをして診だと思われたミレディ・ド・ウィンターがバッキンガム公爵の船に助けられて生きたというどんでん返しがある。

 今回、2回目を見るときは内容がわかっていたので、期待外れでがっかりすることはなかった。1回目の感想が2回目でも当てはまることを確認したことくらいである。

【キャスト】

ダルタニアン(ローガン・ラーマン)
アトス(マシュー・マクファディン)
ポルトス(レイ・スティーヴンソン)
アラミス(ルーク・エヴァンス)
ミレディ・ド・ウィンター(ミラ・ジョヴォヴィッチ)
バッキンガム公爵(オーランド・ブルーム)
リシュリュー枢機卿(クリストフ・ヴァルツ)
ロシュフォール(マッツ・ミケルセン)
コンスタンス(ガブリエラ・ワイルド)
プランシェ(ジェームス・コーデン)
アンヌ王妃(ジュノー・テンプル)
ルイ13世(フレディ・フォックス)
ジュサック(カーステン・ノルガード)
カリオストロ伯爵(ティル・シュヴァイガー)

【スタッフ】

監督:ポール・W・S・アンダーソン
脚本:アンドリュー・デイヴィス、アレックス・リトヴァク
原作:アレクサンドル・デュマ・ペール
製作:ポール・W・S・アンダーソン、ジェレミー・ボルト、ロバート・クルツァー
製作総指揮:サミュエル・ハディダ、ヴィクター・ハディダ、スティーヴン・マーゴリス、マーティン・モスコウィック
音楽:ポール・ハスリンジャー
撮影:グレン・マクファーソン
編集:アレクサンダー・バーナー

Amazonで「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」を探す
楽天市場で「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」を探す

チェーン・リアクション(1996年)

チェーン・リアクション [Blu-ray]

【映画情報】

題名:チェーン・リアクション(原題:Chain Reaction)
ジャンル:サスペンス・アクション
監督:アンドリュー・デイヴィス
出演者:キアヌ・リーブス
配給:20世紀フォックス
公開:1996年8月2日[米国]、1996年10月5日[日本]
上映時間:107分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:72点(100点満点中)

【あらすじ】

 シカゴ大学の科学プロジェクト・チームは水から新エネルギーを発生させる画期的な新エネルギー発生装置「ソノ・ルミネセンス」の開発に成功する。打ち上げパーティーの晩、リリー・シンクレア(レイチェル・ワイズ)を家まで送ったあと、エンジニアのエディ・カサリビッチ(キアヌ・リーブス)は忘れ物を取りに大学の研究室へ戻ると、研究の責任者のアリステア・バークレイ博士(ニコラス・ルドール)が何者かによって殺されているのを発見する。しかも、研究室までもが爆破される。エディは命からがら逃げ出すが、何者かにはめられたエディとリリーは陰謀に巻き込まれ事件の有力容疑者としてFBIの追跡から逃亡するはめになってしまう。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 本作は過去に1度は見ていたはずなのだけれども、かなり内容を忘れてしまっていた。見始めたときは記憶にないくらいだった。全部を見終わって漸く記憶が蘇って来た。

 映像的に見物となる場面は最初の研究室の爆破シーンとラストのC-システムの秘密基地の爆破シーンくらいである。映画の前半と中盤にあたる約3分の2は逃亡劇になっている。逃亡劇としてはよくあるパターンである。後半はエディがヴァージニア州にある巨大施設C-システムに潜入して反転攻勢に出る。しかし、自分たち研究者らの無事解放を取引条件とするために細工したことが徒となって制御不能で装置は爆破し基地は壊滅してしまう。エディとリリーは何とか基地を脱出する。

 中盤には、FBIもエディが犯人ではないことが分かってくる。エディは爆発直前に研究データを世界中の研究者や研究施設に送るようにしていたので情報が公開されたということで終わる。

 結局、この事件の背後には政界とCIAが関係していた。もし新エネルギーの情報が公開されたら、経済や産業構造までをも変革してしまうことになり既存の既得権益を持つ企業も大打撃を受けることり延いては政治家や官僚にとっても不都合なことになってしまうからである。

【キャスト】

エディ・カサリビッチ(キアヌ・リーブス)
ポール・シャノン(モーガン・フリーマン)
リリー・シンクレア(レイチェル・ワイズ)
フォードFBI捜査官(フレッド・ウォード)
ドイルFBI捜査官(ケヴィン・ダン)
ライマン・アール・コリアー(ブライアン・コックス)
マギー・マクダーモット(ジョアンナ・キャシディ)
アリステア・バークレイ博士(ニコラス・ルドール)
エド・ラファティ(チェルシー・ロス)
チェン先生(ツィ・マー)
カレブ・ウィリアムズ(ジョニー・リー・ダヴェンポート)
ジェームス・ワシントン(ジーン・バージ)
ルーカス・スクレブネスキー(クシシュトフ・ピチェンスキ)
ウィスコンシン州の首長(ネッド・シュミッケ)
上院議員(ディック・キューザック)
ニック(ロン・ディーン)

【スタッフ】

監督:アンドリュー・デイヴィス
製作:アーン・L・シュミット、アンドリュー・デイヴィス
製作総指揮:リチャード・D・ザナック、アーウィン・ストフ
原案:アーン・L・シュミット、リック・シーマン、ジョシュ・フリードマン
脚本:ジョシュ・フリードマン、J・F・ロートン 、マイケル・ボートマン
撮影:フランク・タイディ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
編集:ドン・ブロチュ、ドヴ・ホウニグ、アーサー・シュミット
美術:メイハー・アーマッド

Amazonで「チェーン・リアクション」を探す
楽天市場で「チェーン・リアクション」を探す

検索
 
最近の記事
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)