地球が静止する日

地球が静止する日 [Blu-ray]

【映画情報】

題名:地球が静止する日(ちきゅうがせいしするひ、原題:The Day the Earth Stood Still)
ジャンル:SFアクション
オリジナル作品:1951年に公開されたロバート・ワイズ監督の『地球の静止する日』のリメイク
監督:スコット・デリクソン
出演者:キアヌ・リーブス、ジェニファー・コネリー
配給:20世紀フォックス
公開:2008年12月12日[米国]、2008年12月19日[日本]
上映時間:106分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:64点(100点満点中)

【あらすじ】

 宇宙から地球へ謎の光を放つ青色と白色のまだら模様の球体が飛来して来てマンハッタンのセントラルパークに着陸する。軍隊が包囲する中、球体から現れたのは人間の姿をした生命体と巨大なロボットゴートだった。兵士の一人が誤って発砲した銃弾で倒れた生命体を医療施設へ運び、政府から緊急招集されているヘレン・ベンソン(ジェニファー・コネリー)が治療をしていると、生命体を覆っていた皮が剥がれ落ち人間の男そっくりの姿が現れた。男はヘレン・ベンソンの手助けもあって医療施設から脱走する。

 脱走後、男はヘレン・ベンソンに自分の名前をクラトゥ(キアヌ・リーヴス)と名乗り、地球を人間から救うためにやって来たと告げる。巨大な球体は人間以外の地球上の生物を乗せる船だったのである。ヘレン・ベンソンは彼にまだ地球を代表する人物に会っていないと言い、カール・バーンハート教授(ジョン・クリーズ)に引き合わせる。カール・バーンハート教授はクラトゥに人間は変われる可能性があると説得を試みる。ところが、ヘレン・ベンソンの死別した夫の連れ子ジェイコブ(ジェイデン・スミス)の通報によって、説得の最中に軍隊のヘリコプターが現れそこから逃亡せざるを得なくなる。その途中、クラトゥはジェイコブにお墓の前で死んだ父親を生き返らせてほしいと懇願される。

 一方、人間によって回収されていたロボットゴートが小さな虫に分裂し、地上の物質を破壊し始める。そして、クラトゥとの交渉の全権はヘレン・ベンソンとジェイコブに委ねられることになる。しかし、虫はヘレン・ベンソンとジェイコブの体内にも入り込んでしまう。ヘレン・ベンソンは自分の命を省みず血のつながりのない義理の息子ジェイコブの命を助けてほしいとクラトゥへ懇願する。自分を犠牲にしてもジェイコブを助けて欲しいと願うヘレン・ベンソンの親子愛の姿にクラトゥは人類への希望を見出す。クラトゥはヘレン・ベンソンとジェイコブを助け、自らは虫の破壊活動を止めるべく巨大な球体へと入り込んで行く。

【レビュー・感想・ネタバレ】

《2回目》

 ラストではクラトゥが巨大な球体に入ることで虫の破壊活動はストップし人類は助かる。そして、球体は地球を去って行く。

 この映画では各国(特にアメリカ合衆国)の政治的指導者(政治家)の無能と愚かさが描かれている。アメリカ合衆国の大統領など政治行動をレジーナ・ジャクソン国防長官(キャシー・ベイツ)に任せきりで、自分はどこかへ雲隠れして隠れている。しかし、現実の政治的指導者(政治家)はもっと賢明であり、クラトゥと正式な交渉を試みるのではないかと思う。

 1回目と違ってあらすじが分かっているので、SFアクション大作を期待していたのに落胆させられるということはなかった。

 この映画には人類が地球の自然を破壊しているという警鐘の意味も込められていて、今なら何とか自然環境を守れるのだから自然を大切にするよう人間が変わろうと言っている。映画のメッセージ自体は重要なものを含んでいると言って良い。

 今回気がついたことであるが、米軍大佐役を演じていたのは、『プリズン・ブレイク』でセオドア・"ティーバッグ"・バッグウェル役や『HEROES』でサミュエル・サリヴァン役を演じていたロバート・ネッパーだということだ。

《1回目、劇場》

 本作は映画館のプラット赤穂シネマへ行って劇場で見た。

 一緒に見に行ったあややはキアヌ・リーブスが出演しているということで物凄く期待していたらしい。見終わった後、期待外れに終わったようで不満だったようである。

 私は特に期待していたわけではないので期待外れという感じはなかった。ただ、あややがそれほど面白くなかったという感想はわかる気がした。私もちょっと物足りない感じがしたからである。

 この映画の主題は、チェンジということなのだということはよくわかる。人は変われるのだということを言いたいのだということは映画の中の場面で随所に出て来る。それは、それなりにわかる。

 ただ、この映画で一番の問題は、クラトゥ(キアヌ・リーヴス)が人類の滅亡を止めた理由が納得できない点であろう。クラトゥはヘレン・ベンソン(ジェニファー・コネリー)をはじめ極少数の人間に接しただけで、人類の抹殺を中止している。しかし、地球から人間を抹消するという問題は、単に個人と個人とのやり取りだけで片が付くような問題ではないはずである。アメリカ合衆国大統領は宇宙人を攻撃する命令を下して実行している。アメリカ合衆国という1国の代表に過ぎないにせよ、1国を代表する大統領でさえ何も変わっていないのである。

 もっと言えば、これだけ下調べまでする宇宙人がいきなり人類を抹殺しようとしたことが解せない。この映画で取られている手段はある意味伝家の宝刀ともいえる最後の手段であり、そこに至るまでに警告を発し、人類と交渉するのが通常考えられる過程ではないだろうか。それなのに、そうした外交努力をすることなく、いきなり制裁を加える行動を取ったことは乱暴に過ぎないだろうか。

 そうこともあって、この映画のストーリー展開には納得できかねるところがある。

 もっとも、私はそこそこ楽しめはしたが、お金を払ってまで映画館へ行くほどでもなかったかなあとは思う。

【キャスト】

クラトゥ(キアヌ・リーヴス)
ヘレン・ベンソン(ジェニファー・コネリー)
ジェイコブ・ベンソン(ジェイデン・スミス)
レジーナ・ジャクソン国防長官(キャシー・ベイツ)
マイケル・グレイニア博士(ジョン・ハム)
カール・バーンハート教授(ジョン・クリーズ)
ジョン・ドリスコル(カイル・チャンドラー)
米軍大佐(ロバート・ネッパー)
Mr.ウー(ジェームズ・ホン)
マイロン博士(ジョン・ロスマン)
クイン大将(ロジャー・クロス)
チン・フェ博士(リョウタ・ハセガワ)
イケガワ博士(ヒロ・カナガワ)

【スタッフ】

監督:スコット・デリクソン
脚本:ライン・ダグラス・ピアソン、デヴィッド・スカルパ
製作:ポール・ハリス・ボードマン、グレゴリー・グッドマン、アーウィン・ストフ
音楽:タイラー・ベイツ
撮影:デヴィッド・タッターサル
編集:ウェイン・ワーマン

Amazonで「地球が静止する日」を探す
楽天市場で「地球が静止する日」を探す



60セカンズ

60セカンズ [Blu-ray]

【映画情報】

題名:60セカンズ(シックスティ セカンズ、しっくすてぃ せかんず、原題:Gone in Sixty Seconds)
ジャンル:カーアクション
オリジナル作品:1974年の映画『バニシング in 60』のリメイク作品
監督:ドミニク・セナ
出演者:ニコラス・ケイジ
配給:ブエナビスタ
公開:2000年6月9日[米国]、2000年9月9日[日本]
上映時間:117分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:68点(100点満点中)

【あらすじ】

 たった60秒でどんな車でも盗み出す高級自動車専門の窃盗エキスパートだったメンフィス(ニコラス・ケイジ)は足を洗って子供相手にカートレース場を経営している。そこへ突然、昔の窃盗仲間だったアトレー(ウィル・パットン)が現れ、弟のキップ(ジョヴァンニ・リビシ)が地元の地元を牛耳る組織のボスであるカリートリー(クリストファー・エクルストン)から依頼された自動車窃盗の仕事に失敗して命までもが危ないことになっている状況を伝える。メンフィスは弟のキップを救うためカリートリーに会いに行く。そこて提示された条件は、キップとの契約通り高級車50台を集めて4日後の午前8時までに指定の船に全車を納めるというものだった。指定された時間内までに1台も欠けることなく納車できなければアトレーかメンフィスの命はないと通告される。

 メンフィスはかつての仕事仲間で修理工場を営んでいるオットー(ロバート・デュヴァル)を訪ね協力を依頼し、さらに昔の仲間を集めようとするが、実際に集められたのは元恋人のスウェイ(アンジェリーナ・ジョリー)と車の教習官をしているドニー(シャイ・マクブライド)と解剖医をしているスフィンクス(ヴィニー・ジョーンズ)の3人だけだった。そこへ、弟のキップとその仲間も加わることになる。残された時間は24時間。果たしてメンフィス等は無事に車を盗み出し時間通りに納めることができるのか・・・?

【レビュー・感想・ネタバレ】

 この映画のストーリーは兄が弟のために車を盗むという話で至って単純である。したがって、ストーリー的な面白さには欠けるところがある。この映画の見所はやはり後半のメンフィスと警察とのカーチェイスであろう。そこは見応えのあるカーアクション映画になっている。

 結局、メンフィスは船に最後の1台を届けるのに12分だけ遅れてしまい納車できなかった。もし、メンフィスが時間内に間に合ってしまったら映画はここで終わりということになってしまっていたろう。間に合わなかったという展開がこの映画のミソである。そのため、カリートリーはメンフィスを殺そうとする。そこへ、キャッスルベック刑事(デルロイ・リンドー)がアジトのスクラップ工場に飛び込んで来て銃撃戦になる。カリートリーに頭に銃を突きつけられ殺されそうになっていたキャッスルベック刑事を助けるため、メンフィスはその寸前でカリートリーに体当たりして突き落とす。

 キャッスルベック刑事はメンフィスが今回の事件に関わらざるを得なかった事情を突き止めていて、メンフィスが自分の命を助けてくれたこともあって、今回のことは見逃してくれることになる。メンフィスも盗んだ車の在処を教える。

 高級自動車窃盗専門のプロフェッショナルだったメンフィスが足を洗ったのは弟のために辞めてくれと頼まれたからだとだという裏事情があった。それなのに、弟のキップは車の窃盗をやっていたのである。キップは兄が仲間を捨てて稼業を辞めてしまったことを快く思っていなかったのである。アトレーから兄が稼業を辞めた理由を聞かされたキップは今度こそ足を洗うのではないだろうか。

 ラストでキップが自分のバイクのパーツを売って兄のためにオンボロのエレノアを買ってそのキーをプレゼントしたことがそのことを示しているのかもしれない。

 なお、スウェイ役を演じているアンジェリーナ・ジョリーは髪を金髪に染めていて雰囲気が変わって見えるのもこの映画の楽しみの一つになるかもしれない。

【キャスト】

メンフィス(ニコラス・ケイジ)
スウェイ(アンジェリーナ・ジョリー)
キップ(ジョヴァンニ・リビシ)
オットー(ロバート・デュヴァル)
ドニー(シャイ・マクブライド)
スフィンクス(ヴィニー・ジョーンズ)
アトレー(ウィル・パットン)
トビー(ウィリアム・リー・スコット)
タンブラー(スコット・カーン)
ドライコフ(ティモシー・オリファント)
フレブ(ジェームズ・デュヴァル)
ミラーマン(T・J・クロス)
キャッスルベック刑事(デルロイ・リンドー)
カリートリー(クリストファー・エクルストン)
ファージー・フリーゼル(ボーディ・エルフマン)
ジョニーB(マスター・P)
ロジャー(スティーブン・シェレン)

【スタッフ】

監督:ドミニク・セナ
脚本:スコット・ローゼンバーグ
製作:ジェリー・ブラッカイマー、マイク・ステンソン
製作総指揮:ジョナサン・ヘンズリー、チャド・オーマン、バリー・ウォルドマン、デニス・シャカリアン・ハリッキー、ロバート・ストーン、ウェブスター・ストーン
音楽:トレヴァー・ラビン、イアン・ボール
撮影:ポール・キャメロン
編集:ロジャー・バートン、トム・マルドゥーン、クリス・レベンゾン

Amazonで「60セカンズ」を探す
楽天市場で「60セカンズ」を探す

タグ:60セカンズ

キネマの天地

あの頃映画 キネマの天地 [DVD]

【映画情報】

題名:キネマの天地(きねまのてんち)
ジャンル:ドラマ
監督:山田洋次
出演者:渥美清、中井貴一、有森也実
製作会社:松竹
配給:松竹
公開:1986年8月2日
上映時間:135分
製作国:日本
言語:日本語

【評価】

おすすめ度:82点(100点満点中)

【あらすじ】

 昭和8年、浅草の活動小屋で売り子をしていた田中小春(有森也実)は彼女の噂を聞いた小倉監督(すまけい)に見出され女優となるべく松竹蒲田撮影所の大部屋へ入る。田中小春は役者だった母親を関東大震災で亡くし、昔旅回り一座の役者だった病弱な父親の田中喜八(渥美清)と長屋で親子二人で暮らしていた。田中小春は蒲田撮影所へ行った初日からいきなりエキストラとして看護婦役に起用されるがうまく演技ができず小倉監督に怒られて家へ帰ってしまう。小倉監督に田中小春を迎えに行くように言われた島田健二郎(中井貴一)は彼女の家へ行き田中小春を慰める。一時は女優を辞めようと思っていた田中小春であったが、島田健二郎のおかげで女優を続けることになる。

 田中小春は島田健二郎に惹かれていく。島田健二郎も田中小春に好意を持っているが態度で示さない。そんなとき、田中小春は二枚目俳優の井川時彦(田中健)の誘いについて行きキスまでしてしまう。

 田中小春が蒲田撮影所へ入ってから1年後に松竹の看板女優が恋人と駆け落ちして逃亡してしまう。そして、新人女優の田中小春が大作「浮草」の主役に抜擢されることになる。撮影は順調に進んでいたが、恋人から二人で東京へ逃げようと言われるシーンで何度やってもうまく演技ができなかった。撮影は中止になってしまい、田中小春は家は帰る。そこで、役者だった田中喜八からアドバイスとして母親に求婚したときの話を聞かされ、翌日の撮影で無事に演技ができ映画は完成する。

 封切りされた映画は大ヒットし、田中小春は人気女優となる。田中喜八(渥美清)は近所の奥さんのゆき(倍賞千恵子)と一緒に映画館へ「浮草」を見に行き上映中に亡くなってしまう。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 この映画『キネマの天地』は、昭和8、9年頃の松竹蒲田撮影所を舞台に、映画作りに情熱を燃やす映画人の仕事を描いている。

 私はこの映画のタイトルをなぜか「キネマの天地」ではなく「キネマの天使」と覚えてしまっていた。この映画は地上波で放映されたときに見たことがあると思うのだけれども、まだ若かったせいかまったく面白いとは思えなかったことを覚えている。

 今回、DVDで見ることになって自分が映画の内容を鑑賞できるようになっているのを感じた。特に、父親の田中喜八役を演じている渥美清さんの台詞に味があって演技も良かったのを感じた。

 あっと驚く話だったのは、田中喜八が小春の母親に求婚したとき既に小春を妊娠していたという衝撃的な事実を告白したことである。喜八は小春の父親ではなかったのである。

 実は田中小春役は当初、藤谷美和子さんに決まっていたのであるが、藤谷美和子さんが降板することになり、まだ新人だった有森也実さんが抜擢されるという映画のストーリーと似た実話もある。

【キャスト】

田中喜八(渥美清)
島田健二郎(中井貴一)
田中小春(有森也実)
小倉監督(すまけい)
井川時彦(田中健)
園田八重子(美保純)
小田切(平田満)
内藤監督(堺正章)
犬飼刑事(財津一郎)
トモさん(笠智衆)
栗島すみ江(松坂慶子)
ゆき(倍賞千恵子)
緒形監督(岸部一徳)
小山田淳(広岡瞬)
梅吉(近藤昇)
屑屋(笹野高史)
守衛(桜井センリ)
おかね(杉山とく子)
とし子(谷口美由紀)
正兄(山田隆夫)
猪俣助監督(冷泉公裕)
磯野良平(レオナルド熊)
看守(石倉三郎)
生田カメラマン(アパッチけん)
生田カメラマン助手(光石研)
長野カメラマン(油井昌由樹)
呼び込みの男(関敬六)
女事務員(マキノ佐代子)
古賀英二(坂本貞美)
照明班長(じん弘)
中谷社長(山内静夫)
馬道刑事(粟津號)
帝国館弁士(松田春翠)
帝国館支配人(人見明)
若い売り子(田谷知子)
脚本部・北原(若尾哲平)
脚本部・池島(巻島康一)
脚本部・柳(清島利典)
医師役(加島潤)
泥棒役(星野浩之)

《特別出演》

城田所長(9代目松本幸四郎)
浅草の客(藤山寛美)
島田庄吉(下條正巳)
貞子(三崎千恵子)
留吉(佐藤蛾次郎)
満男(吉岡秀隆)
弘吉(前田吟)
床山茂吉(石井均)
小笠原監督(なべおさみ)
岡村監督(大和田伸也)
川島の恋人(津嘉山正種)
佐藤監督(山本晋也)
彰子妃殿下(桃井かおり)
安五郎(ハナ肇)
佐伯監督(柄本明)
華やかな女性歌手(木の実ナナ)
戸田礼吉(山城新伍)
端役(出川哲朗、エド・はるみ[江戸はるみ])

【スタッフ】

監督:山田洋次
脚本:井上ひさし、山田太一、山田洋次、朝間義隆
制作総指揮:奥山融
制作:野村芳太郎
撮影:高羽哲夫
美術:出川三男
音楽:山本直純
編集:石井巌
録音:鈴木功
調音:松本隆司
助監督:五十嵐敬司
照明:青木好文

Amazonで「キネマの天地」を探す
楽天市場で「キネマの天地」を探す

検索
 
最近の記事
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)