今週のお知らせ

ミッドナイト・イン・パリ

ミッドナイト・イン・パリ [Blu-ray]

【映画情報】

題名:ミッドナイト・イン・パリ(Midnight in Paris)
ジャンル:ロマンティック・コメディ
監督:ウディ・アレン
出演者:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン
製作会社:メディアプロ、ヴェルサティル・シネマ、グラヴィエ・プロダクションズ、ポンシャルタン・プロデュクション
配給:アルタ・フィルムス、ロングライド
公開:2011年5月13日[西班牙]、2011年5月20日[米国]、2012年5月26日[日本]
上映時間:94分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語、フランス語

【評価】

おすすめ度:64点(100点満点中)

【あらすじ・ストーリー・物語】

 映画脚本家のギル・ペンダー (オーウェン・ウィルソン) は婚約者のイネス (レイチェル・マクアダムス) と彼女の両親とともに憧れのパリへやって来る。ギル・ペンダーは脚本家として成功していたが、作家になりたくて小説を執筆している。しかも、彼はパリに住みたがっている。ところが、イネスは彼が作家になることもパリに住むことも反対だった。

 あるとき2人は偶然にイネスの男友人のポール (マイケル・シーン) と出会す。2人はポール夫妻と一緒にパリの観光をすることになる。ところが、ポールが蘊蓄を語って博識を誇るのにギル・ペンダーは嫌気がさしてしまう。

 4人でワインの試飲会に参加した後、ギルは1人で真夜中のパリを散策しモンターニュ・サント・ジュヌヴィエーヴ通りで休んでいると、午前0時に時計台の鐘が鳴り、旧式の黄色いプジョーがやってきて彼の前に止まる。車に乗っている男女に誘われてギルは車に乗り込むことになる。車を下りるとギルは1920年代のパリにタイムトリップしていた。それから、ギルは毎夜1920年代のパリに迷い込み、当時の文化人や芸術家に出会うことになる。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 この映画は自分も現在と1920年代のパリの街に彷徨い込んだような錯覚を味わうことのできる内容となっている。1920年代のパリの風俗や文化を見ることができるというおまけつきである。

 1920年代のパリにタイムトリップしたギルはが出会った人々は、フィッツジェラルド夫妻やポーター夫妻、ジョセフィン・ベイカー、アーネスト・ヘミングウェイ、ガートルード・スタイン、パブロ・ピカソ、アドリアナ[ピカソの愛人]、サルバドール・ダリ(エイドリアン・ブロディ)、ルイス・ブニュエル、マン・レイと多彩である。

 中でも、ギルはアドリアナに一目惚れしてしまう。彼女の彼に行為を示してくれるが、結局、別れることになってしまう。最後には、ギルは婚約者のイネズと別れ、パリに住むことにする。ラストの結末では、ギルは橋の上で見覚えのある美術雑貨店員ガブリエル(レア・セドゥ)という女性と偶然出会い、彼女を言葉を交わして意気投合し、二人で一緒に雨のパリの中を食事をしに歩いて行く。その後、パリで暮らすギルはガブリエルと付き合うことになるのだろうなと予感させて映画は終わる。

 本作は、うたかたの夢のような世界とショートストーリーの両方を味わうことのできる映画で、退屈はしないが、かといって特に面白いというほどでもなく気軽に見るのがちょうど良い作品である。

【キャスト・配役・出演者】

ギル・ペンダー(オーウェン・ウィルソン)
イネス(レイチェル・マクアダムス)
ジョン(カート・フラー)
ヘレン(ミミ・ケネディ)
ポール・ベイツ(マイケル・シーン)
キャロル・ベイツ(ニーナ・アリアンダ)
美術館の案内人(カーラ・ブルーニ)
コール・ポーター(イヴ・ヘック)
ゼルダ・フィッツジェラルド(アリソン・ピル)
アーネスト・ヘミングウェイ(コリー・ストール)
F・スコット・フィッツジェラルド(トム・ヒドルストン)
ジョセフィン・ベーカー(ソニア・ロランド)
ホアン・ベルモンテ(ダニエル・ランド)
ガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ)
パブロ・ピカソ(マルシャル・ディ・フォンゾ・ボー)
アドリアナ(マリオン・コティヤール)
ガブリエル(レア・セドゥ)
ジューナ・バーンズ(エマニュエル・アザン)
サルバドール・ダリ(エイドリアン・ブロディ)
マン・レイ(トム・コーディア)
ルイス・ブニュエル(アドリアン・ドゥ・ヴァン)
探偵タスラン(ガッド・エルマレ)
T・S・エリオット(デイヴィッド・ロウ)
アンリ・マティス(イヴ=アントワン・スポト)
レオ・スタイン(ロラン・クラレ)
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(ヴァンサン・モンジュー・コルテ)
ポール・ゴーギャン(オリヴィエ・ラブルダン)
エドガー・ドガ(フランソワ・ラスタン)

【スタッフ】

監督:ウディ・アレン
脚本:ウディ・アレン
製作:レッティ・アロンソン、スティーヴン・テネンバウム、ジャウメ・ローレ
製作総指揮:ハヴィエル・メンデス
音楽:ステファン・レンベル
撮影:ダリウス・コンジ
編集:アリサ・レプセルター

Amazonで「ミッドナイト・イン・パリ」を探す
楽天市場で「ミッドナイト・イン・パリ」を探す

ミッシング ID

ミッシングID コレクターズ・エディション [Blu-ray]

【映画情報】

題名:ミッシング ID(原題:Abduction)
ジャンル:アクション・サスペンス
監督:ジョン・シングルトン
出演者:テイラー・ロートナー、リリー・コリンズ、アルフレッド・モリーナ、シガニー・ウィーバー
製作会社:ヴァーティゴ・エンターテインメント、クイック・シックス・エンターテインメント
配給:ライオンズゲート、ギャガ
公開:2011年9月23日[米国]、2012年6月1日[日本]
上映時間:106分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:73点(100点満点中)

【あらすじ・ストーリー・物語】

 高校生のネイサン・ハーパー(テイラー・ロートナー)は、幼なじみの女子高生カレン・マーフィー(リリー・コリンズ)と一緒に学校の宿題をしていると、児童誘拐事件のサイトで13年前の自分に似た誘拐児童の写真を偶然発見する。写真をくわしく調べると写真の少年は自分としか思えなかったネイサンは、サイトの管理人は問い合わせの電話をする。ところが、電話に出た相手は不審な人物だった。結局、ネイサンは母親のマーラ・ハーパー(マリア・ベロ)を問いただすと、母親はネイサンが実の子どもではないことを認める。

 ネイサンが問い合わせの電話をしたことで怪しい男達が家へ侵入して来て、母親のマーラが殺され、父親のケビン・ハーパー(ジェイソン・アイザックス)も殺され、家も爆破されてしまう。ネイサンはその場にいたカレンとともに逃亡することになる。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 TSUTAYA フレスポ赤穂店がグランドオープンした当日、店頭でTSUTAYA限定とあったので借りて見ることにした作品である。

 本作は映画レビューなどで酷評されているようであるが、私が見た限り結構楽しめた。映画の内容はスパイ映画によくありがちなストーリーなので、映画をよく見る人にとっては新鮮さが欠けるのかもしれない。

 主人公が高校生とあって本物のスパイならバレないように用心するようなことも不注意なポカや手抜かりをしてしまっているあたり細かい配慮がされているなと思えた。

 映画の前半で、高校生のネイサン・ハーパー(テイラー・ロートナー)と女子高生カレン・マーフィー(リリー・コリンズ)とが登場して二人の恋愛模様が描かれていたため、私はてっきり青春恋愛映画かなと思って見ていた。カレン・マーフィー役を演じているリリー・コリンズさんがキュートで可愛いのでそう思い込んでしまった。ところが、中盤から誘拐疑惑が持ち上がり、どうやら恋愛ものではなさそうだと気がついた。

 映画の中で、ネイサンを追っているのは、フランク・バートン(アルフレッド・モリーナ)と中心としたCIAと犯罪組織を率いるニコラ・コズロフ(ミカエル・ニクヴィスト)という男である。ネイサンを捜し出すためにニコラ・コズロフの仲間が偽の児童誘拐事件サイトを運営していたのである。ネイサンが連絡したことで居場所が分かってしまい、養父母が殺されてしまったのである。

 ニコラ・コズロフはネイサンの父親でCIAの諜報員あるマーティン・プライス(ダーモット・マローニー)に国家機密情報が記録された暗号データを盗まれてしまい、それを取り戻すため息子のネイサンを拉致して父親と交渉しようとしていたのである。CIAの職員でる養父母とジェラルディン“ジェリ”・ベネット博士(シガニー・ウィーバー)はネイサンを保護していたというわけである。

 映画のラストでは、ニコラ・コズロフから友人・知人を全員殺すと脅されたネイサンは暗号データの入った携帯電話を渡すことにして、公共の施設である野球場で会う。座席の下に隠していた拳銃を奪われたネイサンはニコラ・コズロフから追われることになる。そこへ父親のマーティンから携帯電話に電話があり、ネイサンはニコラ・コズロフをおびき出すように言われる。ネイサンはニコラ・コズロフを上手くおびき出し、マーティンがニコラ・コズロフの心臓を打ち抜いて射殺する。

 携帯電話を受け取ったフランク・バートンは暗号を解析するからという理由ですぐに上司へ渡そうとしなかったことから、暗号データに彼の名前も入っていると確信を持たれ捕まってしまう。

【キャスト・配役・出演者】

ネイサン・ハーパー(テイラー・ロートナー)
カレン・マーフィー(リリー・コリンズ)
フランク・バートン(アルフレッド・モリーナ)
ケビン・ハーパー(ジェイソン・アイザックス)
マーラ・ハーパー(マリア・ベロ)
ジェラルディン“ジェリ”・ベネット博士(シガニー・ウィーバー)
ニコラ・コズロフ(ミカエル・ニクヴィスト)
マーティン・プライス(ダーモット・マローニー)
ローナ・プライス(エリザベス・ローム)
サンドラ・バーンズ(アントニーク・スミス)
ギリー(デンゼル・ウィテカー)

【スタッフ】

監督:ジョン・シングルトン
脚本:ショーン・クリステンセン
製作:ダグ・デイヴィソン、エレン・ゴールドスミス=ヴァイン、リー・ストルマン、ロイ・リー、ダン・ロートナー
製作総指揮:ジェレミー・ベル、アンソニー・カタガス、ガブリエル・メイソン
音楽:エド・シェアマー
撮影:ピーター・メンジース・ジュニア
編集:ブルース・キャノン
字幕:風間綾平

Amazonで「ミッシング ID」を探す
楽天市場で「ミッシング ID」を探す

過去ログ
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
検索
 
最近の記事
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。