今週のお知らせ

トータル・リコール(2012年)

トータル・リコール (ディレクターズ・カット)ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]

【映画情報】

題名:トータル・リコール(原題:Total Recall)
リメイク:1990年の映画『トータル・リコール』のリメイク作品
ジャンル:SFアクション
監督:レン・ワイズマン
出演者:コリン・ファレル、ジェシカ・ビール、ケイト・ベッキンセイル
製作会社:オリジナル・フィルム
配給:コロンビア映画、ソニー・ピクチャーズ
公開:2012年8月2日[米国]、2012年8月10日[日本]
上映時間:118分、130分[ディレクターズ・カット版]
製作国:アメリカ合衆国、カナダ
言語:英語

【評価】

おすすめ度:90点(100点満点中)

【あらすじ・ストーリー・物語】

 21世紀末、大量化学兵器の使用により地上のほとんどに住めなくなった人類は、富裕層の住むヨーロッパ地域にあるとしたブリテン連邦(the United Federation of Britain、UFB)と、貧困層の住むオーストラリア地域のコロニーとに別れていた。貧困層の住民は地中のコアを通過して地球の反対側へ達する巨大なエレベーター「フォール」に乗ってUFBへ労働のため通勤していた。

 やがてコロニーの中からUFBからの独立と解放を目指す反体制派のレジスタンスが現れ、マサイアス(ビル・ナイ)をリーダーとしてテロ活動を行うようになっていた。一方、UFBの代表コーヘイゲン(ブライアン・クランストン)はレジスタンスを抑えるためにロボット警官のシンセティックを増産しようとしていた。

 コロニーで美しい妻のローリー(ケイト・ベッキンセイル)と暮らす工場労働者のダグラス・クエイド(コリン・ファレル)は、毎夜警察に追われ見知らぬ女性と病院を脱出するという同じ夢を見ていた。

 自分の望む人口記憶を上書きしてくれるという人工記憶センターのリコール社に興味を持っていたダグラス・クエイドは、同僚のハリー(ボキーム・ウッドバイン)からは脳障害になった者もいるから行かないほうがいいと忠告されていたが、ある日ダグラスはリコール社の店舗を訪れてしまう。

 ところが、リコール社で記憶を書き換えようとしたとき、突然ダグラスは警官に襲われる。彼は咄嗟に工員とは思えない戦闘能力を無意識に発揮してその場から逃げ切る。自宅へ帰った彼は今度は愛する妻のローリーから襲われることになる。ローリーは彼に、この世にダグラス・クエイドという人物は存在しないこと、彼は過去の記憶を消されて新しい記憶を植え付けられていること、自分は彼を監視するために妻になりすましていたことを告げる。

 自分を殺そうと追い掛けてくるローリーを振り切ったダグラス・クエイドは、逃亡の最中に見知らぬ人物からメッセージを受け取る。そして、ローリーと警官ロボットに追い詰められたとき、自分の救ってくれたのは毎夜夢に登場していたメリーナ(ジェシカ・ビール)という女性であった。

 現在目の前で起こっているこの出来事は一体どういうことなのか?現実なのかそれともリコール社で受けた人口記憶なのか?自分の正体は誰なのか?自分の記憶はどういなったのか?何も理解できず事態を呑み込めないまま逃亡を続けるったダグラス・クエイドは、ブリテン連邦とコロニーの運命を変える戦いに巻き込まれていく・・・。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 本作はアーノルド・シュワルツェネッガー主演の1990年の映画『トータル・リコール』のリメイク作品ということで、ダグラス・クエイドことハウザー役を演じているコリン・ファレルさんのイメージが作品にそぐわないのではないかと密かに心配していたくらいである。ところが、本作は文句なしに面白かった。ここまで面白い作品はなかなかないと思えるくらいだ。私はオリジナル版を何度か見たのであるが、オリジナル版よりも面白いのではないかとさえ思えた。尤も、オリジナル版の内容はかなり忘れてしまっているので、もう一度オリジナル版のほうを確認してからでないと正確なことは言えない。

 ダグラス・クエイドの正体は、実は、労働者の記憶を上書きされたUFB側の腕利き諜報員カール・ハウザーという人物であったのである。ところが、カール・ハウザーは諜報活動で潜入したレジスタンスの組織で、マサイアスとレジスタンスのことを深く知るようになり彼等の味方につくようになったのである。ところが、UFB側に捕らえられダグラス・クエイドの記憶を受け付けられたわけである。UFB側がカール・ハウザーにそのようなことをした理由は、彼が敵の側につくことが脅威であったため記憶を消したということが考えられる。もう一つの理由としては、彼に偽の記憶を植え付けることでいずれレジスタンスのリーダーであるマサイアスと接触するのではないかという目論見があったことも考えられる。

 案の定、ダグラス・クエイドはレジスタンスの隠れ家へ行きマサイアスと会う。そのお陰で、UFB側はその場所を突き止め、UFB代表のコーヘイゲンはやっとマサイアスを殺すことに成功する。

 ラストの結末は、カール・ハウザーとメリーナの活躍で、UFB代表のコーヘイゲンを倒し、巨大エレベーター「フォール」も爆破する。その後、カール・ハウザーはメリーナになりすましたローリーを殺す。そして政治体制が変わることになる。

 本作ではリコール社の広告以外、ダグラス・クエイドの身に起きた出来事が人口記憶であると示すものがない。そのため、すべて現実だったのではないかと考えるほうが勝っているようになっている。

 本作には、どうやら劇場版とディレクターズカット版があるようで、若干内容が異なるようである。今回見たのは劇場版のほうだったので、機会があればオリジナル版と本作のディレクターズカット版を見てみたい。

【キャスト・配役・出演者】

ダグラス・クエイド/カール・ハウザー(コリン・ファレル)
メリーナ(ジェシカ・ビール)
ローリー(ケイト・ベッキンセイル)
コーヘイゲン(ブライアン・クランストン)
ハリー(ボキーム・ウッドバイン)
マクレーン(ジョン・チョー)
マレック(ウィル・ユン・リー)
マサイアス(ビル・ナイ)

【スタッフ】

監督:レン・ワイズマン
原作:フィリップ・K・ディック『追憶売ります』
脚本:マーク・ボンバック、カート・ウィマー
原案:ロナルド・シャセット、ダン・オバノン、ジョン・ポービル、カート・ウィマー
製作:トビー・ジャッフェ、ニール・H・モリッツ
製作総指揮:リック・キドニー、レン・ワイズマン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影:ポール・キャメロン
編集:クリスチャン・ワグナー

Amazonで「トータル・リコール」を探す
楽天市場で「トータル・リコール」を探す★

トゥー・ウィークス・ノーティス

トゥー・ウィークス・ノーティス 特別版 [DVD]

【映画情報】

題名:トゥー・ウィークス・ノーティス(原題:Two Weeks Notice)
ジャンル:ラブ・ストーリー、ロマンティック・コメディ
監督:マーク・ローレンス
出演者:サンドラ・ブロック、ヒュー・グラント
製作会社:キャッスル・ロック・エンターテインメント、ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザーズ
公開:2002年12月18日[米国]、2003年5月24日[日本]
上映時間:101分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:68点(100点満点中)

【あらすじ・ストーリー・物語】

 ハーバード・ロースクール出身の弁護士であるルーシー・ケルソン(サンドラ・ブロック)は、ニューヨークの歴史ある公民館の取り壊し中止を条件に最大手の不動産企業ウェイド社のCEOであるジョージ・ウェイド( ヒュー・グラント)と取引をして彼の会社で働くことになる。ルーシー・ケルソンが非常に優秀な女性であることが分かったジョージ・ウェイドは、何でも彼女に相談して決めるようになる。そのため、夜中でもジョージ・ウェイドから電話がかかってくる始末。ある日、結婚式に出席していたルーシー・ケルソンはまたもや電話でジョージ・ウェイドに呼び出され行って見ると、何と用件は単なる洋服選びの相談だった。積もりに積もった忍耐もとうとう我慢できなくなったルーシー・ケルソンはもう面倒はみていられないと「あと2週間で会社を辞める」と言い出す。

 ルーシー・ケルソンに相談しなければ何も決められなくなっていたジョージ・ウェイドは彼女を会社に引き留めようとするが、彼女の決意が固いと知り、新しく優秀な弁護士を探したら会社を辞めても良いと認める。新しい弁護士はなかなか見つからなかったが、やっとハーバード・ロースクール出身の若くて優秀な美人弁護士が見つかる。

 あるパーティーに出席していたジョージ・ウェイドは、別々に出席していたルーシー・ケルソンの化粧とドレス姿に見惚れてしまう。ところが、ジョージ・ウェイドが公民館を取り壊すことを知ったルーシー・ケルソンは彼を非難する。その後、ジョージ・ウェイドは新しく雇った美人弁護士とエレベーターの中でキスをして彼女をホテルの自分の部屋にまで誘う。そこへルーシー・ケルソンがやって来て、美人弁護士の下着姿を見てしまう。部屋から出て行ったルーシー・ケルソンは友だちのもとで久しぶりに泣く。

 そしてついにルーシー・ケルソンが会社を辞める日がやって来て、社員たちにお別れ会を開いてもらう。しばらくして、仕事中のルーシー・ケルソンのもとへスピーチの原稿の内容を確認してほしいとジョージ・ウェイドが現れる。ジョージ・ウェイドが原稿を読み始めると、それは彼女を愛しているということと公民館の取り壊し中止するという内容だった。ジョージ・ウェイドが出て行った後、ルーシー・ケルソンは彼を追いかけ抱きつく。二人ははじめてキスをする。

 公民館の取り壊しを中止したことで兄から会社をクビになったジョージ・ウェイドはルーシー・ケルソンの家に住むことになる。家が狭いのでルーシー・ケルソンの両親は引っ越していた。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 この「トゥー・ウィークス・ノーティス」は、仕事上の対立関係にあった男女が同じ仕事をするようになってお互いを意識し惹かれあうようになるという恋愛映画の王道的なストーリーになっている。しかも、最後まで二人の関係はほとんど接近しない。見ているほうとしては最初から結末が分かっているのに、なかなか二人が結ばれないのにじらされるといった恋愛映画の常套手段も効果的に用いられている。

 ルーシー・ケルソンを演じているサンドラ・ブロックが化粧をしてドレスを着て現れた姿はそれまでのやり手の野暮ったい弁護士のイメージを一新するほど美しく変身するという見せ場もつくってくれている。恋愛映画としては外れのない無難な作品となっている。

 ただ、ヒロインのルーシー・ケルソンが食べ過ぎでお腹の調子が悪くなり飛び込んだキャンピングカーのトイレで腹を下す(下痢)という恋愛映画としてはちょっとあり得ないような場面もある。二人の恋愛により現実味を持たせたかったのであろうか。

 因みに、タイトルの「トゥー・ウィークス・ノーティス」の意味は、noticeに退職予告という意味があるから「2週間の退職予告」ということになる。

【キャスト・配役・出演者】

ルーシー・ケルソン(サンドラ・ブロック)
ジョージ・ウェイド( ヒュー・グラント)
ジューン・カーバー(アリシア・ウィット)
ルース・ケルソン(ダナ・アイヴィ)
ラリー・ケルソン( ロバート・クライン)
メリル・ブルックス(ヘザー・バーンズ)
ハワード・ウェイド(デヴィッド・ヘイグ)
ティファニー(キャサリン・ウィニック)
本人役(ドナルド・トランプ)
本人役(ノラ・ジョーンズ)
本人役(マイク・ピアッツァ)

【スタッフ】

監督:マーク・ローレンス
脚本:マーク・ローレンス
製作:サンドラ・ブロック
製作総指揮:ブルース・バーマン、メアリー・マクラグレン
音楽:ジョン・パウエル
撮影:ラズロ・コヴァックス
編集:スーザン・E・モース

Amazonで「トゥー・ウィークス・ノーティス」を探す
楽天市場で「トゥー・ウィークス・ノーティス」を探す

ドライヴ

ドライヴ [Blu-ray]

【映画情報】

題名:ドライヴ(原題:Drive)
ジャンル:クライム・サスペンス
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
出演者:ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、ブライアン・クランストン
配給:フィルム・ディストリクト、クロックワークス
公開:2011年9月16日[米国]、2012年3月31日[日本]
上映時間:100分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:83点(100点満点中)

【あらすじ・ストーリー・物語】

 アメリカ西海岸のとある町で、強盗の逃走を請け負う逃がし屋の運転手をしているドライバー(ライアン・ゴズリング)は、昼は自動車修理工をしながらアクション映画のカースタントもこなしていた。ドライバーは家族も友人もいない孤独な若い男だった。ある晩、同じアパートの同じ階に住んでいるアイリーン(キャリー・マリガン)という女性と偶然エレベーターで乗り合わせる。一目で恋に落ちたドライバーは、子どもがいて服役中の夫スタンダード(オスカー・アイザック)がいるにもかかわらず彼女に接近していく。ドライバーとアイリーンはお互いの距離を縮めていくが、服役囚の夫が釈放されて帰ってくる。夫が帰って来たことでドライバーとアイリーンは距離を置くようになる。

 ところが、スタンダードは服役中に身の安全を守ってもらう用心棒代として多額の借金を負っていて、そのことを理由に強盗の仕事を強要される。ドライバーはアイリーンのためにスタンダードの強盗を手伝うことになる。当日、強盗に入った質屋から出たスタンダードは後ろから店主に銃で打たれて死んでしまう。自分たちが罠に嵌められたことに気がついたドライバーは、何者が自分たちを嵌めたのか黒幕を探っていく。そして、単なる質屋から強盗したのではないことや思わぬ黒幕の正体を知ることになる。ドライバーだけではなくアイリーン、恩人ともいえる自動車修理工場の工場長にまで危険が及び、ついには工場長まで殺されてしまう。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 ドライバーが服役中の夫のいる人妻と恋に落ちてという筋書きを見たとき、これはもう夫が刑務所から出て来て三角関係の修羅場になる話かなと予想してしまった。ところが、映画が進むうちに予想が外れて、そんな単純な話ではないことが分かってくる。夫が帰って来てから話が意外な方向へと進んでいく中盤から映画の内容に引きつけられていった。中盤までの静謐さと打って変わって中盤から後半にかけて緊張感に包まれていた。前半の物静かなドライバーが中盤から後半においては同じ人物かとも思えるほどの激しいバイオレンス(暴力)を行使する。非常に秀逸で面白い作品になっている。

 ドライバーたちが強盗に入った質屋にはマフィアの金を隠していた場所だったのである。その強盗を計画した黒幕は地元に二人いるボスの一人だったのである。二人のボスはマフィアに自分たちが関与していたことを疑われ抹殺されることを恐れ、事情を知っている者を殺して口封じに走ったのである。

 ドライバーは、愛するアイリーンを守るためと恩人の復讐をするため、彼らから逃げるのをやめ攻撃して報復することにする。まず、黒幕のボスを殺し、残りのボスと取引をした際にナイフで腹部を刺されるも首を切って殺してしまう。愛リーンはもう会えないと書いてあるドライバーからの手紙を読み、負傷したドライバーは車を運転しながら夜の街を走る場面で映画は終わる。

【キャスト・配役・出演者】

ドライバー(ライアン・ゴズリング)
アイリーン(キャリー・マリガン)
シャノン(ブライアン・クランストン)
バーニー・ローズ(アルバート・ブルックス)
スタンダード(オスカー・アイザック)
ブランチ(クリスティーナ・ヘンドリックス)
ニーノ(ロン・パールマン)

【スタッフ】

監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
脚本:ホセイン・アミニ
原作:ジェイムス・サリス
製作:マーク・プラット、、アダム・シーゲル、ジジ・プリッカー、ミシェル・リトヴァク、ジョン・パレルモ
製作総指揮:デヴィット・ランカスター、、グレイ・ミシェル・ウォルターズ、ビル・リシャック、リンダ・マクドノー、ジェフリー・スコット、ピーター・シュレッセル
音楽:クリフ・マルティネス
衣裳デザイン:エリン・ベナッチ
プロダクションデザイン:ベス・マイクル
スタント・コーディネーター:ダリン・プレスコット
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
編集:マシュー・ニューマン
字幕翻訳:岡田壯平

Amazonで「ドライヴ」を探す
楽天市場で「ドライヴ」を探す

タグ:ドライヴ
過去ログ
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
検索
 
最近の記事
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。