今週のお知らせ

地球が静止する日

地球が静止する日 [Blu-ray]

【映画情報】

題名:地球が静止する日(ちきゅうがせいしするひ、原題:The Day the Earth Stood Still)
ジャンル:SFアクション
オリジナル作品:1951年に公開されたロバート・ワイズ監督の『地球の静止する日』のリメイク
監督:スコット・デリクソン
出演者:キアヌ・リーブス、ジェニファー・コネリー
配給:20世紀フォックス
公開:2008年12月12日[米国]、2008年12月19日[日本]
上映時間:106分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:64点(100点満点中)

【あらすじ】

 宇宙から地球へ謎の光を放つ青色と白色のまだら模様の球体が飛来して来てマンハッタンのセントラルパークに着陸する。軍隊が包囲する中、球体から現れたのは人間の姿をした生命体と巨大なロボットゴートだった。兵士の一人が誤って発砲した銃弾で倒れた生命体を医療施設へ運び、政府から緊急招集されているヘレン・ベンソン(ジェニファー・コネリー)が治療をしていると、生命体を覆っていた皮が剥がれ落ち人間の男そっくりの姿が現れた。男はヘレン・ベンソンの手助けもあって医療施設から脱走する。

 脱走後、男はヘレン・ベンソンに自分の名前をクラトゥ(キアヌ・リーヴス)と名乗り、地球を人間から救うためにやって来たと告げる。巨大な球体は人間以外の地球上の生物を乗せる船だったのである。ヘレン・ベンソンは彼にまだ地球を代表する人物に会っていないと言い、カール・バーンハート教授(ジョン・クリーズ)に引き合わせる。カール・バーンハート教授はクラトゥに人間は変われる可能性があると説得を試みる。ところが、ヘレン・ベンソンの死別した夫の連れ子ジェイコブ(ジェイデン・スミス)の通報によって、説得の最中に軍隊のヘリコプターが現れそこから逃亡せざるを得なくなる。その途中、クラトゥはジェイコブにお墓の前で死んだ父親を生き返らせてほしいと懇願される。

 一方、人間によって回収されていたロボットゴートが小さな虫に分裂し、地上の物質を破壊し始める。そして、クラトゥとの交渉の全権はヘレン・ベンソンとジェイコブに委ねられることになる。しかし、虫はヘレン・ベンソンとジェイコブの体内にも入り込んでしまう。ヘレン・ベンソンは自分の命を省みず血のつながりのない義理の息子ジェイコブの命を助けてほしいとクラトゥへ懇願する。自分を犠牲にしてもジェイコブを助けて欲しいと願うヘレン・ベンソンの親子愛の姿にクラトゥは人類への希望を見出す。クラトゥはヘレン・ベンソンとジェイコブを助け、自らは虫の破壊活動を止めるべく巨大な球体へと入り込んで行く。

【レビュー・感想・ネタバレ】

《2回目》

 ラストではクラトゥが巨大な球体に入ることで虫の破壊活動はストップし人類は助かる。そして、球体は地球を去って行く。

 この映画では各国(特にアメリカ合衆国)の政治的指導者(政治家)の無能と愚かさが描かれている。アメリカ合衆国の大統領など政治行動をレジーナ・ジャクソン国防長官(キャシー・ベイツ)に任せきりで、自分はどこかへ雲隠れして隠れている。しかし、現実の政治的指導者(政治家)はもっと賢明であり、クラトゥと正式な交渉を試みるのではないかと思う。

 1回目と違ってあらすじが分かっているので、SFアクション大作を期待していたのに落胆させられるということはなかった。

 この映画には人類が地球の自然を破壊しているという警鐘の意味も込められていて、今なら何とか自然環境を守れるのだから自然を大切にするよう人間が変わろうと言っている。映画のメッセージ自体は重要なものを含んでいると言って良い。

 今回気がついたことであるが、米軍大佐役を演じていたのは、『プリズン・ブレイク』でセオドア・"ティーバッグ"・バッグウェル役や『HEROES』でサミュエル・サリヴァン役を演じていたロバート・ネッパーだということだ。

《1回目、劇場》

 本作は映画館のプラット赤穂シネマへ行って劇場で見た。

 一緒に見に行ったあややはキアヌ・リーブスが出演しているということで物凄く期待していたらしい。見終わった後、期待外れに終わったようで不満だったようである。

 私は特に期待していたわけではないので期待外れという感じはなかった。ただ、あややがそれほど面白くなかったという感想はわかる気がした。私もちょっと物足りない感じがしたからである。

 この映画の主題は、チェンジということなのだということはよくわかる。人は変われるのだということを言いたいのだということは映画の中の場面で随所に出て来る。それは、それなりにわかる。

 ただ、この映画で一番の問題は、クラトゥ(キアヌ・リーヴス)が人類の滅亡を止めた理由が納得できない点であろう。クラトゥはヘレン・ベンソン(ジェニファー・コネリー)をはじめ極少数の人間に接しただけで、人類の抹殺を中止している。しかし、地球から人間を抹消するという問題は、単に個人と個人とのやり取りだけで片が付くような問題ではないはずである。アメリカ合衆国大統領は宇宙人を攻撃する命令を下して実行している。アメリカ合衆国という1国の代表に過ぎないにせよ、1国を代表する大統領でさえ何も変わっていないのである。

 もっと言えば、これだけ下調べまでする宇宙人がいきなり人類を抹殺しようとしたことが解せない。この映画で取られている手段はある意味伝家の宝刀ともいえる最後の手段であり、そこに至るまでに警告を発し、人類と交渉するのが通常考えられる過程ではないだろうか。それなのに、そうした外交努力をすることなく、いきなり制裁を加える行動を取ったことは乱暴に過ぎないだろうか。

 そうこともあって、この映画のストーリー展開には納得できかねるところがある。

 もっとも、私はそこそこ楽しめはしたが、お金を払ってまで映画館へ行くほどでもなかったかなあとは思う。

【キャスト】

クラトゥ(キアヌ・リーヴス)
ヘレン・ベンソン(ジェニファー・コネリー)
ジェイコブ・ベンソン(ジェイデン・スミス)
レジーナ・ジャクソン国防長官(キャシー・ベイツ)
マイケル・グレイニア博士(ジョン・ハム)
カール・バーンハート教授(ジョン・クリーズ)
ジョン・ドリスコル(カイル・チャンドラー)
米軍大佐(ロバート・ネッパー)
Mr.ウー(ジェームズ・ホン)
マイロン博士(ジョン・ロスマン)
クイン大将(ロジャー・クロス)
チン・フェ博士(リョウタ・ハセガワ)
イケガワ博士(ヒロ・カナガワ)

【スタッフ】

監督:スコット・デリクソン
脚本:ライン・ダグラス・ピアソン、デヴィッド・スカルパ
製作:ポール・ハリス・ボードマン、グレゴリー・グッドマン、アーウィン・ストフ
音楽:タイラー・ベイツ
撮影:デヴィッド・タッターサル
編集:ウェイン・ワーマン

Amazonで「地球が静止する日」を探す
楽天市場で「地球が静止する日」を探す

チェーン・リアクション(1996年)

チェーン・リアクション [Blu-ray]

【映画情報】

題名:チェーン・リアクション(原題:Chain Reaction)
ジャンル:サスペンス・アクション
監督:アンドリュー・デイヴィス
出演者:キアヌ・リーブス
配給:20世紀フォックス
公開:1996年8月2日[米国]、1996年10月5日[日本]
上映時間:107分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:72点(100点満点中)

【あらすじ】

 シカゴ大学の科学プロジェクト・チームは水から新エネルギーを発生させる画期的な新エネルギー発生装置「ソノ・ルミネセンス」の開発に成功する。打ち上げパーティーの晩、リリー・シンクレア(レイチェル・ワイズ)を家まで送ったあと、エンジニアのエディ・カサリビッチ(キアヌ・リーブス)は忘れ物を取りに大学の研究室へ戻ると、研究の責任者のアリステア・バークレイ博士(ニコラス・ルドール)が何者かによって殺されているのを発見する。しかも、研究室までもが爆破される。エディは命からがら逃げ出すが、何者かにはめられたエディとリリーは陰謀に巻き込まれ事件の有力容疑者としてFBIの追跡から逃亡するはめになってしまう。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 本作は過去に1度は見ていたはずなのだけれども、かなり内容を忘れてしまっていた。見始めたときは記憶にないくらいだった。全部を見終わって漸く記憶が蘇って来た。

 映像的に見物となる場面は最初の研究室の爆破シーンとラストのC-システムの秘密基地の爆破シーンくらいである。映画の前半と中盤にあたる約3分の2は逃亡劇になっている。逃亡劇としてはよくあるパターンである。後半はエディがヴァージニア州にある巨大施設C-システムに潜入して反転攻勢に出る。しかし、自分たち研究者らの無事解放を取引条件とするために細工したことが徒となって制御不能で装置は爆破し基地は壊滅してしまう。エディとリリーは何とか基地を脱出する。

 中盤には、FBIもエディが犯人ではないことが分かってくる。エディは爆発直前に研究データを世界中の研究者や研究施設に送るようにしていたので情報が公開されたということで終わる。

 結局、この事件の背後には政界とCIAが関係していた。もし新エネルギーの情報が公開されたら、経済や産業構造までをも変革してしまうことになり既存の既得権益を持つ企業も大打撃を受けることり延いては政治家や官僚にとっても不都合なことになってしまうからである。

【キャスト】

エディ・カサリビッチ(キアヌ・リーブス)
ポール・シャノン(モーガン・フリーマン)
リリー・シンクレア(レイチェル・ワイズ)
フォードFBI捜査官(フレッド・ウォード)
ドイルFBI捜査官(ケヴィン・ダン)
ライマン・アール・コリアー(ブライアン・コックス)
マギー・マクダーモット(ジョアンナ・キャシディ)
アリステア・バークレイ博士(ニコラス・ルドール)
エド・ラファティ(チェルシー・ロス)
チェン先生(ツィ・マー)
カレブ・ウィリアムズ(ジョニー・リー・ダヴェンポート)
ジェームス・ワシントン(ジーン・バージ)
ルーカス・スクレブネスキー(クシシュトフ・ピチェンスキ)
ウィスコンシン州の首長(ネッド・シュミッケ)
上院議員(ディック・キューザック)
ニック(ロン・ディーン)

【スタッフ】

監督:アンドリュー・デイヴィス
製作:アーン・L・シュミット、アンドリュー・デイヴィス
製作総指揮:リチャード・D・ザナック、アーウィン・ストフ
原案:アーン・L・シュミット、リック・シーマン、ジョシュ・フリードマン
脚本:ジョシュ・フリードマン、J・F・ロートン 、マイケル・ボートマン
撮影:フランク・タイディ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
編集:ドン・ブロチュ、ドヴ・ホウニグ、アーサー・シュミット
美術:メイハー・アーマッド

Amazonで「チェーン・リアクション」を探す
楽天市場で「チェーン・リアクション」を探す

沈黙の断崖

沈黙の断崖 [DVD]

【映画情報】

題名:沈黙の断崖(Fire Down Below)
ジャンル:サスペンス・アクション
監督:フェリックス・エンリケス・アルカラ
出演者:スティーヴン・セガール
配給:ワーナー・ブラザーズ
公開:1997年9月5日[米国]、1997年11月8日[日本]
上映時間:105分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:70点(100点満点中)

【あらすじ】

 アメリカ環境保護局の調査官ジャック・タガート(スティーヴン・セガール)は、同僚の調査官がケンタッキー州東部の町で有毒廃棄物の不当投棄事件の調査中に事故死にみせかけて殺された事件をきっかけに調査を引き継ぎ、町に入って調査をしていく。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 映画は、巨大企業の経営者であるオーリン(クリス・クリストファーソン)による様々な妨害行為とジャック・タガートとの戦いと、町で出会ったサラ・ケロッグ(マージ・ヘルゲンバーガー)という女性とジャック・タガートとの恋という2本のストーリーが描かれている。どちらのストーリーもうまく作られている。

 ジャック・タガートはオーリンの息子に証拠資料を提出させてFBIの協力を得て最後にはオーリンを逮捕する。

 ラストは、ジャック・タガートが事件を解決した後、サラ・ケロッグの家を訪れて一時の恋ではないことを行動で示してハッピーエンドで終わる。

 スティーヴン・セガールにしてはアクションシーンが地味目かもしれないが、アクションもしっかりと見せてくれている。

 サラ・ケロッグは町では父親を殺したことになっているが、実は父親を殺したのは兄のアル・ケロッグ(スティーブン・ラング)だということがジャック・タガートによって明らかになる。妹と無理矢理関係をもった兄のアルはそれを知った父親に叱責されて殺してしまったのである。アルは自分が刑務所に入れば成年なので実刑になってサラがひとりぼっちになってしまうから、未成年であるサラに身代わりに自首するように強要していたのである。

 アル・ケロッグはジャック・タガートに協力するふりをして彼を殺そうとするが、オーリンの息子等によって証拠の有毒廃棄物を隠滅するために投棄場所のトンネルを爆破され落盤事故で死んでしまう。

 映画の内容はそつなく作られていてそこそこ楽しめた。

 本作は、「沈黙の断崖」と沈黙がタイトルになっていて沈黙シリーズの1作品という位置づけになるが、「沈黙の戦艦」と「暴走特急」を除いて個々の作品の物語や登場人物に関連はないようである。また、ビデオ版のパッケージ裏でスティーヴン・セガールの「沈黙」シリーズの完結篇とされていたが、その後『沈黙の陰謀』という沈黙シリーズが作られているので、本作は完結ではない。

【キャスト】

ジャック・タガート(スティーヴン・セガール)
サラ・ケロッグ(マージ・ヘルゲンバーガー)
オーリン(クリス・クリストファーソン)
コットン(ハリー・ディーン・スタントン)
アル・ケロッグ(スティーブン・ラング)
オーリンJr(ブラッド・ハント)
ボブ・グッドール(レヴォン・ヘルム)
チック・ラーセン(ブルー・デッカート)
ロイド保安官(エド・ブルース)
ハッチ(マーク・コリー)
シムズ(アレックス・ハーヴェイ)
ピンプル(スコット・L・シュワルツ)
フィル・プラット(リチャード・メイサー)
ケン・アダムス(ランディ・トラヴィス)
フランク・エルキンズ(ジョン・ディール)
トッド(アーニー・ライブリー)
ヘンリー・カー(マイケル・マッティソン)
ミセス・カー(イボンヌ・ポラード)
クリスティーン・カー(ジュリー・ドーン・マリンズ)
ウォルター・カー(クレイ・ジーター)
アルベルタ・カー(チャーリー・J・エプリング)
ベッツィ・ハミル(ペギー・リン)
パッツィ・ハミル(パッツィ・リン)
店主(ダン・ビーン)
弁護士(デヴィッド・ブリスビン)
FBI捜査官(マイケル・クラウィック)
判事(エラライノ)

【スタッフ】

監督:フェリックス・エンリケス・アルカラ
製作:スティーヴン・セガール、ジュリアス・R・ナッソー
製作総指揮:ジェブ・スチュアート、ウィリアム・S・ギルモア
原案:ジェブ・スチュアート
脚本:ジェブ・スチュアート、フィリップ・モートン
音楽:ニック・グレニー=スミス
美術:ジョー・アルヴス
撮影:トム・ホートン
編集:ロバート・A・フェレッティ

Amazonで「沈黙の断崖」を探す
楽天市場で「沈黙の断崖」を探す

タグ:沈黙の断崖
過去ログ
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
検索
 
最近の記事
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。