今週のお知らせ

キラー・エリート

【初回限定生産】キラー・エリート ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

【映画情報】

題名:キラー・エリート(Killer Elite)
ジャンル:アクション・サスペンス
監督:ゲイリー・マッケンドリー
出演者:ジェイソン・ステイサム、クライヴ・オーウェン、ロバート・デニーロ
製作会社:アンビエンス・エンターテイメント
配給:オープン・ロード・フィルムズ、ショウゲート
公開:2011年9月23日[米国]、2012年5月12日[日本]
上映時間:116分
製作国:アメリカ合衆国、オーストラリア
言語:英語

【評価】
おすすめ度:79点(100点満点中)

【あらすじ・ストーリー・物語】

 1980年にメキシコで行った仕事がきっけで傭兵の殺し屋稼業に嫌気がさしたダニー・ブライス(ジェイソン・ステイサム)は足を洗って恋人と二人で平穏な暮らしを送っていた。ところが、ダニー・ブライスは仕事仲間で師匠でもあるハンター(ロバート・デ・ニーロ)が人質に取られたのを知る。ハンターは、オマーン族族長の息子たちを殺害した3人の元SAS隊員から殺しの自白を取り彼等を事故に見せかけて暗殺するという仕事に失敗したというのである。オマーン族族長はダニー・ブライスにハンターの身柄と多額の報酬の条件に仕事を引き継ぐことを要求する。ダニー・ブライスはハンターの解放を条件に仕事の依頼を引き受ける。

 ダニー・ブライスはデイヴィス(ドミニク・パーセル)とマイアー(エイデン・ヤング)という2人の仕事仲間を集め、彼等と特殊部隊チームを組んで作戦を実行していく。しかし、元SASの隊員スパイク(クライヴ・オーウェン)とSAS(英国特殊部隊)の兵士達が彼等を待ち受けていた。しかも、その背後にはSAS出身者たちが同じ元SAS隊員を過去の敵対者による報復攻撃から守るために結成した「フェザーメン(フェザー・メン)」と呼ばれる謎の秘密結社の存在があった。ダニー・ブライスは果たして仲間たちとミッションを無事に成功させることができるのか・・・?

【レビュー・感想・ネタバレ】

 映画を見始めた前半から中盤にかけては殺し屋達が3人の男を殺していくというだけの単調なお話で大して面白くはなく凡作かなと思い始めていたところ、後半になってダニー・ブライスとスパイク・ローガンの攻防が激しくなってきてかなり盛り上げってきた。

 ダニー・ブライスは仕事仲間のデイヴィス(ドミニク・パーセル)とマイアー(エイデン・ヤング)を失い、自分だけで最後の1人を襲撃する。しかし、最後の1人は殺さず、殺したようにみせかけて捏造して撮った証拠写真を手渡し、無事にハンターを解放させる。ところが、最後の男は犯人ではなく、息子たちを殺害した元SAS隊員は別にいると言われ、恋人への危害をほのめかされその男を殺すように要求される。ダニー・ブライスは追加のミッションを成功するも、スパイク・ローガンに捕まってしまう。ダニー・ブライスはスパイク・ローガンに仕事の依頼主を明かしてしまう。そこへ黒幕ともいえるイギリス政府のエージェントが現れて、三つ巴の格闘になりダニー・ブライスは逃げ出す。

 ダニー・ブライスは最後の標的の死体写真を持って依頼主のもとへ行くが、一歩先にスパイク・ローガンがオマーン族族長に会ってその死体写真の男は死んでいないと真実を伝える。その直後、スパイク・ローガンはオマーン族族長を殺害してしまう。報酬が入っているカバンを受け取ったスパイク・ローガンが建物から出て来て車に乗って行く後をダニー・ブライスとハンターが車で追い掛ける。ダニー・ブライスとハンターがスパイク・ローガンに追い着き三人は対峙する。ダニー・ブライスはスパイク・ローガンを殺さず、むしろ報酬の入ったカバンを置いていく。ハンターはカバンからいくらか紙幣を貰ってダニー・ブライスとハンターの2人は去る。

 ダニー・ブライスは恋人のもとへ戻る。

 映画は最後まで見ないと分からないという見本のような作品だった。本作の原作は、元SAS隊員で探検家のラナルフ・ファインズ自身が暗殺されかけたエピソードをもとにして書いた小説だということである。

【キャスト・配役・出演者】

ダニー・ブライス(ジェイソン・ステイサム)
スパイク・ローガン(クライヴ・オーウェン)
ハンター(ロバート・デ・ニーロ)
デイヴィス(ドミニク・パーセル)
マイアー(エイデン・ヤング)
アン・フレーザー(イヴォンヌ・ストラホフスキー)
代理人(アドウェール・アキノエ=アグバエ)
バヒト(フィラス・ディラーニ)
司令官(ニック・テイト)
フィッツ(ビリー・ブラウン)
官僚(デイヴィッド・ホワイトリー)
バザ(ブレンダン・チャールソン)
マーティン(ベン・メンデルソーン)
ペノック(マシュー・ナブル)
クレッグ(グラント・バウラー)
マッキャン(ダニエル・ロバーツ)
キャンベル(スチュワート・モリット)
ハリス(ラッキー・ヒューム)
サンディー(サンディー・グリーンウッド)
ダイアン(ジェイミー・マクダウェル)
客室乗務員(ケイト・ニールソン)

【スタッフ】

監督:ゲイリー・マッケンドリー
原作:ラナルフ・ファインズ『The Fether Men』(日本語翻訳書名「キラー・エリート」)
脚本:マット・シェリング
製作:シガージョン・サイヴァッツォン、スティーヴン・チャスマン
製作総指揮:クリストファー・マップ
撮影:サイモン・ダガン
編集:ジョン・ギルバート

Amazonで「キラー・エリート」を探す
楽天市場で「キラー・エリート」を探す

キリング・ショット

キリング・ショット Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

【映画情報】

題名:キリング・ショット(きりんぐ・しょっと、原題:Catch.44)
ジャンル:クライム・サスペンス
監督:アーロン・ハーヴェイ
出演者:ブルース・ウィリス、マリン・アッカーマン、デボラ・アン・ウォール、ニッキー・リード、フォレスト・ウィテカー
配給:プレシディオ
公開:2011年12月9日[米国]、2012年4月7日[日本]
上映時間:94分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:62点(100点満点中)

【あらすじ・ストーリー・物語】

 ラスベガスの郊外にあるダイナーでテス(マリン・アッカーマン)とドーン(デボラ・アン・ウォール)とカラ(ニッキー・リード)の3人は時間に遅れたせいなのか取引相手が現れないことに待ちきれなくなって事情を聞き出そうと銃を取り出してその場にいた人たちを威嚇する。ところが、予想に反して銃撃戦になってしまい、ドーンとカラの姉妹は銃で撃たれて死んでしまう。

 彼女たちは犯罪組織のボスであるメル(ブルース・ウィリス)からの仕事に依頼で、メルの縄張りで麻薬取引をしてシマを荒らしている相手の正体を突き止めるため取引場所のダイナーへやって来たのだった。

 ダイナーの店内で3人が銃を構えたとき、ウェイトレスがテーブル下に隠しておいたライフル銃を取り出しカラを射殺する。それを見たドーンが姉妹を殺された怒りでウェイトレスを銃殺する。すると、トラック運転手が拳銃を持ちドーンを銃殺してしまう。そして、3人の中で生き残ったのはテス一人だけだった。

 そこへ店の奥からコックのビリー(シェー・ウィガム)が登場し、ライフルをテスに向けて構える。テスは、前回の仕事に失敗したテスとドーンとカラを始末するようにメルから依頼されていたのである。テスとドーンとカラの3人が依頼された仕事は自分たちを始末するための罠だったのである。しかし、テスはメルを信じ切っていて、ビリーの話を信じようとしない。

 テスとビリーはお互いに銃を向け合っているところへ、今度は自称「配達人」の殺し屋のロニー(フォレスト・ウィテカー)が現れる。ロニーはテスに恋していて、テスにビリーを殺して、ビリーがテスから貰った報酬の金を持って二人で逃げようと誘う。ビリーは自分を殺した後、ロニーはお前を殺すとテスを説得しようとする。二人の言い分のうちどちらが正しいのか混乱するテス。3人の睨み合いが続いた後、テスが銃をロニーに向けた瞬間、ダイナーの店内で銃声が鳴り響く。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 この映画は、現在の時間軸を中心に過去と現在を行ったり来たりしながら現在の時間が進行していくという形式を取っていて、徐々に明らかになっていく筋書きとともに登場人物たちの心理戦が進んでいくという巧みな構成になっている。見ていて非常に面白かった。脚本の妙味といえよう。 

 ところが、それはラストまでの話で、結末ではそのあっけない終わりに面白さが吹っ飛んでしまった。どうしてこんな終わり方にしてしまったのか。ラストまで面白かったのに残念でならない。

 以下は銃声してからの続きの話である。銃声が鳴り響いた後、しばらくして、メルがダイナーへやって来る。テスとビリーは死体となっていて、血まみれになったロニーがテーブルで酒を飲んでいる。メルは銃でロニーの右頭部を吹き飛ばして殺してしまう。メルは店を出ようとしたところを背後からテスに銃で撃たれて死んでしまう。死んだと思われたテスは生きていて死んだふりをしていたのである。テスはメルが乗って来た車にいた手下を銃で脅して、メルの車に乗って去って行く。

【キャスト】

メル(ブルース・ウィリス)
テス(マリン・アッカーマン)
ドーン(デボラ・アン・ウォール)
カラ(ニッキー・リード)
ロニー(フォレスト・ウィテカー)
ビリー(シェー・ウィガム)
コナーズ保安官(ブラッド・ドゥーリフ)
フランシーヌ(ジル・ストークスベリー)
エルモア保安官代理(P・J・マーシャル)
デイビッド(ダン・シルバー)
ブランドン(マイケル・ローゼンバウム)
ウェイトレス(アイボリー・ドーチ)

【スタッフ】

監督:アーロン・ハーヴェイ
脚本:アーロン・ハーヴェイ
製作:マイケル・ベナローヤ、ミーガン・エリソン、ランダル・エメット
製作総指揮:ロバート・オグデン・バーナム、マイケル・コーソ、カシアン・エルウェス、ジョージ・ファーラ、アンソニー・グダス、アヴラム“ブッチ”・カプラン、ヘンリー・カープ、ホールデン・オストリン、テッド・シッパー、ニール・ウェクスラー
撮影:ジェフ・カッター
編集:リチャード・バイアード

Amazonで「キリング・ショット」を探す
楽天市場で「キリング・ショット」を探す

96時間

96時間 [Blu-ray]

【映画情報】

題名:96時間(きゅうじゅうろくじかん、原題:Taken)
シリーズ:96時間シリーズ第1作目
ジャンル:アクションサスペンス
監督:ピエール・モレル
出演者:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン
配給:20世紀フォックス
公開:2008年2月27日[仏蘭西]、2009年1月30日[米国]、2009年8月22日[日本]
上映時間:93分
製作国:フランス
言語:英語、フランス語、アルバニア語、アラビア語

【評価】

おすすめ度:82点(100点満点中)

【あらすじ・ストーリー・物語】

 ブライアン・ミルズ(リーアム・ニーソン)は17歳になる娘のキム・ミルズ(マギー・グレイス)ためにCIAの秘密工作員の仕事を引退しカリフォルニア州で暮らしている。ブライアン・ミルズは妻のレノーア(ファムケ・ヤンセン)と離婚したため、娘のキム・ミルズは母親の再婚相手であるスチュアート(ザンダー・バークレー)の家で母親と一緒に暮らしている。ブライアン・ミルズにとって娘のキム・ミルズは生き甲斐であり、娘に会うことが唯一の楽しみとなっている。

 そんなある日、娘のキムに会いたいと呼ばれたブライアンは、母親のレノーアも同席で、友だちのアマンダ(ケイティ・キャシディ)と美術館巡りをしたいのでアマンダの親戚の家に泊まるからパリへ旅行する同意書を実父として書いて欲しいと告げられる。ブライアンは娘のキムのことが心配でパリ旅行への許可はできないとサインを拒む。しかし、結局、ブライアンは折れて定時に連絡を入れること条件にパリ旅行を許可する。ところが、出発前の空港でブライアンは娘の旅行の目的が美術館巡りではなくロックバンドを追っかけで仏蘭西以外の国にも行くことを知る。

 キムとアマンダはフランスの空港で声をかけてきた青年とタクシーの相乗りをしてアマンダの親戚の家へ行く。青年はキムとアマンダの部屋を聞き、アマンダは青年とまた会う約束までする。ところが、その青年は犯罪組織の回し者で人身売買で高く売れる娘の居場所を突き止める役だった。キムは部屋に入るとアマンダの親戚がいないことを知る。ブライアンからかかってきた電話で話していたところ、キムは部屋の向こう側でアマンダが男達の襲われているのを目撃する。

 娘の危険を察知したブライアンは浴室にいたキムに寝室のベッドの下へ隠れるように指示する、お前もきっと捕まるはずだから相手の男たちの特徴を電話口で話すようにと指示する。案の定、キムは男達に捕まり拉致されてしまう。その後、キムの電話を拾った犯人に「お前が何者なのかは知らない。何が目的かもわからない。身代金を望んでいるなら、言っておくが、金はない。だが、俺は闇のキャリアで身につけた特殊な能力がある。お前らが恐れる能力だ。娘を返すなら、見逃してやる。だが返さないならお前を捜し、お前を追い詰め、そしてお前を殺す。」と脅す。

 ブライアンは娘のキムを救出し取り戻すためパリへ向かう。かつての同僚仲間からは96時間以内にキムを探し出さないともう探せなくなってしまうとタイムリミットを告げられる。誘拐事件の場合、その被害者が無事でいられると考えられる猶予期間は96時間だからである。パリに着いたブライアンはキムのいた部屋を調べて証拠を見つける。

 ブライアンはキムとアマンダの写真に写っていた青年を突き止め追い掛けるが逃亡中にトラックに衝突し事故死してしまう。せっかくの手掛かりを失ったかに思えたが、ブライアンはかつての同僚だった人物に会い、アルバニア系人種の人身売買組織の犯人がいそうな場所の情報提供を受ける。そして、その場所にいた男から犯人たちの隠れ家を聞き出し、隠れ家に赴いたブライアンは犯人たちと乱闘になり全員を殺してしまうが、その場にいた犯人の一人からキムがいそうな売春が行われている工事現場を聞き出す。

 ブライアンが工事現場へ行くと、キムの友だちのアマンダは麻薬中毒で死んでいた。その場所でキムの洋服を持っている女性を見つけ彼女を工事現場から連れ出す。そして、彼女からキムのいそうな場所を聞き出す。ブライアンがその場所へ行くと、キムは人身売買の会場へ連れて行かれた後だった。ブライアンは敵に捕まってしまうが、何とか敵を倒して人身売買の会場へ行く。そして、オークションにかけられているキムの姿を目撃する。しかし、キムは会場から船へと連れ去られてしまう。ブライアンは船を追い掛け乗り込み、敵を倒して、キムを買った中年男を射殺してキムの救出に成功する。

【レビュー・感想・ネタバレ】

《2回目》

 本作は2010年10月05日に見たことがあるので今回で見るのは2回目になる。数年前に見ていたこともあってかなり内容を覚えていた。そういうこともあって最初に見た時ほど先の見えない展開にハラハラさせられるということはなかった。それでも1回目に見たときの感想を訂正する必要はなかった。

《1回目》

 映画の予告で、何者かによって拉致された娘を救出するために父親が立ち上がり戦いを挑むという話だということは分かっていた。使い古されたような物語で今更という思いもあって見る前はあまり気乗りはしなかった。それがどうだろう。見始めるとこれは久しぶりの本格的なアクション映画だと気がついて、映画の世界にどんどん引き込まれていった。

 リーアム・ニーソンというとちょっと優しい感じがしてアクションには似合わないと思っていたのだけれど、この映画ではリーアム・ニーソン演じるブライアン・ミルズが中年のオヤジなのにアクションがカッコイイのである。第一級のアクション映画といい。

 ブライアン・ミルズが拉致された娘のキム・ミルズをわずかな手掛かりから追跡していく過程も見物であった。

 これは見て良かった。

【キャスト・配役・出演者】

ブライアン・ミルズ(リーアム・ニーソン)
キム・ミルズ(マギー・グレイス)
レノーア(ファムケ・ヤンセン)
ジャン=クロード(オリヴィエ・ラブルダン)
スチュアート(ザンダー・バークレー)
サム(リーランド・オーサー)
ケイシー(ジョン・グリース)
バーニー(デヴィッド・ウォーショフスキー)
シーラ(ホリー・バランス)
アマンダ(ケイティ・キャシディ)
パトリス・サンクレア(ジェラール・ワトキンス)
ピーター(ニコラス・ジロー)
ビクター(ネイサン・リッピー)
イザベル(カミーユ・ジャピィ)

【スタッフ】

監督:ピエール・モレル
製作総指揮:ディディエ・オアロ
製作:リュック・ベッソン
脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン
音楽:ナサニエル・メカリー
撮影監督:ミシェル・アブラモヴィッチ
編集:フレデリック・トラヴァル

Amaznで「96時間」を探す
楽天市場で「96時間」を探す

タグ:96時間
過去ログ
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
検索
 
最近の記事
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。