今週のお知らせ

LOVE まさお君が行く!

LOVE まさお君が行く! Blu-ray【愛蔵版】(初回限定版 2枚組 ※本編BD+特典DVD)

【映画情報】

題名:LOVE まさお君が行く!(ラブ まさおくんがゆく)
ジャンル:動物
監督:大谷健太郎
出演者:香取慎吾、広末涼子、成海璃子、光石研
製作会社:シネバザール
配給:松竹
公開:2012年6月23日
上映時間:109分
製作国:日本
言語:日本語

【評価】

おすすめ度:56点(100点満点中)

【あらすじ・ストーリー・物語】

 売れない芸人の松本秀樹(香取慎吾)は新しく始まるテレビ東京系の動物バラエティ番組「ペット大集合!ポチたま」というテレビ番組にラブラドール・レトリーバーのまさお君と出演することが決まる。松本君の出演が決まったのはギャラが安いという理由からだった。同様に、まさお君に決まったのは何一つ芸のできないダメ犬だったためギャラが安かったからだ。

 松本君には、須永里美(広末涼子)という幼なじみの恋人がいる。彼女は売れない彼を10年間も支えてくれていた。ところが、そんな彼女も兄の須永真一(木下隆行)からお見合いを薦められ、実家へ帰って来るようにと説得される。彼女は松本君と別れる決心をして田舎へ帰ってしまう。

 番組の撮影が始まると、松本君は大食いで怪力のまさお君に振り回される場面に視聴者からクレームがきてしまう始末。それでも、番組が進むにつれていつしか天真爛漫で愛嬌のあるまさお君にファンが出て来て人気者になっていく。そして、全国をまわるうちに二人を応援する視聴者も増えてくる。

 そんなまさお君も出会った黒いラブラドール・レトリーバーに一目惚れし結婚をすることになる。

 番組の撮影の途上、松本君は恋人だた須永里美の結婚式に遭遇し、その式場でまさお君が大暴れ。しかし、式は彼女の兄の須永真一と村上多恵(大久保佳代子)の結婚式だった。松本君は彼女に自分の気持ちを伝え二人は寄りを戻すことになる。

 ところが、ある日、松本君はまさお君の命が長くないことを知る。 

【レビュー・感想・ネタバレ】

 私はこの映画を見ているときはてっきりフィクションだと思って見ていた。しかも、映画の内容からして子ども向けの作品なのではないかと思ったりしていた。映画を見た後、テレビ東京の動物バラエティ「ペット大集合!ポチたま」内のコーナー「まさお君が行く!ポチたまペットの旅」に出演していたまさお君と松本君の実話をもとに一部フィクションも交えて映画化された作品だと知った。もし同番組のことを知っていて、さらにその番組を見ていたら、私の感想も懐かしさや共感をもってもう少し違っていたかもしれないと思える。

 ラストでは、まさお君は亡くなってしまう。まさお君の死後、大勢の視聴者がテレビ局へ駆けつけ、献花台が設けられることになる。

【キャスト・配役・出演者】

松本秀樹(香取慎吾)
須永里美(広末涼子)
吉野水希(成海璃子)
川原茂雄(光石研)
松本祐三(浅野和之)
松本きぬ(左時枝)
須永真一(木下隆行[TKO])
村上多恵(大久保佳代子[オアシズ])
黒田光男(神田瀧夢)
町村竹雄(小野武彦)
辻浩平(寺島進)
ナレーション(小倉久寛)

【スタッフ】

監督:大谷健太郎
脚本:高橋泉
製作総指揮:井澤昌平
エグゼクティブ・プロデューサー:深沢幹彦、関根真吾
プロデューサー:五箇公貴、池田史嗣、和田倉和利、福島聡司
撮影:釘宮慎治
美術:中山慎
照明:田辺浩
録音:松本昇和
編集:張本征治
助監督:山口晃二
製作担当:守田健二
キャスティング:杉野剛
音楽:上田禎
音楽プロデューサー:安井輝
ドッグトレーナー:鈴木和夫
製作:2012「LOVE まさお君が行く!」製作委員会(テレビ東京、松竹、ジェイ・ドリーム、キングレコード、ポニーキャニオン、博報堂DYメディアパートナーズ、BSジャパン、小学館、テレビ大阪、テレビ愛知、朝日新聞社、シネバザール)
制作プロダクション:シネバザール
企画:テレビ東京

【楽曲】

主題歌:「君は僕だ」(作詞:秋元康、歌:前田敦子)

Amazonで「LOVE まさお君が行く」を探す
楽天市場で「LOVE まさお君が行く」を探す

過去ログ
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
検索
 
最近の記事
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。