今週のお知らせ

DOG×POLICE 純白の絆

DOG×POLICE 純白の絆 [Blu-ray]

【映画情報】

題名:DOG×POLICE 純白の絆(』(ドッグポリス じゅんぱくのきずな)
ジャンル:警察ドラマ
監督:七高剛
出演者:市原隼人、戸田恵梨香、時任三郎
製作会社:「DOG×POLICE」FILM PARTNERS
配給:東宝
公開:2011年10月1日
上映時間:104分
製作国:日本
言語:日本語

【評価】

おすすめ度:56点(100点満点中)

【あらすじ・ストーリー・物語】

 亡き父と同じ警察官になった早川勇作(市原隼人)は刑事になりたいため手柄が欲しくて犯人逮捕に熱心なあまり単独行動をしがち。ショッピングセンターでの爆破事件の現場で職務中、野次馬の見物人の中で目をそらした人物を犯人と早とちりして単独追跡をしてしまう。それが原因で、警視庁警備部警備二課装備第四係に転属になってしまう。そこは警備犬とハンドラーが所属する警備犬の訓練所だった。刑事になりたかった早川勇作は転属先の新たな部署である職場に来て落胆する。

 係長の向井寛(時任三郎)の指示で早川勇作は女性警察官の水野夏希(戸田恵梨香)のもとについて指導を受けることになる。早川勇作のバディを選ぶため施設を訪れると、そこには以前獣医を連れて行った先で生まれた劣勢遺伝(アルビノ)で生まれたシロと出会うことになる。ハンディキャップを持って生まれたシロには警備犬は無理だという意見に早川勇作は向井寛にシロを自分のバディにしたいと申し出て認められる。水野夏希の指導のもと早川勇作とシロの訓練が始まる。

 連続爆破事件の犯人から爆弾を仕掛けたと予告のなったアウトレットモールへ要請を受けた装備第四係も出動して警備犬の活躍で無事に爆弾を発見する。その後、水野夏希のバディ犬のブランドが火薬の匂いに反応を見せる。水野夏希は本部に連絡しようとするが、それでは犯人を取り逃がしてしまうと言う早川勇作の言葉に従い、ブランドに追跡を続行させる。そして、一台の車に行き当たる。水野夏希はブランドを車に向かわせるが、早川勇作はおかしいことに気づきブランドを止めようとした瞬間、車が爆発しブランドは巻き込まれてしまう。幸いブレンドは足の骨折だけで済むが、爆破事故で被害を負ったブランドは警備犬としては働けないと言われてしまう。

 早川勇作は母親譲りのシロの嗅覚の優秀性に気づき、爆弾の捜索の訓練を申し出て認められる。

 再び、連続爆破事件の犯人から今度は警備犬も見つけられない爆弾を仕掛けたと予告がある。前回の失敗で装備第四係は要請がなかったものの向井寛の判断で予告があった米国の有名起業家の講演会場のある施設へ出動することになる。シロのおかけで早川勇作と水野夏希は爆弾を発見する。その後、施設前の広場に犯人がいることを突き止め、犯人が音が聞こえないことを逆手にとって大勢の人がいる中で早川勇作は発砲する。自分が犯人だとバレた男は爆弾を放って逃走を始める。早川勇作は犯人を追い掛けて追跡する。地下鉄の線路脇にある場所で犯人と格闘になり、拳銃の発砲が原因で崩れ落ちた機材の下敷きになり犯人は死亡する。早川勇作も下敷きになって身動きが取れなくなってしまう。その場所では犯人が置いていた時限爆弾が作動していた。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 本作を見るのは今回で2回目である。1回目のときはレンタルショップで誤って準新作のときに借りてしまって見た。レンタル料を高めに支払ったこともあって、見終わったときのつまらなさにがっかりしたことを覚えている。

 今回は2回目になるのだけれで、やはりこの映画はいかにも作り物といった筋書きと演出が目立っていた。つくる側のご都合主義になっていてツッコミどころが多い。

 それでも、本作を見ることで、警察犬しか知らなかった私は警備犬というものもあるのだと知ることができた。警察犬は主に捜査活動に利用されている犬である。それに対して、警備犬は爆発物の捜索やテロリストの制圧、災害救助などの警備任務に利用されている犬である。

 映画のラストでは、シロが水野夏希を呼んで来て、水野夏希が早川勇作に肩を貸して爆弾のある場所から出た後、爆弾が爆発する。早川勇作は水野夏希を庇い彼女の上になる。負傷し気を失っていた早川勇作は病院で目覚める。水野夏希は警備犬として諦めていたブランドと訓練することにする。

【キャスト・配役・出演者】

早川勇作(市原隼人)
水野夏希(戸田恵梨香)
竹清悟(村上淳)
西村孝(カンニング竹山)
永井孝介(阿部進之介)
村岡総一郎(矢島健一)
田尻泰治(堀部圭亮)
近藤篤史(相島一之)
鈴木博之(小林且弥)
佐久間警備局長(本田博太郎)
有吉宗太郎(きたろう)
斉藤均(伊武雅刀)
(松金よね子)
(神尾佑)
(小柳心)
宙音ミク(声:豊崎愛生)
久坂亨(若葉竜也)
大塚直樹(松重豊)
向井寛(時任三郎)

【スタッフ】

監督:七高剛
企画プロデュース:佐藤貴博
原案: 小森陽一
脚本:大石哲也
音楽:佐藤直紀
撮影:斉藤幸一
美術:原田恭明
照明:豊見山明長
録音:芦原邦雄
ドッグトレーナー:鈴木和夫
アクション監督:下村勇二
製作:「DOG×POLICE」FILM PARTNERS(日本テレビ放送網、東宝、讀賣テレビ放送、バップ、D.N.ドリームパートナーズ、ツインズジャパン、札幌テレビ放送、宮城テレビ放送、静岡第一テレビ、中京テレビ放送、広島テレビ放送、福岡放送)
制作プロダクション:ツインズジャパン
企画・製作幹事:日本テレビ放送網

【楽曲】

主題歌:シクラメン「僕の宝物」(トイズファクトリー)

【ロケ地】

神戸市(ハーバーランド、ポートアイランド市民広場)、滋賀県(ビバシティ彦根)、広島市の「基町クレド・パセーラ」

Amazonで「DOG×POLICE 純白の絆」を探す
楽天市場で「DOG×POLICE 純白の絆」を探す

飛び出した女大名

【映画情報】

題名:飛び出した女大名(とびだしたおんなだいみょう)
シリーズ:『元禄女大名』の姉妹版
ジャンル:ミュージカル時代劇
監督:安田公義
出演:勝新太郎、中田康子
製作年:1961年
上映時間:82分、83分、1時間24分
配給:大映
製作国:日本
言語:日本語

【評価】

おすすめ度:46点(100点満点中)


【あらすじ・ストーリー】

 堀尾家の若君と見合いをするため、伯母の爾光院(武智豊子)に江戸屋敷に呼び出された三日月藩の息女である春姫(中田康子) は、食べ物の好みにうるさく賄方下役の鯖江半太郎(勝新太郎) の気苦労は絶えなかった。江戸滞在中のある夜、春姫はお忍びで江戸屋敷を抜け出して町へと遊びに繰り出す。そこで、鯖江半太郎と春姫は出会うがお互いの正体のことを知らないまま遊び仲間になってしまう。

 そんな時、おみね(伊藤エミ)とおみよ(伊藤ユミ)の姉妹が両親の茂兵衛(浅尾奥山) とおすぎ(浦辺粂子)に大名屋敷の腰元になっているという嘘をついていることが分かる。鯖江半太郎は姉妹の両親を喜ばせて安心させてやろうと春姫を偽の姫様に二人を腰元に仕立ててと家臣も揃えて一芝居打つことにする。ところがその当日、鯖江半太郎は牢に閉じ込められてしまう。

 鯖江半太郎がいないまま、三日月藩の別邸にて芝居が行われ、芝居に参加した一座の者は偽の姫様が本物の姫様だと知る。そこへ爾光院と駒田覚左衛門(見明凡太朗)が駆けつける。その後すぐに鯖江半太郎もやって来る。事情を知った爾光院と駒田覚左衛門はその場を立ち去る。その際、爾光院は鯖江半太郎に一千石を加増する。

 その後、仲間の梶原源之助(水原弘)は堀尾家の家臣で姫の人柄や行状を調べていたことが分かる。今回の一件で梶原源之助は上役に立派な姫だと伝えると鯖江半太郎に約束する。

 ラストは、堀尾家へ向かう春姫のお輿入れの行列が並んでいるのが映り終わる。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 この映画にはザ・ピーナッツと水原弘さんが出演していて懐かしかった。

 映画では鯖江半太郎と春姫が結ばれるのかなと思っていたら、そんなことはなかった。二人の地位を考えてみれば当たり前のことなのだが、そこは映画というか、あり得ない話を作り上げてしまっても良かったのではないか。せめて二人が恋仲になって、結ばれなくても、悲しい別れを描くとか、そうした出来事があったも良かったのではと思う。

 結局、鯖江半太郎と春姫は遊び仲間として仲良くはなるがそれで終わりだった。 春姫が堀尾家へお輿入れしても、鯖江半太郎は別に悲しむとか寂しがるという風もなくあっさりしたものだった。

【キャスト・配役・出演者】

鯖江半太郎(勝新太郎)
春姫(中田康子)
おみね(伊藤エミ)
おみよ(伊藤ユミ)
梶原源之助(水原弘)
楓(津村愛子)
荻江(潮千砂)
浪路(山口昇子)
新公(大川修)
雪之丞(嵐冠十郎)
爾光院(武智豊子)
おすぎ(浦辺粂子)
賄頭権兵衛(寺島雄作)
鹿野十太夫(水原浩一)
般若の鬼造(嵐三右衛門)
駒田覚左衛門(見明凡太朗)
乾分丑五郎(伊達三郎)
茂兵衛(浅尾奥山)
磯田甚兵衛(石原須磨男)
小郡弾正(玉置一恵)
牢番甲(沖時男)
牢番乙(藤川準)
三日月藩士(岩田正)

【スタッフ】

企画:浅井昭三郎
脚本:松村正温
監督:安田公義
撮影:牧田行正
音楽:中村八大
美術:加藤茂
照明:加藤博也
録音:奥村雅弘
スチール:松浦康雄
編集:西田重雄

Amazonで「飛び出した女大名」を探す
楽天市場で「飛び出した女大名」を探す

過去ログ
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
検索
 
最近の記事
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。