今週のお知らせ

家族

あの頃映画 家族 [DVD]

【映画情報】

題名:家族(かぞく)
シリーズ作品:民子三部作の第1作目
ジャンル:家族ドラマ、ヒューマン・ロードムービー
監督:山田洋次
出演者:倍賞千恵子、井川比佐志、笠智衆
配給:松竹
公開:1970年10月24日
上映時間:106分
製作国:日本
言語:日本語

【評価】

おすすめ度:80点(100点満点中)

【あらすじ】

 以前から酪農が夢だった風見精一(井川比佐志)は、既に北海道の開拓村で酪農をやっていた沢亮太(塚本信夫)からの誘いを受けて自分も北海道標津郡中標津町の開拓村へ行く決意をする。妻の風見民子(倍賞千恵子)は精一が農業などの肉体労働をやっったことがないこと、年老いた義父や幼い赤ちゃんがいることもあって移住に反対する。妻の反対もあって、風見精一は家族を故郷の長崎県伊王島に残して単身で行くことにする。ところが、風見精一の決意が堅いことを知った風見民子は夫と共に北海道の開拓村へ行く決心をする。

 風見一家は全員そろって伊王島から旅立つ日が来る。祖父の風見源蔵(笠智衆)は高齢ということもあって本人の希望で次男の風見力(前田吟)で厄介になることになっていた。そのため、途中の広島県福山市で下車して次男夫婦の家へ寄る。ところが、次男夫婦が必ずしも祖父を歓迎していないことを知った風見民子は、祖父も一緒に北海道へ行くことを発案する。

 一家は昼食を取るため途中大阪駅で下車する。その序でに、大阪で開催されている日本万国博覧会を会場の外から見物する。一家が東京に着くと、風見民子は赤ちゃんの風見早苗(瀬尾千亜紀)の具合が悪いことに気がつく。小児科のある病院をあちこち探してやっと駆け込んだときは手遅れで早苗は亡くなってしまう。一家は早苗の火葬を済ませると北海道を目指して旅を続ける。

 ようやく北海道標津郡中標津町に到着したとき全員がくたくたに疲れてしまっていた。翌日の晩、一家は地元の人たちに歓迎会を開いてもらう。お酒を飲んで上機嫌となった祖父の風見源蔵は炭坑節を披露する。ところが、翌朝風見源蔵は亡くなってしまう。自分が移住を決めたせいで早苗と源蔵の二人がなくなったと後悔する風見精一に妻の民子が慰め励ます。

 それから6月になって中標津町の牧草地も辺り一面が緑色になる春がやってくる。牧場に一頭の雌の牛が生まれる。一家にとってはじめての自分たちの牛となる。沢亮太から今度生まれた牛が雌だったらその牛をあげると言われていたのである。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 この映画は、長崎県伊王島から北海道標津郡中標津町へ風見一家が引越の移動をするだけの単純なストーリーで構成されている話である。風見一家の大移動をドキュメンタリータッチで描いているだけなのに飽きさせず退屈させない内容となっていた。

 私は一家全員が北海道へ行くものとばかり思っていたので、まさか途中で風見早苗が亡くなってしまうなんて思っていなかった。北海道へ着いてからさらに、源蔵まで亡くなるとは予想外の出来事だった。

 当時を知る者としては非常に懐かしい風景を見ることができた。

 また、迫るような音楽が印象的だった。

【キャスト】

風見精一[長男](井川比佐志)
風見民子[長男の嫁](倍賞千恵子)
風見剛[長男の子](木下剛志)
風見早苗[長男の子](瀬尾千亜紀)
風見源蔵[祖父](笠智衆)
風見力[次男](前田吟)
風見澄江[次男の嫁](富山真沙子)
風見学[次男の子](竹田一博)
風見隆(池田秀一)
沢亮太(塚本信夫)
沢みさお(松田友絵)
チンケ(花沢徳衛)
東京の宿屋の主人(森川信)
ハナ肇とクレージーキャッツ(本人)
行きずりの旅人[青函連絡船→函館駅](渥美清)
行きずりの旅人(春川ますみ)
長崎本線急行の乗客(太宰久雄)
丹野先生(梅野泰靖)
東京での通りがかりの人(三崎千恵子)

【スタッフ】

監督:山田洋次
脚本:山田洋次、宮崎晃
製作:三嶋与四治、小角恒雄
音楽:佐藤勝
美術:佐藤公信
撮影:高羽哲夫
編集:石井巌

Amazonで「家族」を探す
楽天市場で「家族 山田洋次」を探す



タグ:家族

風が強く吹いている

風が強く吹いている [Blu-ray]

【映画情報】

題名:風が強く吹いている(かぜがつよくふいている)
ジャンル:青春スポーツドラマ
監督:大森寿美男
出演者:小出恵介、林遣都、中村優一、川村陽介、橋本淳、森廉、内野謙太、ダンテ・カーヴァー、斉藤慶太、斉藤祥太
配給:松竹
公開:2009年10月31日
製作国:日本
言語:日本語

【評価】

おすすめ度:82点(100点満点中)

【あらすじ】

 寛政大学4年の清瀬灰二(小出恵介)が中心となって竹青荘(通称アオタケ)に住む陸上部の寮生10人が箱根駅伝を目指すという物語である。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 箱根駅伝を題材にした珍しい映画である。

 陸上をやっていたのは清瀬灰二(小出恵介)と蔵原走(林遣都)の二人だけで、しかも清瀬灰二は脚に古傷を抱えており、残る8人は素人という陸上部の部員で果たして箱根駅伝に出場できるのかというのが焦点になっている。

 寛政大学4は見事に箱根駅伝への出場を果たす。駅伝シーンもなかなかのものだった。ただし、ラストでの清瀬灰二の場面はおかしかった。清瀬灰二はレース途中で手術した右膝が再び剥離骨折してしまい歩くのでさえ大変な様子であそこまで痛そうなら前へ進むのは無理だろう、途中棄権しかないと思われるのに、なぜか脚を引きずりながらもゴールしてしまう。演出としてわからないわけではないが、もう少し自然な演出にして欲しかった。

 本作を見て、箱根駅伝の出場校がどのようにして決まるのかを初めて知ることができた。走る楽しさ、箱根駅伝で走れるうれしさや楽しさが伝わってくるようだった。

 ラストでは納得できない面はあるものの、全体的には良く出来た青春スポーツドラマであった。

【キャスト】

ハイジ[清瀬灰二・キヨセハイジ](小出恵介)
カケル[蔵原走・クラハラカケル](林遣都)
キング[坂口洋平・サカグチヨウヘイ](内野謙太)
ニコチャン[平田彰宏・ヒラタアキヒロ](川村陽介)
ユキ[岩倉雪彦・イワクラユキヒコ](森廉)
神童[杉山高志・スギヤマタカシ](橋本淳)
ジョージ[城次郎・ジョウジロウ](斉藤祥太)
ムサ[ムサ・カマラ](ダンテ・カーヴァー)
王子[柏崎茜・カシワザキアカネ](中村優一)
勝田葉菜子[カツタハナコ](水沢エレナ)
藤岡一真[フジオカカズマ](渡辺大)
榊浩介[サカキコウスケ](五十嵐隼士)
田崎源一郎[タザキゲンイチロウ](津川雅彦)
神童の母(和久井映見[声の出演、友情出演])
寛政大学事務局員(高橋ひとみ[友情出演])
東京体育大学陸上部コーチ(近藤芳正[友情出演])
カケルの高校時代の陸上部監督(寺脇康文[特別出演])
ハイジの主治医(鈴木京香[特別出演])

【スタッフ】

原作:三浦しをん『『風が強く吹いている』
企画:鈴木光
プロデューサー:坂本忠久
脚本・監督:大森寿美男
音楽:千住明
音楽プロデューサー:長崎行男
撮影:佐光朗
照明:加瀬弘行
美術:小澤秀高
装飾:西渕浩祐
録音:林大輔
音響効果:伊藤進一
編集:田中愼二
ラインプロデューサー:森太郎
キャスティングプロデューサー:名須川伸吾
VFXプロデューサー:石井教雄
監督補:中西健二
助監督:猪腰弘之
制作担当:関浩紀 松井聡子
制作主任:大田康一
制作進行:池田南 後藤一郎 湯澤布由子
制作デスク:川崎いづみ
製作委員会メンバー:松竹、光和インターナショナル、バンダイビジュアル、キノシタ・マネージメント、博報堂DYメディアパートナーズ、読売新聞、京王エージェンシー、衛星劇場

Amazonで「風が強く吹いている」を探す
楽天市場で「風が強く吹いている」を探す

過去ログ
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
検索
 
最近の記事
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。