今週のお知らせ

ダーク・シャドウ(2012年)

ダーク・シャドウ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

【映画情報】

題名:ダーク・シャドウ(原題:Dark Shadows)
ジャンル:ファンタジー・ドラマ、ブラック・ファンタジー
監督:ティム・バートン
出演者:ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、エヴァ・グリーン、ベラ・ヒースコート
配給:ワーナー・ブラザーズ
公開:2012年5月11日[米国]、2012年5月19日[日本]
上映時間:114分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:80点(100点満点中)

【あらすじ・ストーリー・物語】

 1752年に、ジョシュア・コリンズ(イヴァン・ケイ)とナオミ・コリンズ夫妻は幼い息子のバーナバスと連れてイギリスのリバプールを出航しアメリカへと渡る。ジョシュア・コリンズがメイン州コリンズポートの町で始めた事業が成功し、コリンズ一家は繁栄し富裕となる。20年後、バーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)はコリンウッド荘園の所有者となっていた。

 バーナバス・コリンズは使用人のアンジェリーク・ボーチャード(エヴァ・グリーン)と関係をもつが彼女を捨てる。ところが、アンジェリークは魔女だった。アンジェリークは彼の両親を殺し、婚約者のジョゼット・デュプレ(ベラ・ヒースコート)を自殺させてしまう。また、バーナバス自身もヴァンパイアにされてしまい、さらに生き埋めにされてしまう。

 2世紀後の1972年になってバーナバスは偶然工事のおかげで棺から出ることができコリンウッド荘園に戻ることができる。ところが、繁栄を誇った名家のコリンズ家の末裔はすっかり落ちぶれていた。魔女のアンジェリークがコリンズ家の子孫を没落させたのである。そして、彼女はコリンズポートの町を牛耳っていた。

 コリンズ家の子孫には女主人エリザベス・コリンズ・ストッダード(ミシェル・ファイファー)をはじめ、エリザベスの娘キャロリン(クロエ・モレッツ)、エリザベスの弟ロジャー(ジョニー・リー・ミラー)とその息子デイビッド(ガリバー・マクグラス)がいた。その他、屋敷には精神科医ジュリア・ホフマン(ヘレナ・ボナム=カーター)や世話人のウィリー・ルーミス(ジャッキー・アール・ヘイリー)、デイビッドの家庭教師ビクトリア・ウィンター(ベラ・ヒースコート)等もいた。

 ビクトリア・ウィンターはジョゼット・デュプレと瓜二つだった。

 バーナバスは亡父の「唯一の財産は家族だ」という言葉を思い起こし、コリンズ家を再興すべく動き始める。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 本作は、1966年から1971年まで米ABCテレビで放送され、「血の唇」(1970)として映画化もされたゴシック・ソープオペラを『Dark Shadows』を原作として、ティム・バートン監督とジョニー・デップ8度目のタッグを組んで映画化したスーパーナチュラル(不思議な出来事・超常現象)・ドラマである。

 映画ではよくあるヴァンパイアものなのだけれども、ユニークなキャラクターがおかしくてヘンテコだった。それが魅力的で楽しく見ることができた。

 しかも、ヴァンパイアのバーナバス・コリンズが200年後の劇的な変化を遂げた世の中に出てくるという浦島太郎のよような物語も可笑しさを増している。

 バーナバス・コリンズはジュリア・ホフマン博士が自分の血液を輸血して不死になろうとしているのを見つけ、彼女を海底へ沈めて殺してしまう。

 次に、屋敷の財宝を盗もうとしたロジャーを家から追い出してしまう。

 クライマックスではアンジェリーク・ボーチャードとの対決になるのであるが、主に彼女と闘うのはキャロリンである。キャロリンは狼人間になってアンジェリークと戦闘を繰り広げる。実は、キャロリンはアンジェリークによって狼人間にされていたのである。結局、アンジェリークに止めを刺したのはコリンズ家の幽霊である。

 ラストの結末では、ジョゼット・デュプレに瓜二つ家庭教師ビクトリア・ウィンターは、ジョゼット・デュプレと同じように魔女の呪いで崖の上から身を投げてしまう。バーナバス・コリンズは彼女を追って自分も崖から飛び降りる。海岸に落ちた。バーナバス・コリンズはビクトリア・ウィンターの首を咬むことで彼女をヴァンパイアにして蘇らせる。

 200年前、バーナバス・コリンズはジョゼット・デュプレを救えず後悔を残すことになったが、今回はビクトリア・ウィンターの命を救うことができたという落ちで終わる。

【キャスト・配役・出演者】

バーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)
アンジェリーク・ブシャール(エヴァ・グリーン)
ヴィクトリア・ウィンターズ/ジョゼット・デュプレ(ベラ・ヒースコート)
エリザベス・コリンズ・ストッダード(ミシェル・ファイファー)
キャロリン・ストッダード(クロエ・グレース・モレッツ)
デヴィッド・コリンズ(ガリヴァー・マグラス)
ジュリア・ホフマン博士(ヘレナ・ボナム=カーター)
ロジャー・コリンズ(ジョニー・リー・ミラー)
ウィリー・ルーミス(ジャッキー・アール・ヘイリー)
ミセス・ジョンソン(レイ・シャーリー)
ジョシュア・コリンズ(イヴァン・ケイ)
サイラス・クラーニー(クリストファー・リー)
本人役(アリス・クーパー)

【スタッフ】

監督:ティム・バートン
脚本:セス・グレアム=スミス
原案:ジョン・オーガスト、セス・グレアム=スミス
原作[オリジナル脚本]:ダン・カーティス
製作:ティム・バートン、グレアム・キング、クリスティ・デンブロウスキー、ジョニー・デップ、デヴィッド・ケネディ、リチャード・D・ザナック
製作総指揮:ナイジェル・ゴストゥロウ、クリス・レベンゾン
音楽:ダニー・エルフマン
撮影:ブリュノ・デルボネル
編集:クリス・レベンゾン

アマゾンで「ダーク・シャドウ」を探す
楽天市場で「ダーク・シャドウ」を探す

外国映画・洋画(タ)に関連する記事はこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
過去ログ
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
検索
 
最近の記事
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。