今週のお知らせ

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 [Blu-ray]

【映画情報】

題名:ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬(原題:Johnny English Reborn)
ジャンル:スパイコメディ
シリーズ:2003年の映画『ジョニー・イングリッシュ』の続編
監督:オリヴァー・パーカー
出演者:ローワン・アトキンソン
製作会社:スタジオカナル、レラティビティ・メディア、ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ、東宝東和
公開:2011年10月7日[英国]、2011年10月21日[米国]、2012年1月21日[日本]
上映時間:101分
製作国:イギリス、アメリカ合衆国、フランス、イスラエル、日本
言語:英語

【評価】

おすすめ度:74点(100点満点中)

【あらすじ・ストーリー・物語】

 ジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)はモザンビークでの任務に失敗してしまったことから英国諜報機関MI:7をクビになり、自信喪失した彼はチベットの僧院で修行の日々を送っていた。ところが、突然、新しいミッションのため呼び戻されることになる。

 上司のペガサス(ジリアン・アンダーソン)から中国首相暗殺の陰謀阻止を命じられたジョニー・イングリッシュは、新人諜報員タッカー(ダニエル・カルーヤ)と組んで情報収集活動を開始する。

 情報提供者のフィッシャーに接触したジョニー・イングリッシュは、暗殺計画の背後には「ボルテックス」と呼ばれる3人組がいることと、その3人が持つ鍵を合わせると作動する秘密兵器を所有していること、そしてフィッシャー自身がボルテックスの1人だという情報を得る。ところが、フィッシャーは掃除婦を装った老婆の暗殺者に殺害されてしまう。ジョニー・イングリッシュはフィッシャーが持つ鍵を手に入れるものの敵に奪われてしまう。

 行動心理学者のケイト・サマー(ロザムンド・パイク)から催眠療法を受けたジョニー・イングリッシュは2人目のボルテックスとしてカーレンコという男の存在を思い出し、彼から2つ目の鍵を手に入れる。しかし、カーレンコも老婆に殺害されてしまうが、死ぬ前に3人目のボルテックスはM17にいるという言葉を残す。

 新人スパイのタッカーはサイモン・アンブローズ(ドミニク・ウェスト)が3人目のボルテックスではないかと主張するが、ジョニー・イングリッシュは彼の意見を信じようとはしない。それどころか、ジョニー・イングリッシュはせっかく手に入れた鍵をサイモン・アンブローズを手渡してしまう。そして、サイモン・アンブローズによって罠に嵌められたジョニー・イングリッシュはボルテックスではないかという疑惑を持たれてしまい、英国諜報機関MI:7から逃げ回らなければならなくなってしまう。

 英国と中国の首脳会談はスイス山中に舞台を移されることになり、ジョニー・イングリッシュとタッカーは二人で施設に乗り込むことにする。施設に潜入したジョニー・イングリッシュは誤って上司のペガサスに出された飲み物を飲んでしまう。その飲み物にはボルテックスの命令に従う薬物が入っていた。ジョニー・イングリッシュは首脳会談の会場へ行き、中国の首相を暗殺する命令を受ける。

 ジョニー・イングリッシュは果たして陰謀を阻止して真犯人を捕まえることができるのか?

【レビュー・感想・ネタバレ】

 この映画『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』は、「007」シリーズのパロディになっていてなかなか面白かった。コメディ映画なのだけれど、ちゃんとスパイ映画にもなっているところには感心させられた。コメディの部分は控えめになってはいるものの笑える個所も結構ある。馬鹿馬鹿しくて見てられないかなと思ったけれど、アクションもありと十分に楽しませてもらった。

 ジョニー・イングリッシュは薬物の支配下にあるものの、 チベットの僧院での修行のおかげで自分の意思で暗殺行動に抵抗し失敗の終わらせる。逃亡したサイモン・アンブローズとロープウェイでの格闘も見物だ。

 ラストシーンでは、女王陛下になりすました暗殺者の老婆を追い掛けて本物の女王陛下を老婆と間違えてお盆で頭を打つという失敗をやらかして映画は終わる。

 エンドロールでは、ローワン・アトキンソンの調理シーンが流れる。

 どういうわけか映画の中で東芝が買収したのかMI7の持ち主になっている。

 私はどうも前作の『ジョニー・イングリッシュ』を見た記憶がない。もしかしたら見ていないのかもしれない。

【キャスト・配役・出演者】

ジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)
パメラ・ソーントン/ペガサス(ジリアン・アンダーソン)
サイモン・アンブローズ(ドミニク・ウェスト)
ケイト・サマー(ロザムンド・パイク)
タッカー(ダニエル・カルーヤ)

【スタッフ】

監督:オリヴァー・パーカー
脚本:ハーミッシュ・マッコール
原案:ウィリアム・デイヴィス
製作:クリス・クラーク、ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー
製作総指揮:ウィリアム・デイヴィス、デブラ・ヘイワード、ライザ・チェイシン
音楽:イラン・エシュケリ
美術:ジム・クレイ
衣裳デザイン:ベアトリス・アルナ・パスツォール
撮影:ダニー・コーエン
編集:ガイ・ベンズリー

Amazonで「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」を探す
楽天市場で「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」を探す


外国映画・洋画(シ)に関連する記事はこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
過去ログ
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
検索
 
最近の記事
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。