今週のお知らせ

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1

ブレイキング・ドーンPart1/トワイライト・サーガ [Blu-ray]

【映画情報】

題名:トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1(原題:The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part1)
シリーズ作品:『トワイライト・サーガ』シリーズ4作目
ジャンル:恋愛ファンタジー
監督:ビル・コンドン
出演者:クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー
製作会社:テンプル・ヒル・エンターテインメント、サミット・エンターテインメント、トータル・エンターテインメント、Zohar International
配給:サミット・エンターテインメント、角川映画
公開:2011年11月18日[米国]、2012年2月25日[日本]
上映時間:117分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:77点(100点満点中)

【あらすじ】

 ヴァンパイアのエドワード・カレン(ロバート・パティンソン)と人間のベラ・スワン(クリステン・スチュワート)は結婚式を迎えることになる。結婚式の途中でオオカミ族のジェイコブ(テイラー・ロートナー)が祝福の挨拶にやって来る。結婚式の後、二人は新婚旅行へと旅立つ。ベラ・スワンはハネムーンから帰ったら自分もヴァンパイアになる決意をしていた。そして、新婚旅行先の南の島でこれまでプラトニックな関係だった二人は初めて肉体関係を持つ。ところが、初夜から14日しかたっていないのにベラ・スワンはエドワード・カレンの子どもを身ごもっていることに気がつく。人間の肉体のままでヴァンパイアの赤ちゃんを妊娠してしまったのである。

 ベラ・スワンとエドワード・カレンは妊娠をきっかけにエドワード・カレンのヴァンパイアの家族のもとへ帰る。14日で妊娠したと気づくほど胎児は驚くほど急速に成長していた。人間のベラ・スワンはヴァンパイアの赤ちゃんを出産するには肉体的に心臓が耐え切れず死んでしまうと考えられた。現に、ベラ・スワンの身体は衰弱する一方だった。

 人間とヴァンパイアの混血児の存在は、これまで友好関係にあったヴァンパイアとオオカミ族の間に亀裂を生じることになる。オオカミ族はエドワード・カレンとその子どもを殺すことにする。オオカミ族のジェイコブはエドワード・カレンを守るためヴァンパイアと協力することになり、オオカミ族の家族と対立することになってしまう。

 そんな時、エドワード・カレンの出産が始まる!果たしてエドワード・カレンは無事に赤ちゃんを出産することができるのか?エドワード・カレンとヴァンパイアの家族、そしてジェイコブはオオカミ族からエドワード・カレンと赤ちゃんを守れるのか?

【レビュー・感想・ネタバレ】

 映画の前半はベラ・スワンとエドワード・カレンの結婚式で占められていてストーリーの進行はかなり遅い。中盤でベラ・スワンが妊娠してからストーリーが流れ始めて徐々に面白くなってくる。後半でエドワード・カレンとヴァンパイアの家族、ジェイコブと、オオカミ族との戦いがこの映画のアクションシーンのクライマックスになる。

 ベラ・スワンは無事に赤ちゃんを出産するが死亡してしまう。エドワード・カレンはベラ・スワンをヴァンパイアとして復活させるために自分の毒を注入したり、身体のあちこちを噛みついたりする。映画ではなかなか復活しないのであるが、ラストシーンでベラ・スワンは両目を開ける。その眼はヴァンパイアと同じ赤色だった。

 今回は人間とヴァンパイアという異種族の間の妊娠・出産が興味深く描かれている。今回、妊娠で衰弱したベラ・スワンの肉体がショッキングな姿として表現されている。まるで拒食症か断食、食糧不足で餓死寸前の状態かと思わせるほどの痩せ衰えようである。

【キャスト】

ベラ・スワン(クリステン・スチュワート)
エドワード・カレン(ロバート・パティンソン)
ジェイコブ・ブラック(テイラー・ロートナー)
カーライル・カレン(ピーター・ファシネリ)
エズミ・カレン(エリザベス・リーサー)
アリス・カレン(アシュリー・グリーン)
エメット・カレン(ケラン・ラッツ)
ロザリー・ヘイル(ニッキー・リード)
ジャスパー・ヘイル(ジャクソン・ラスボーン)
チャーリー・スワン(ビリー・バーク)
レネ・ドワイアー(サラ・クラーク)
リア・クリアウォーター(ジュリア・ジョーンズ)
セス・クリアウォーター(ブーブー・スチュワート)
ターニャ(マイアンナ・バーリング)
イリーナ(マギー・グレイス)
ケイト(ケイシー・ラボウ)
アロ(マイケル・シーン)
カイウス(ジェイミー・キャンベル・バウアー)
マーカス(クリストファー・ハイアーダール)
サム・ウーレイ(チャスク・スペンサー)
エレアザル(クリスチャン・カマルゴ)
カルメン(ミア・マエストロ)
レネズミ・カレン(マッケンジー・フォイ、クリスティ・バーク)

【スタッフ】

監督:ビル・コンドン
脚本:メリッサ・ローゼンバーグ
原作:ステファニー・メイヤー『トワイライトIV』
製作:ウィク・ゴッドフリー、カレン・ローゼンフェルト、ステファニー・メイヤー
製作総指揮:マーティ・ボーウェン、グレッグ・ムーラディアン、マーク・モーガン、ガイ・オゼアリー
音楽:カーター・バーウェル
撮影:ギレルモ・ナヴァロ
編集:ヴァージニア・カッツ

Amazonで「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1」を探す
楽天市場で「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1」を探す


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
過去ログ
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
検索
 
最近の記事
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。