今週のお知らせ

60セカンズ

60セカンズ [Blu-ray]

【映画情報】

題名:60セカンズ(シックスティ セカンズ、しっくすてぃ せかんず、原題:Gone in Sixty Seconds)
ジャンル:カーアクション
オリジナル作品:1974年の映画『バニシング in 60』のリメイク作品
監督:ドミニク・セナ
出演者:ニコラス・ケイジ
配給:ブエナビスタ
公開:2000年6月9日[米国]、2000年9月9日[日本]
上映時間:117分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:68点(100点満点中)

【あらすじ】

 たった60秒でどんな車でも盗み出す高級自動車専門の窃盗エキスパートだったメンフィス(ニコラス・ケイジ)は足を洗って子供相手にカートレース場を経営している。そこへ突然、昔の窃盗仲間だったアトレー(ウィル・パットン)が現れ、弟のキップ(ジョヴァンニ・リビシ)が地元の地元を牛耳る組織のボスであるカリートリー(クリストファー・エクルストン)から依頼された自動車窃盗の仕事に失敗して命までもが危ないことになっている状況を伝える。メンフィスは弟のキップを救うためカリートリーに会いに行く。そこて提示された条件は、キップとの契約通り高級車50台を集めて4日後の午前8時までに指定の船に全車を納めるというものだった。指定された時間内までに1台も欠けることなく納車できなければアトレーかメンフィスの命はないと通告される。

 メンフィスはかつての仕事仲間で修理工場を営んでいるオットー(ロバート・デュヴァル)を訪ね協力を依頼し、さらに昔の仲間を集めようとするが、実際に集められたのは元恋人のスウェイ(アンジェリーナ・ジョリー)と車の教習官をしているドニー(シャイ・マクブライド)と解剖医をしているスフィンクス(ヴィニー・ジョーンズ)の3人だけだった。そこへ、弟のキップとその仲間も加わることになる。残された時間は24時間。果たしてメンフィス等は無事に車を盗み出し時間通りに納めることができるのか・・・?

【レビュー・感想・ネタバレ】

 この映画のストーリーは兄が弟のために車を盗むという話で至って単純である。したがって、ストーリー的な面白さには欠けるところがある。この映画の見所はやはり後半のメンフィスと警察とのカーチェイスであろう。そこは見応えのあるカーアクション映画になっている。

 結局、メンフィスは船に最後の1台を届けるのに12分だけ遅れてしまい納車できなかった。もし、メンフィスが時間内に間に合ってしまったら映画はここで終わりということになってしまっていたろう。間に合わなかったという展開がこの映画のミソである。そのため、カリートリーはメンフィスを殺そうとする。そこへ、キャッスルベック刑事(デルロイ・リンドー)がアジトのスクラップ工場に飛び込んで来て銃撃戦になる。カリートリーに頭に銃を突きつけられ殺されそうになっていたキャッスルベック刑事を助けるため、メンフィスはその寸前でカリートリーに体当たりして突き落とす。

 キャッスルベック刑事はメンフィスが今回の事件に関わらざるを得なかった事情を突き止めていて、メンフィスが自分の命を助けてくれたこともあって、今回のことは見逃してくれることになる。メンフィスも盗んだ車の在処を教える。

 高級自動車窃盗専門のプロフェッショナルだったメンフィスが足を洗ったのは弟のために辞めてくれと頼まれたからだとだという裏事情があった。それなのに、弟のキップは車の窃盗をやっていたのである。キップは兄が仲間を捨てて稼業を辞めてしまったことを快く思っていなかったのである。アトレーから兄が稼業を辞めた理由を聞かされたキップは今度こそ足を洗うのではないだろうか。

 ラストでキップが自分のバイクのパーツを売って兄のためにオンボロのエレノアを買ってそのキーをプレゼントしたことがそのことを示しているのかもしれない。

 なお、スウェイ役を演じているアンジェリーナ・ジョリーは髪を金髪に染めていて雰囲気が変わって見えるのもこの映画の楽しみの一つになるかもしれない。

【キャスト】

メンフィス(ニコラス・ケイジ)
スウェイ(アンジェリーナ・ジョリー)
キップ(ジョヴァンニ・リビシ)
オットー(ロバート・デュヴァル)
ドニー(シャイ・マクブライド)
スフィンクス(ヴィニー・ジョーンズ)
アトレー(ウィル・パットン)
トビー(ウィリアム・リー・スコット)
タンブラー(スコット・カーン)
ドライコフ(ティモシー・オリファント)
フレブ(ジェームズ・デュヴァル)
ミラーマン(T・J・クロス)
キャッスルベック刑事(デルロイ・リンドー)
カリートリー(クリストファー・エクルストン)
ファージー・フリーゼル(ボーディ・エルフマン)
ジョニーB(マスター・P)
ロジャー(スティーブン・シェレン)

【スタッフ】

監督:ドミニク・セナ
脚本:スコット・ローゼンバーグ
製作:ジェリー・ブラッカイマー、マイク・ステンソン
製作総指揮:ジョナサン・ヘンズリー、チャド・オーマン、バリー・ウォルドマン、デニス・シャカリアン・ハリッキー、ロバート・ストーン、ウェブスター・ストーン
音楽:トレヴァー・ラビン、イアン・ボール
撮影:ポール・キャメロン
編集:ロジャー・バートン、トム・マルドゥーン、クリス・レベンゾン

Amazonで「60セカンズ」を探す
楽天市場で「60セカンズ」を探す


タグ:60セカンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
過去ログ
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
検索
 
最近の記事
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。