今週のお知らせ

アントキノイノチ

アントキノイノチ Blu-rax プレミアム・エディション [Blu-ray]

【映画情報】

題名:アントキノイノチ(あんときのいのち、英題:Life Back Then)
ジャンル:ドラマ
監督:瀬々敬久
出演者:岡田将生、榮倉奈々
製作会社:「アントキノイノチ」製作委員会
配給:松竹
公開:2011年8月18日[カナダ・モントリオール世界映画祭]、2011年11月19日[日本]
上映時間:131分
製作国:日本
言語:日本語

【評価】

おすすめ度:74点(100点満点中)

【あらすじ】

 高校を中退してしまった永島杏平(岡田将生)は父親の紹介で遺品整理業者の「クーパーズ」でアルバイトとして働くことになる。実は、永島杏平には高校時代に心の傷になっている出来事があったのである。亡くなった人の部屋という現場で働くうちに永島杏平は遺品整理という仕事を好きになっていく。そして、同じ職場で働く久保田ゆき(榮倉奈々)と親しくなっていく。久保田ゆきは永島杏平に救いを見出し、自分の衝撃的で凄惨な過去を告白するが、遺品整理の現場から姿を消してしまう。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 この映画『アントキノイノチ』は後半までは85点という高評価だったのあるが、後半に永島杏平の高校時代の出来事の紹介が終わったとき一気に映画の世界から醒めて感情も冷めてしまった。ネットでいじめられていた山木信夫(染谷将太)が松井新太郎(松坂桃李)を殺害しようとしたのを永島杏平が止めた後、山木信夫が学校の屋上から飛び降り自殺をしてしまったことが自責の念とともに心の傷になっているのは理解できる。しかし、永島杏平自身が松井新太郎を山岳部の登山合宿のときに殺意を抱いて気持ちの中では実行行為寸前までいたっていたことや、山岳部の展示室に写真が掲示されていたのを松井新太郎がやめるように永島杏平へ頼んだときに永島杏平が断ったら、松井新太郎がカッターナイフで切り掛かって来たのを反撃して永島杏平が松井新太郎を押さえ込んで切ろうとしたことという過去が、なぜか私の心を醒めさせて気持ちも冷めてしまった。松井新太郎の過去がこんなことだったのかということで呆れてしまったのである。というのも、映画の最初の出だしで永島杏平が「僕は親友を二人殺した」ということを言っていたからである。それからずっと、永島杏平はいかなる理由でどのようにして友だちを殺したのだろうかという過去に私の関心が向いていたのである。それが、こういうことだったのかということで拍子抜けしてしまったのであろう。山木信夫は永島杏平の友だちと言えるかもしれないが、松井新太郎は親友どころか友だちとも呼べない存在である。しかも、山木信夫も松井新太郎も永島杏平が殺したわけではない。というか、山木信夫は自殺して死んだが、松井新太は死んでいない。もし永島杏平が山木信夫も松井新太郎も自分が殺したと思っていたとしたら、とんでもない勘違いである。どうやったらそんなふうに思い込めるのであろうか。それが原因で心を病んだというのだから救いようがない加害者意識過剰の性格をもったおかしな人物だということになる。このへんは映画のストーリーとして辻褄が合っていない破綻した筋書きという致命的な欠陥を呈してしまっている。

 後半の永島杏平の高校時代の回想が終わってからのストーリーと演出(演技)はちょっとおかしくなっている。

 久保田ゆきは姿を消してから介護施設で働いていたのであるが、ある日、少女を助けようとして交通事故で死亡してしまう。物語の流れから久保田ゆきを死なせる必要があったのであろうかと大いに疑問が残る。いかにもとってつけたように久保田ゆきが死んでしまう顛末に不自然さを感じてしまった。というのも、久保田ゆきがいた位置から少女がいた位置までの距離は、少女に近づいている自動車と女の子の距離よりも遠くいように見え、久保田ゆきが走って行っても自動車よりも速く少女のところへは行けないと考えられるからである。

 久保田ゆきはむしろ力強く生きて姿を描いて終わらせたほうが映画の内容からすれば良かったのでないだろうか?

 また、ラストシーンで久保田ゆきはが助けた少女とその母親が訪ねて来たので永島杏平は二人に会いに行くのであるが、二人に向かって「元気ですかー!」と2度叫んで連呼するのである。この場面でそんな言葉を言うなんてことがあるだろうか?これはあまりにもおかしすぎる。そんな人物がいたとしたら、どん引きものである。フィクションでしかありえないような演出と演技に違和感を感じざるを得なかった。

 せっかく前半と中盤まで良かったのに、後半で駄目にしてしまっているのは残念であった。

【キャスト】

永島杏平[遺品整理業者「クーパーズ」アルバイト](岡田将生)
久保田ゆき[遺品整理業者「クーパーズ」アルバイト](榮倉奈々)
松井新太郎[杏平の高校時代の同級生](松坂桃李)
山木信夫[杏平の高校時代の同級生](染谷将太)
萩原先生[杏平の高校時代の山岳部顧問](津田寛治)
佐相[遺品整理業者「クーパーズ」社員](原田泰造[ネプチューン])
古田[遺品整理業者「クーパーズ」社長](鶴見辰吾)
永島信介[杏平の父親](吹越満)
逸美[杏平の母親](洞口依子)
大沢稔[遺族](堀部圭亮)
井上正志[遺族](柄本明)
岡島あかね[遺族](檀れい[友情出演])
美智子[遺族](宮崎美子)
井上の妻(宮下順子)
老人ホームの職員(渡辺真起子)
老人ホームの職員(斎藤洋介)
少女の母親(江口のりこ)
同級生(太賀)
安田(荒井敦史)
団地の自治会長(諏訪太朗)

【スタッフ】

監督:瀬々敬久
原作:さだまさし『アントキノイノチ』(幻冬舎)
脚本:田中幸子、瀬々敬久
音楽:村松崇継
プロデューサー:上田有史、辻本珠子
エグゼクティブプロデューサー:田代秀樹
企画プロデュース:平野隆、下田淳行
撮影:鍋島淳裕
照明:三重野聖一郎
録音:白取貢
美術:磯見俊裕
編集:菊池純一
VFXスーパーバイザー:立石勝
スクリプター:中西桃子
助監督:吉村達矢
制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:松竹
製作: 「アントキノイノチ」製作委員会(TBSテレビ、松竹、電通、中部日本放送、ツインズジャパン、ポニーキャニオン、毎日放送、WOWOW、朝日新聞社、幻冬舎、TBSラジオ&コミュニケーションズ、RKB毎日放送、TSUTAYA、日本出版販売、Yahoo! JAPAN、北海道放送)

【楽曲】

主題歌:GReeeeN「恋文〜ラブレター〜」(NAYUTAWAVE RECORDS)

Amazonで「アントキノイノチ」を探す
楽天市場で「アントキノイノチ」を探す

日本映画・邦画(あ)に関連する記事はこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
過去ログ
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
検索
 
最近の記事
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。