今週のお知らせ

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- [Blu-ray]

【映画情報】

題名:聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-(れんごうかんたいしれいちょうかん やまもといそろく たいへいようせんそう70ねんめのしんじつ)
ジャンル:伝記映画・戦争映画
監督:成島出
出演者:役所広司
製作会社:「山本五十六」製作委員会
配給:東映
公開:2011年12月23日
上映時間:141分
製作国:日本
言語:日本語

【評価】

おすすめ度:76点(100点満点中)

【あらすじ】

 この映画は、聯合艦隊司令長官・山本五十六元帥(役所広司)の半生を描いた伝記的な歴史戦争映画である。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 映像は、CG技術によって日本の過去の戦争映画と比較して格段に進んでいるのを感じた。ただ、戦闘シーンでは人間がほとんど映っていないので人間不在の軍事兵器同士の不毛な戦いのようにも映りかれないものがあった。

 この映画を見ると、山本五十六がいかに戦争に反対であったかや、戦争が始まった後はいかに講和に持ち込んで戦争を終結させるかということに腐心していたということが分かる。

 おそらく、この映画は戦争の悲惨さを伝えようとしているのではなく、山本五十六という人物像に迫ることで人間の気分やものの見方や考え方の愚かさや危険性を伝えようとしているのであろう。そういう意味で、この映画は、山本五十六の人間性を通じて広い眼で事実を見ることの重要性をメッセージとして含んでいる。

 そのため、山本五十六と対比するかたちで「東京日報」の編集長や主幹、記者を登場させている。当時のマスコミに対する批判もメッセージの中に含まれているのであろう。

 この映画を見れば、真珠湾攻撃からミッドウェー海戦へと日本が太平洋戦争でどのようにして負けていったのかが大まかにある程度分かるようになっている。ただし、戦争ドラマなので架空の人物が登場していたり、必ずしも史実に忠実ではない内容があるようである。

 本作で一番おかしいと思ったのは、ブーゲンビル島上空で飛行機の搭乗していた山本五十六がアメリカ軍の攻撃を身体の受けて負傷しているにもかかわらず表情ひとつ変えずにいた場面である。かなりの重症なはずなのに死んでいるのかと思えるほど平静な顔をしているのはあり得ないことではないかと思えた。これも山本五十六の人柄を表現するための演出なのだろうとは思うのだけれどあまりに不自然でおかしさだけが伝わってきた。

 私も山本五十六のようなものが見える人間になりたいと願うが、ものが見えるということはある意味で悲劇なのかもしれないとも思えた。

【キャスト】

山本五十六[聯合艦隊司令長官](役所広司)
堀悌吉[元・海軍中将](坂東三津五郎)
米内光政[海軍大臣](柄本明)
井上成美[海軍省軍務局長](柳葉敏郎)
三宅義勇[聯合艦隊作戦参謀](吉田栄作)
山口多聞[第二航空戦隊司令官](阿部寛)
宇垣纏[聯合艦隊参謀長](中村育二)
黒島亀人[聯合艦隊先任参謀](椎名桔平)
南雲忠一[第一航空艦隊司令長官 兼 第一航空戦隊司令官](中原丈雄)
永野修身[軍令部総長](伊武雅刀)
及川古志郎[海軍大臣](佐々木勝彦)
牧野幸一[海軍少尉](五十嵐隼士)
秋山裕作[「東京日報」記者](袴田吉彦)
真藤利一[「東京日報」記者](玉木宏)
草野嗣郎[「東京日報」編集長](益岡徹)
宗像景清[「東京日報」主幹](香川照之)
谷口志津[小料理屋「志津」の女将](瀬戸朝香)
神埼芳江[「志津」の常連客のダンサー](田中麗奈)
高橋嘉寿子[山本の姉](宮本信子)
山本禮子[山本の妻](原田美枝子)
第三航空戦隊司令官(平賀雅臣)
小料理屋「志津」の常連客(橋爪淳、重松収)
その他(あばれる君)

【スタッフ】

監督:成島出
監修・原作:半藤一利
脚本:長谷川康夫、飯田健三郎
プロデューサー:小滝祥平
美術:金田克美
装飾:大坂和美
音楽:岩代太郎
録音:橋本文雄
照明:長田達也
撮影:柴主高秀
編集:阿部瓦英
VFXディレクター:鹿住朗生
SFX/VFXプロデューサー:浅野秀二
特別協力:山本義正
製作:「山本五十六」製作委員会(バンダイビジュアル、東映、木下工務店、ワタナベエンターテインメント、東映ビデオ、テレビ朝日、寿スピリッツ、SBIホールディングス、ブロードメディア・スタジオ、アサツー ディ・ケイ、吉田正樹事務所、ディ・コンプレックス、フードディスカバリー、エネット、新潟日報社、新潟放送、新潟総合テレビ、テレビ新潟、新潟テレビ21、読売新聞社、山陽鋼業、アオイコーポレーション、デスティニー)
製作プロダクション:デスティニー

【楽曲】

主題歌:
『眦(まなじり)』小椋佳
『誰が為に鐘は鳴る』(ラブ・テーマ)まきちゃんぐ

Amazonで「聯合艦隊司令長官 山本五十六 太平洋戦争70年目の真実」を探す
楽天市場で「聯合艦隊司令長官 山本五十六 太平洋戦争70年目の真実」を探す


日本映画・邦画(れ)に関連する記事はこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
過去ログ
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
検索
 
最近の記事
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。