今週のお知らせ

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜

麒麟の翼~劇場版・新参者~ Blu-ray通常版

【映画情報】

題名:麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜(きりんのつばさ げきじょうばん・しんざんもの)
監督:土井裕泰
出演者:阿部寛、新垣結衣、溝端淳平、中井貴一
製作会社:フィルム フェイス
配給:東宝
公開:2012年1月28日
上映時間:129分
製作国:日本
言語:日本語
ジャンル:ミステリー

【評価】

おすすめ度:72点(100点満点中)

【あらすじ】

 事件現場から歩いて日本橋にある翼を持った麒麟像の下で青柳武明(中井貴一)という男性が死亡する。現場近くで逃亡した不審な若者・八島冬樹(三浦貴大)が容疑者として逮捕される。青柳武明はナイフで腹部を刺された瀕死の状態でなぜ助けを求めることもせず麒麟像のもとまで歩いていったのか?容疑者の八島冬樹は果たして本当の犯人なのか?加賀恭一郎(阿部寛)と松宮脩平(溝端淳平)のコンビが捜査をしていくと驚くべき意外な事実が判明する。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 私はテレビドラマ『新参者』を見ていて、ドラマのほうはあまり面白いとはいえなかったので、その続編にあたる今回の映画もどうかなと思いながら見てみることになった。

 ところが、映画を全部見終わってドラマと違ってなかなか良かったと思えた。

 捜査の結果、真犯人は青柳武明の息子の青柳悠人(松坂桃李)の同級生だった杉野達也(山ア賢人)ということが分かる。事件の原因は、青柳悠人が中学時代に水泳部の同級生である杉野達也(山ア賢人)と黒沢翔太(聖也)とともに試合に負けた責任を後輩の吉永友之(菅田将暉)に問い練習と称して扱きをしていたプールで起こった水難事故だった。水泳部の顧問である糸川肇(劇団ひとり)は自分の責任問題になることを恐れたのか、あるいは本人がいうように生徒の将来を考えてなのか、事件を練習中の単なる事故として処理してしまう。

 吉永友之は一命を取り止めたものの、その事故が原因で意識を取り戻せない状態が続いていたのである。そのことを吉永友之の母親が開設したブログ「キリンノツバサ」で知った青柳悠人は偽名を使ってブログに投稿したり、回復を祈願して自分が折った千羽鶴を寺院へ奉納した写真を掲載したりしていた。しかし、あることがきっかけでそれを止めてしまう。

 そんなとき、父親の青柳武明は息子の変化が気がかりで息子のことを調べているうちに「キリンノツバサ」というブログの存在を知り、息子の青柳悠人が水泳部を辞めた理由を察するようになる。そして、息子の偽名を使ってブログに投稿したり、千羽鶴の奉納写真を掲載するために寺院巡りをするようになる。

 そして、青柳武明は事実を確認するために息子の同級生である杉野達也と会い本当のことを聞き出す。ところが、二人が別れた後、推薦入学が決まっていた杉野達也は青柳武明によって事実が明るみに出ることで推薦入学が取り消しになることを恐れ、口封じのため青柳武明をナイフで刺してしまう。

 ちょうどその後、事件現場を通りかかった八島冬樹が倒れている青柳武明のもとから財布やバッグを持ち去ってしまったのである。

 事件の裏側にあった事実は事故原因の隠蔽と加害者の罪の意識と父親の愛情という3つの重い内容だった。事件の謎解きの面白さはあまりないものの、明るみに出た事実の重さが映画の内容を深めている。タイトルにもなっている麒麟の翼は、日本橋の麒麟像が「ここから羽ばたく」という意味がこめられていることに絡めて、悲劇からの希望と祈りが映画のテーマになっている。父親の青柳武明も息子の青柳悠人をはじめ杉野達也と黒沢翔太にも事件の関与を認めてそこから人生の再出発をして欲しいという願望をダイイング・メッセージとして残すために日本橋の麒麟像のもとまで歩いて行ったのである。

【キャスト】

加賀恭一郎(阿部寛)
中原香織(新垣結衣)
松宮脩平(溝端淳平)
青柳悠人(松坂桃李)
吉永友之(菅田将暉)
杉野達也(山ア賢人)
横田省吾(柄本時生)
青柳遥香(竹富聖花)
青柳史子(相築あきこ)
黒沢翔太(聖也)
青山亜美(黒木メイサ[友情出演])
加賀隆正( 山崎努[特別出演])
八島冬樹(三浦貴大)
糸川肇(劇団ひとり)
吉永美重子(秋山菜津子)
小竹由紀夫(鶴見辰吾)
小林(松重豊)
金森登紀子(田中麗奈)
青柳武明(中井貴一)

【スタッフ】

原作:東野圭吾『麒麟の翼』(講談社刊)
監督:土井裕泰
脚本:櫻井武晴
音楽:菅野祐悟
エグゼクティブプロデューサー:濱名一哉
プロデューサー:那須田淳、伊與田英徳、進藤淳一
撮影:山本英夫
美術:金勝浩一
照明:小野晃
録音:武進
編集:穂垣順之助
助監督:杉山泰一
記録:鈴木一美
製作担当:横原誠
ラインプロデューサー:橋本靖
音楽プロデュースエディット:志田博英
アソシエイトプロデューサー:辻本珠子
協力:名橋日本橋保存会、三井不動産株式会社、人形町商店街協同組合、甘酒横丁商店会
制作会社:フィルム フェイス
製作:映画『麒麟の翼』製作委員会(TBSテレビ、東宝、レプロエンタテインメント、毎日放送、電通、講談社、中部日本放送、RKB毎日放送、茂田オフィス、北海道放送、TBSラジオ&コミュニケーションズ)

【楽曲】

主題歌:JUJU「sign」[作詞:牧穂エミ/作曲:川口大輔/編曲:松浦晃久](ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)

Amazon
で「麒麟の翼」を探す

楽天市場で「麒麟の翼」を探す


日本映画・邦画(き)に関連する記事はこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
過去ログ
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
検索
 
最近の記事
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。