今週のお知らせ

沓掛時次郎(1961年)

沓掛時次郎 [DVD]

【映画情報】

題名:沓掛時次郎(くつかけときじろう)
ジャンル:股旅物時代劇
監督:池広一夫
出演者:市川雷蔵、新珠三千代、杉村春子
公開:1961年6月14日
上映時間:86分
製作・配給:大映
製作国:日本
言語:日本語

【評価】

おすすめ度:75点(100点満点中)

【あらすじ】

 信州沓掛生まれの博徒である沓掛時次郎(市川雷蔵)は一宿一飯の恩義から博徒の六ツ田の三蔵(島田竜三)に一太刀だけ浴びせ逃がすが、溜田の助五郎(須賀不二男)一家の待ち伏せにあい三蔵は殺されていまう。助五郎が三蔵を殺したのは女房のおきぬ(新珠三千代)を自分のものしようという横恋慕だったことを知った沓掛時次郎は、助五郎一家からおきぬと倅の太郎吉(青木しげる)を守るため二人を連れて逃げる。三人は熊谷宿まで逃げて旅籠の桔梗屋で宿泊するが、おきぬは病にかかってしまう。桔梗屋の女将であるおろく(杉村春子)の紹介で医師の玄庵(志水元)に見立ててもらうと、おきぬは病の他に身ごもっていることが分かる。

 沓掛時次郎は、おきぬと太郎吉を足利在あるおきぬの実家に引き取ってもらおうと訪ねるが、父親の源右衛門(荒木忍)にやくざと一緒になったときに娘は勘当したという理由で断られてしまう。沓掛時次郎はおきぬと太郎吉の面倒をみるため足を洗って、門前に立ち歌を歌って報酬をもらう門付けを始める。助五郎のふれ書きで沓掛時次郎の一件を知った聖天の権威(稲葉義男)は太郎吉をさらおうとするが、沓掛時次郎が守る。そこへ、八丁畷の徳兵衛(志村喬)が通りかかり喧嘩の仲裁を買って出る。そのことがきっかけで、聖天の権威は八丁畷の徳兵衛へ喧嘩状を送りつける。頭数が少なく喧嘩に不利な八丁畷の徳兵衛は沓掛時次郎の腕を見込んで助っ人代に10両を支払うことを申し出る。沓掛時次郎はおきぬの出産のため10両を受け取って喧嘩の助っ人を買って出る。

 権威一家と徳兵衛一家の喧嘩は沓掛時次郎が聖天の権威を斬り殺すという活躍もあって徳兵衛一家が勝つ。喧嘩が終わって沓掛時次郎は直ぐさま桔梗屋へ戻るが、既に六ツ田の三蔵の一家が桔梗屋へ押し込んでいた。自害をしようとしたおきぬは腹部に当身を受けて悶絶死してしまう。太郎吉は人質に取られていたため沓掛時次郎は降参せざるを得なかったが、危機一髪のところを反撃し、激しい乱闘になる。沓掛時次郎はあちらこちらへ逃げながら三蔵の者を倒していき、最後は六ツ田の三蔵を斬り殺す。

 沓掛時次郎は残された太郎吉を連れて足利在へ行き、おきぬの父親の源右衛門と母親のおとわ(滝花久子)を預ける。沓掛時次郎は太郎吉に「やくざ稼業から足を洗ったらきっとまた逢いに来る」と言い残し去って行った。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 この長谷川伸の戯曲『沓掛時次郎』は、過去に8回も映画化されており、テレビドラマ化も5回もされている股旅物としてお馴染みの作品である。私は映画では1966年の加藤泰監督・初代中村錦之助主演の『沓掛時次郎 遊侠一匹』を既に見ている。テレビはどのドラマを見たかどうもはっきりしない。

 今回の市川雷蔵主演の『沓掛時次郎』は過去の作品の中でもよく出来ているのではないかと思われた。

 本作の沓掛時次郎は六ツ田の三蔵に女房と倅がいることを知って斬り殺さずに一太刀だけ浴びせるという義理と人情の狭間で粋な計らいをするあたり、沓掛時次郎の人柄が偲ばれる。沓掛時次郎は残されたおきぬと太郎吉に並の人にはできない世話をする伏線にもなっている。ここまで人情を貫き通す人物はほとんどいないだろうからこそ美しい話にもなっていて人の心を打つのであろう。

 この映画では市川雷蔵の多人数を相手にした立ち回りのアクションも楽しめる。

 沓掛時次郎で一番不思議な謎は、ここまでの人格を持つ沓掛時次郎がなぜ博徒になんかなったのかということである。

【キャスト】

沓掛時次郎(市川雷蔵)
おきぬ(新珠三千代)
おろく(杉村春子)
六ツ田の三蔵(島田竜三)
太郎吉(青木しげる)
聖天の権威(稲葉義男)
八丁畷徳兵衛(志村喬)
赤田三十郎(千葉敏郎)
溜田の助五郎(須賀不二男)
おとわ(滝花久子)
源右衛門(荒木忍)
玄庵(志水元)
大野木の百助(村上不二夫)
苫屋の半太郎(寺島貢)
磯田の鎌吉(木村玄)
政吉(高倉一郎)

【スタッフ】

監督:池広一夫
原作:長谷川伸の戯曲『沓掛時次郎』
脚本:宇野正男、松村正温
企画:財前定生
撮影:宮川一夫
美術:西岡善信
照明:中岡源権
録音:近藤正一
音楽:斎藤一郎
助監督:宮島八蔵
スチール:西地正満

【楽曲】

主題歌:「沓掛時次郎」[作詞:佐伯孝夫、作曲:吉田正、歌:橋幸夫](ビクターレコード)

Amazonで「沓掛時次郎」を探す
楽天市場で「沓掛時次郎」を探す

タグ:沓掛時次郎

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1

ブレイキング・ドーンPart1/トワイライト・サーガ [Blu-ray]

【映画情報】

題名:トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1(原題:The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part1)
シリーズ作品:『トワイライト・サーガ』シリーズ4作目
ジャンル:恋愛ファンタジー
監督:ビル・コンドン
出演者:クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー
製作会社:テンプル・ヒル・エンターテインメント、サミット・エンターテインメント、トータル・エンターテインメント、Zohar International
配給:サミット・エンターテインメント、角川映画
公開:2011年11月18日[米国]、2012年2月25日[日本]
上映時間:117分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:77点(100点満点中)

【あらすじ】

 ヴァンパイアのエドワード・カレン(ロバート・パティンソン)と人間のベラ・スワン(クリステン・スチュワート)は結婚式を迎えることになる。結婚式の途中でオオカミ族のジェイコブ(テイラー・ロートナー)が祝福の挨拶にやって来る。結婚式の後、二人は新婚旅行へと旅立つ。ベラ・スワンはハネムーンから帰ったら自分もヴァンパイアになる決意をしていた。そして、新婚旅行先の南の島でこれまでプラトニックな関係だった二人は初めて肉体関係を持つ。ところが、初夜から14日しかたっていないのにベラ・スワンはエドワード・カレンの子どもを身ごもっていることに気がつく。人間の肉体のままでヴァンパイアの赤ちゃんを妊娠してしまったのである。

 ベラ・スワンとエドワード・カレンは妊娠をきっかけにエドワード・カレンのヴァンパイアの家族のもとへ帰る。14日で妊娠したと気づくほど胎児は驚くほど急速に成長していた。人間のベラ・スワンはヴァンパイアの赤ちゃんを出産するには肉体的に心臓が耐え切れず死んでしまうと考えられた。現に、ベラ・スワンの身体は衰弱する一方だった。

 人間とヴァンパイアの混血児の存在は、これまで友好関係にあったヴァンパイアとオオカミ族の間に亀裂を生じることになる。オオカミ族はエドワード・カレンとその子どもを殺すことにする。オオカミ族のジェイコブはエドワード・カレンを守るためヴァンパイアと協力することになり、オオカミ族の家族と対立することになってしまう。

 そんな時、エドワード・カレンの出産が始まる!果たしてエドワード・カレンは無事に赤ちゃんを出産することができるのか?エドワード・カレンとヴァンパイアの家族、そしてジェイコブはオオカミ族からエドワード・カレンと赤ちゃんを守れるのか?

【レビュー・感想・ネタバレ】

 映画の前半はベラ・スワンとエドワード・カレンの結婚式で占められていてストーリーの進行はかなり遅い。中盤でベラ・スワンが妊娠してからストーリーが流れ始めて徐々に面白くなってくる。後半でエドワード・カレンとヴァンパイアの家族、ジェイコブと、オオカミ族との戦いがこの映画のアクションシーンのクライマックスになる。

 ベラ・スワンは無事に赤ちゃんを出産するが死亡してしまう。エドワード・カレンはベラ・スワンをヴァンパイアとして復活させるために自分の毒を注入したり、身体のあちこちを噛みついたりする。映画ではなかなか復活しないのであるが、ラストシーンでベラ・スワンは両目を開ける。その眼はヴァンパイアと同じ赤色だった。

 今回は人間とヴァンパイアという異種族の間の妊娠・出産が興味深く描かれている。今回、妊娠で衰弱したベラ・スワンの肉体がショッキングな姿として表現されている。まるで拒食症か断食、食糧不足で餓死寸前の状態かと思わせるほどの痩せ衰えようである。

【キャスト】

ベラ・スワン(クリステン・スチュワート)
エドワード・カレン(ロバート・パティンソン)
ジェイコブ・ブラック(テイラー・ロートナー)
カーライル・カレン(ピーター・ファシネリ)
エズミ・カレン(エリザベス・リーサー)
アリス・カレン(アシュリー・グリーン)
エメット・カレン(ケラン・ラッツ)
ロザリー・ヘイル(ニッキー・リード)
ジャスパー・ヘイル(ジャクソン・ラスボーン)
チャーリー・スワン(ビリー・バーク)
レネ・ドワイアー(サラ・クラーク)
リア・クリアウォーター(ジュリア・ジョーンズ)
セス・クリアウォーター(ブーブー・スチュワート)
ターニャ(マイアンナ・バーリング)
イリーナ(マギー・グレイス)
ケイト(ケイシー・ラボウ)
アロ(マイケル・シーン)
カイウス(ジェイミー・キャンベル・バウアー)
マーカス(クリストファー・ハイアーダール)
サム・ウーレイ(チャスク・スペンサー)
エレアザル(クリスチャン・カマルゴ)
カルメン(ミア・マエストロ)
レネズミ・カレン(マッケンジー・フォイ、クリスティ・バーク)

【スタッフ】

監督:ビル・コンドン
脚本:メリッサ・ローゼンバーグ
原作:ステファニー・メイヤー『トワイライトIV』
製作:ウィク・ゴッドフリー、カレン・ローゼンフェルト、ステファニー・メイヤー
製作総指揮:マーティ・ボーウェン、グレッグ・ムーラディアン、マーク・モーガン、ガイ・オゼアリー
音楽:カーター・バーウェル
撮影:ギレルモ・ナヴァロ
編集:ヴァージニア・カッツ

Amazonで「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1」を探す
楽天市場で「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1」を探す

TIME/タイム

TIME/タイム 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

【映画情報】

題名:TIME/タイム(たいむ、原題:In Time)
ジャンル:SFスリラー
監督:アンドリュー・ニコル
出演者:ジャスティン・ティンバーレイク、アマンダ・サイフリッド
製作会社:リージェンシー・エンタープライズ、ニュー・リージェンシー・プロダクションズ、ストライク・エンターテインメント
配給:20世紀フォックス
公開:2011年10月28日[米国]、2012年2月17日[日本]
上映時間:109分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:85点(100点満点中)

【あらすじ】

 未来の世界では遺伝子操作の恩恵によって人類は25歳になるとそれ以上年を取らなくり永久に生きることも可能にでなった。しかし、25歳以降の時間はお金で買う必要があった。それだけではなく、通貨は時間と交換でき、時間は通貨として流通するようになっていた。あらゆる取引の代金は通貨ではなく自分の持っている時間で支払う必要があった。自分の持ち時間は左腕の前腕に緑色の数字で表示されているので、自分の残された時間も分かってしまう。左腕の前腕数字が0になると同時に死亡する。時間はお金で補充することもできるし、他人から時間も分けてもらうこともできるし、自分の時間を他人に分けることもできる。

 世界は富裕層が住む地域と貧困層が住む地域とに段階的に分かれていた。富裕層は長生きができ、貧困層は労働の対価としてわずかながらの賃金としての時間をもらいながらその日暮らしの生活を送っていた。

 スラム街で住むウィル・サラス(ジャスティン・ティンバーレイク)は富裕層のヘンリー・ハミルトン(マット・ボマー)という男を助けたことから117年という時間をもらうが、男は長く生きることの苦しみから逃れるため自殺してしまう。ウィル・サラスは男からもらった時間を母親のレイチェル(オリビア・ワイルド)に分けようとするが、ほんの1秒だけ間に合わず目の前で死んでしまう。貧乏人の不幸な運命と理不尽な体制に怒りをおぼえたウィル・サラスは、この世界の体制に立ち向かい制度を破壊する決意をする。そして、この世界の仕組みの謎を調べるため、最上級の富裕層が住む富裕ゾーンへと行くためタイムゾーンを超える。

 ウィル・サラスは富裕ゾーンで大富豪のフィリップ・ワイス(ヴィンセント・カーシーザー)とその娘のシルヴィア・ワイス(アマンダ・サイフリッド)と出会う。シルヴィア・ワイスは富裕層にはいないタイプのウィル・サラスに興味を持つ。シルヴィア・ワイスは父親がつけてくれたボディガードに守られなが不用意な不注意で死なないように注意しながら生きる生活に退屈し飽き飽きしていたからだ。

 一方、時間を監視する時間監視局員のレオン(キリアン・マーフィー)等は、富裕層のヘンリー・ハミルトンの死亡原因を調査するうち、ウィル・サラスが殺害したのではないかとの容疑を持つ。そして、大富豪のフィリップ・ワイスの邸宅に乗り込む。時間監視局員に持ち時間のほとんどを奪われたウィル・サラスはシルヴィア・ワイスを人質に取って逃亡を図る。果たして二人の運命は・・・?

【レビュー・感想・ネタバレ】

 この映画は人類が25歳以上年を取らない不老が実現し、時間が通貨となった世界という、これまでにない斬新な物語の設定が非常に面白かった。

 映画の最初に50歳になるウィル・サラスの母親であるレイチェル・サラスが登場するのであるが、それがどう見ても息子であるウィル・サラスの恋人としか思えない若くて美しい容貌と外見なのである。この女性が50歳なのか・・・とつくづく思いながら彼女をじろじろと注意深く見つめてしまった。観客を映画の世界へ引き込むのに上手い出だしだなと感心した。

 富裕ゾーンからスラムゾーンへ逃亡したウィル・サラスとシルヴィア・ワイスはスラムの貧しい人々に時間を分け与えるために銀行や消費者金融の店舗へ押し入り時間強盗を働くようになる。それは、単なる窃盗や強盗に留まるものではなく時間管理を崩壊させる目的の体制を否定する革命ともいえる活動であった。その途中、ギャングや時間監視局員のレオンに追い詰められ時間を奪われたり、時間がなくなりそうになるが、何とか相手を倒し逃げおおせる。映画のラストでは二人が銀行の前で今まさに銀行強盗しようとする場面で終わる。

 全体のストーリーも上手く考えられていて楽しむことができた。未来にはこんな時代や世界がやって来るかもしれないという感じさせてくれる。映画で描かれている世界が来ないようにしなければならないが、現代でも富裕層と貧困層がいるのは映画の世界と変わらない。本作は、より良い社会とはどのような社会なのか考えるきっかけにもなる映画だと思える。

 なお、本作は映画レビューなどではかなりの不評を買っている。その大きな原因は日本語の吹き替えにあるようである。私は字幕で見たのでまったく問題なく見ることができた。吹き替えの日本語でちょっと見てみたのであるが、確かにおかしさを感じた。なので、本作を見る場合は英語を見たほうが良いと思う。

【キャスト】

ウィル・サラス(ジャスティン・ティンバーレイク)
シルヴィア・ワイス(アマンダ・サイフリッド)
タイムキーパー・レイモンド・レオン(キリアン・マーフィー)
レイチェル・サラス(オリヴィア・ワイルド)
ヘンリー・ハミルトン(マット・ボマー)
フォーティス(アレックス・ペティファー)
ボレル(ジョニー・ガレッキ)
フィリップ・ワイス(ヴィンセント・カーシーザー)
マイア(シャイロ・オーストワルド)
ジャスミン(クリスティアン・カステジャーノス)
カレラ(レイチェル・ロバーツ)
コンスタンティン(イーサン・ペック)
グレタ(ヤヤ・ダコスタ)
マイケル・ワイス(ベラ・ヒースコート)
タイムキーパー・コース(トビー・ヘミングウェイ)
レビ神父(オーガスト・エマーソン)
クララ(サーシャ・ピヴォヴァロヴァ)
エデゥアール(ジェシカ・パーカー・ケネディ)
タイムキーパー・イェーガ(コリンズ・ペニー)
ニクソン(クリストフ・サンダース)

【スタッフ】

監督:アンドリュー・ニコル
脚本:アンドリュー・ニコル
製作:マーク・エイブラハム、アンドリュー・ニコル、エリック・ニューマン
製作総指揮:アンドリュー・Z・デイヴィス、エイミー・イズラエル、クリステル・ライブリン
音楽:クレイグ・アームストロング
撮影:ロジャー・ディーキンス
編集:ザック・ステンバーグ

Amazonで「TIME/タイム」を探す
楽天市場で「TIME/タイム」を探す

過去ログ
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
検索
 
最近の記事
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。