今週のお知らせ

バッド・ティーチャー

バッド・ティーチャー [DVD]

【映画情報】

題名:バッド・ティーチャー(Bad Teacher)
ジャンル:恋愛コメディ、痛快学園ラブコメディ
監督:ジェイク・カスダン
出演者:キャメロン・ディアス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジェイソン・シーゲル
製作会社:モザイク
配給:コロンビア映画、日活
公開:2011年6月24日[米国]、2012年5月19日[日本]
上映時間:99分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:62点(100点満点中)

【あらすじ・ストーリー・物語】

 金なし。夢なし。やる気なしの中学教師であるアラサー女子のエリザベス・ハルジー(キャメロン・ディアス)は、 婚約者の親に金目当てだと見抜かれて結婚が破談になってしまう。彼女はかつての職場だったジョン・アダムス中学校へ復帰することになる。教師として熱意のないエリザベスは生徒にビデオを鑑賞させるだけの適当な授業をこなす毎日。「女の幸せ=玉の輿」だと考えているエリザベスは結婚相手を探すのに余念がない。

 ある日、ハンサムでイケメンのスコット・デラコート(ジャスティン・ティンバーレイク)が代理教師として赴任してくる。スコットが有名時計ブランドの御曹司だと知ったエリザベスは玉の輿に乗ろうと彼にアプローチすることを決意する。スコットの元カノが巨乳だったという情報をつかんだエリザベスは、彼が巨乳好きだと知り豊胸手術を受けようとする。ところが、クリニックへ相談しに行くと豊胸手術の費用は1万ドルもかかることが分かる。エリザベスは、あの手この手を使って手術代を稼ごうと暴走し始める。その中には、生徒たちが課外活動で行っている洗車アルバイトの売り上げを着服する計画もあった。

 ところが、スコットは同僚のエイミー・スクワレル(ルーシー・パンチ)と付き合うことになってしまう。思わぬ恋敵(ライバル)の登場に、エリザベスは果たして巨乳とスコットとの幸せを手に入れることができるのか・・・?

【レビュー・感想・ネタバレ】

 キャメロン・ディアスの魅力たっぷりの映画だった。ただ、キャメロン・ディアスが演じるエリザベス・ハルジーはあまり褒められた先生ではない。生徒にとってはまさにタイトルにある通り彼女はバッド・ティーチャーである。

 ところが、そんなエリザベスも後半になって共通テストで一位のクラス担任へ報奨金が出ると知って豊胸手術代を稼ぐため真面目に授業をやり始めたりする。生徒たちが成績を上げるようになるまでには試験に間に合わないと知ったエリザベスは今度は教育委員会の責任者から色仕掛けでテストの問題用紙を盗もうとする。その甲斐あってクラスの成績はトップになる。賞金を手に入れられることになったエリザベスは豊胸手術の予約を入れられることになる。

 エリザベスはスコットとホテルの一室で過ごすことに漕ぎ着ける。怒ったエイミーはエリザベスがテストの問題用紙を盗んだことを訴える。ところが、エリザベスはテストの問題用紙を管理している責任者に本人の恥ずかしい写真を送りつけて口止めするという口封じの手を打っていた。事実でない誹謗中傷したと思われてしまったエイミーは過去に同じようなことがあって今度もあの時の二の舞だと病院へ連れて行かれてしまう。

 豊胸手術代を手に入れて、ライバルを蹴落としたエリザベスだったか、なぜか賞金を返して豊胸手術も受けず、スコットとも距離を置く。そして、以前からエリザベスに好意を示してくれていたが相手にもしていなかった同僚で体育教師のラッセル・ゲティス(ジェイソン・シーゲル)に惹かれるようになる。新学期になってエリザベスは生活指導の先生になっている。

【キャスト・配役・出演者】

エリザベス・ハルジー(キャメロン・ディアス)
スコット・デラコート(ジャスティン・ティンバーレイク)
ラッセル・ゲティス(ジェイソン・シーゲル)
エイミー・スクワレル(ルーシー・パンチ)
リン・デイヴィス(フィリス・スミス)
ウォリー・スナー(ジョン・マイケル・ヒギンス)
カーク(エリック・ストーンストリート)

【スタッフ】

監督:ジェイク・カスダン
脚本:ジーン・スタプニツキー、リー・アイゼンバーグ
製作:ジミー・ミラー、デイヴィッド・ハウスホルター
製作総指揮:ジョージア・カカンデス、ジェイク・カスダン、リー・アイゼンバーグ、ジーン・スタプニトスキー
音楽:マイケル・アンドリュース
撮影:アラー・キヴィロ
編集:タラ・ティンポーン

アマゾンで「バッド・ティーチャー」を探す
楽天市場で「バッド・ティーチャー」を探す

ハングリー・ラビット

ハングリー・ラビット [DVD]

【映画情報】

題名:ハングリー・ラビット(原題:Seeking Justice)
ジャンル:サスペンス・アクション
監督:ロジャー・ドナルドソン
出演者:ニコラス・ケイジ、ジャニュアリー・ジョーンズ、ガイ・ピアース
配給:アンカー・ベイ・フィルムズ、ショウゲート
公開:2012年3月16日[]、2012年6月16日[]
上映時間:105分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:70点(100点満点中)

【あらすじ・ストーリー・物語】

 ニューオーリンズで高校の国語教師を勤めるウィル・ジェラード(ニコラス・ケイジ)は、チェロ奏者でオーケストラのメンバーでもある音楽家の妻ローラ・ジェラード(ジャニュアリー・ジョーンズ)と幸せな結婚生活を送っていた。ある晩、ローラは帰宅途中に何者かに襲われ暴行され重傷を負ってしまう。

 知らせを受けて病院へ駆けつけたウィルは妻の無残な姿を見て激しいショックとともに悲しみと怒りで大きく動揺する。そこへ、サイモン(ガイ・ピアース)と名乗る謎の男が近づいて来て「奥さんを襲った犯人を知っている。代わりにそいつを処刑してやろうか?」と代理復讐の話を持ちかけてくる。復讐の依頼を受ける条件は後で「簡単な仕事」を手伝ってもらえればいいということだった。ウィルは一度はその話を断るが、最終的にはサイモンの提案を受け入れてしまう。

 後日、ウィルは射殺された遺体の写真と奪われたネックレスを受け取る。

 半年後、ウィルのもとに再びサイモンが現れる。サイモンは約束した「簡単な仕事」を手伝って欲しいと言って来る。ウィルはしぶしぶながら最初の手伝いを実行するが、次に最後の手伝いだと言われたのは小児性愛者の男を事故に見せかけて殺害するという代理殺人であった。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 代理殺人という物語の設定は昔からよくある手法だが、代理殺人を犯罪被害者を中心に大規模に組織化したろころが本作の目新しさであろうか。日本でも必殺シリーズに代表されるような代理殺人の組織はあるが、あくまでも小規模な組織に留まっている。というのも、そもそも請負殺人を実行するような組織の構成員が多ければ多いほど秘密が漏れる危険性が高くなるからである。したがって、このような組織の構成員は必然的に少人数とならざるを得ない。さもないと、組織の秘密は守り切れないからである。

 ところが、本作の代理殺人の組織の構成員がかなりの数に上ると思われそれ自体が組織の破綻をきたす原因になるはずである。しかも、組織の構成員はプロの殺し屋ではなく普通の人がほとんどと思われる。とするならば、組織の理念を理解して忠誠心のあついメンバーだけが組織に参加しているわけではないことになる。犯罪組織なのにそのような一般人を組織のメンバーに抱え込んでいること自体が非常に危険といえよう。

 組織の構成員の数を多数にしたのはどこにいても組織の人間がいて組織の目が光っているというふうに観客の恐怖心を煽りたかったのだろうと思う。それが却って、自己矛盾の撞着に陥って本作のリアルさを失わせてしまう原因にもなっている。

 物語は、ウィルが代理殺人を拒否することで、組織に罠を仕掛けられ彼は殺人犯として指名手配されることになってしまう。ウィルは代理殺人の標的に接近するが犯行を実行できなかった。ところが、突然相手が急に襲い掛かってきて事故で高架下へ落下し死亡してしまう。監視カメラに被害者の死亡事故の前後にウィルの姿が映っていたため、警察に容疑者として捕まってしまう。とこが、被害者の転落場面が映っている監視カメラの映像テープは何者かによって持ち去られていたのである。そして、被害者は犯罪者ではなく元紙の記者アラン・マーシュであることが分かる。彼は謎の組織について取材していたのである。

 ウィルは取調室に現れたダーガン警部補(ザンダー・バークレー)によって警察から逃走することができる。そして、ウィルは転落死したアラン・マーシュの組織の存在を証明する取材映像を入手する。取材映像には「組織の本来の目的は法で裁けない犯罪者を処刑することであったが、サイモンは暴走して彼にとって邪魔な人間を殺すようになってしまった」と語る証人も映っていた。

 サイモンはウィルの無罪を証明する監視カメラの映像テープとアラン・マーシュの取材映像との交換条件を持ち出してくる。ウィルはサイモン等組織の人間と廃墟のようなショッピング・モールで待ち合わせる。そこには、ウィルの同僚で友人のジミー(ハロルド・ペリノー)もいて彼も組織の人間だと知る。クライマックスではこのショッピング・モールでの決闘になる。しかし、サイモンのやり方に反対であったジミーは、ウィルを助ける行動をとる。ジミーのお陰でウィルは助かるが、サイモンとの対決で敗れてしまう。ところが、サイモンに殺される寸前、妻のローラがサイモンを射殺してウィルは命拾いする。そこへダーガン警部補が現れ、後始末はうまくやっておくので、ウィルとローラに現場を離れるように促す。

 ラストの結末では、ウィルは組織のことを明るみに出そうと新聞記者のアラン・マーシュの取材映像を証拠として新聞社に持ち込むが、それを受け取った新聞社の男は「ハングリー・ラビット」という組織の合い言葉を残す。

 本作の邦題にもなっている「ハングリー・ラビット(空腹のウサギは飛ぶ)」の意味は、組織の人間であることを自分で証明するために申告する場合と相手が組織の人間であることを確認する合い言葉になっている。

【キャスト・配役・出演者】

ウィル・ジェラード(ニコラス・ケイジ)
ローラ・ジェラード(ジャニュアリー・ジョーンズ)
サイモン(ガイ・ピアース)
ジミー(ハロルド・ペリノー)
トルーディ(ジェニファー・カーペンター)
ダーガン刑事(ザンダー・バークレー)
スカー(アイアン・E・シングルトン)
ジョーンズ(カレン・モス)
グリーン刑事(マーカス・ライル・ブラウン)

【スタッフ】

監督:ロジャー・ドナルドソン
脚本:ロバート・タネン
製作:トビー・マグワイア、ラム・バーグマン、ジェームズ・D・スターン
製作総指揮:ジュリー・ゴールドスタイン、ダグラス・ハンセン、クリストファー・ペツェル、ジェンノ・トッピング
音楽:J・ピーター・ロビンソン
撮影:デヴィッド・タッターサル
編集:ジェイ・キャシディ

アマゾンで「ハングリー・ラビット」を探す
楽天市場で「ハングリー・ラビット」を探す

ダーク・シャドウ(2012年)

ダーク・シャドウ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

【映画情報】

題名:ダーク・シャドウ(原題:Dark Shadows)
ジャンル:ファンタジー・ドラマ、ブラック・ファンタジー
監督:ティム・バートン
出演者:ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、エヴァ・グリーン、ベラ・ヒースコート
配給:ワーナー・ブラザーズ
公開:2012年5月11日[米国]、2012年5月19日[日本]
上映時間:114分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

【評価】

おすすめ度:80点(100点満点中)

【あらすじ・ストーリー・物語】

 1752年に、ジョシュア・コリンズ(イヴァン・ケイ)とナオミ・コリンズ夫妻は幼い息子のバーナバスと連れてイギリスのリバプールを出航しアメリカへと渡る。ジョシュア・コリンズがメイン州コリンズポートの町で始めた事業が成功し、コリンズ一家は繁栄し富裕となる。20年後、バーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)はコリンウッド荘園の所有者となっていた。

 バーナバス・コリンズは使用人のアンジェリーク・ボーチャード(エヴァ・グリーン)と関係をもつが彼女を捨てる。ところが、アンジェリークは魔女だった。アンジェリークは彼の両親を殺し、婚約者のジョゼット・デュプレ(ベラ・ヒースコート)を自殺させてしまう。また、バーナバス自身もヴァンパイアにされてしまい、さらに生き埋めにされてしまう。

 2世紀後の1972年になってバーナバスは偶然工事のおかげで棺から出ることができコリンウッド荘園に戻ることができる。ところが、繁栄を誇った名家のコリンズ家の末裔はすっかり落ちぶれていた。魔女のアンジェリークがコリンズ家の子孫を没落させたのである。そして、彼女はコリンズポートの町を牛耳っていた。

 コリンズ家の子孫には女主人エリザベス・コリンズ・ストッダード(ミシェル・ファイファー)をはじめ、エリザベスの娘キャロリン(クロエ・モレッツ)、エリザベスの弟ロジャー(ジョニー・リー・ミラー)とその息子デイビッド(ガリバー・マクグラス)がいた。その他、屋敷には精神科医ジュリア・ホフマン(ヘレナ・ボナム=カーター)や世話人のウィリー・ルーミス(ジャッキー・アール・ヘイリー)、デイビッドの家庭教師ビクトリア・ウィンター(ベラ・ヒースコート)等もいた。

 ビクトリア・ウィンターはジョゼット・デュプレと瓜二つだった。

 バーナバスは亡父の「唯一の財産は家族だ」という言葉を思い起こし、コリンズ家を再興すべく動き始める。

【レビュー・感想・ネタバレ】

 本作は、1966年から1971年まで米ABCテレビで放送され、「血の唇」(1970)として映画化もされたゴシック・ソープオペラを『Dark Shadows』を原作として、ティム・バートン監督とジョニー・デップ8度目のタッグを組んで映画化したスーパーナチュラル(不思議な出来事・超常現象)・ドラマである。

 映画ではよくあるヴァンパイアものなのだけれども、ユニークなキャラクターがおかしくてヘンテコだった。それが魅力的で楽しく見ることができた。

 しかも、ヴァンパイアのバーナバス・コリンズが200年後の劇的な変化を遂げた世の中に出てくるという浦島太郎のよような物語も可笑しさを増している。

 バーナバス・コリンズはジュリア・ホフマン博士が自分の血液を輸血して不死になろうとしているのを見つけ、彼女を海底へ沈めて殺してしまう。

 次に、屋敷の財宝を盗もうとしたロジャーを家から追い出してしまう。

 クライマックスではアンジェリーク・ボーチャードとの対決になるのであるが、主に彼女と闘うのはキャロリンである。キャロリンは狼人間になってアンジェリークと戦闘を繰り広げる。実は、キャロリンはアンジェリークによって狼人間にされていたのである。結局、アンジェリークに止めを刺したのはコリンズ家の幽霊である。

 ラストの結末では、ジョゼット・デュプレに瓜二つ家庭教師ビクトリア・ウィンターは、ジョゼット・デュプレと同じように魔女の呪いで崖の上から身を投げてしまう。バーナバス・コリンズは彼女を追って自分も崖から飛び降りる。海岸に落ちた。バーナバス・コリンズはビクトリア・ウィンターの首を咬むことで彼女をヴァンパイアにして蘇らせる。

 200年前、バーナバス・コリンズはジョゼット・デュプレを救えず後悔を残すことになったが、今回はビクトリア・ウィンターの命を救うことができたという落ちで終わる。

【キャスト・配役・出演者】

バーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)
アンジェリーク・ブシャール(エヴァ・グリーン)
ヴィクトリア・ウィンターズ/ジョゼット・デュプレ(ベラ・ヒースコート)
エリザベス・コリンズ・ストッダード(ミシェル・ファイファー)
キャロリン・ストッダード(クロエ・グレース・モレッツ)
デヴィッド・コリンズ(ガリヴァー・マグラス)
ジュリア・ホフマン博士(ヘレナ・ボナム=カーター)
ロジャー・コリンズ(ジョニー・リー・ミラー)
ウィリー・ルーミス(ジャッキー・アール・ヘイリー)
ミセス・ジョンソン(レイ・シャーリー)
ジョシュア・コリンズ(イヴァン・ケイ)
サイラス・クラーニー(クリストファー・リー)
本人役(アリス・クーパー)

【スタッフ】

監督:ティム・バートン
脚本:セス・グレアム=スミス
原案:ジョン・オーガスト、セス・グレアム=スミス
原作[オリジナル脚本]:ダン・カーティス
製作:ティム・バートン、グレアム・キング、クリスティ・デンブロウスキー、ジョニー・デップ、デヴィッド・ケネディ、リチャード・D・ザナック
製作総指揮:ナイジェル・ゴストゥロウ、クリス・レベンゾン
音楽:ダニー・エルフマン
撮影:ブリュノ・デルボネル
編集:クリス・レベンゾン

アマゾンで「ダーク・シャドウ」を探す
楽天市場で「ダーク・シャドウ」を探す

過去ログ
最近のコメント
メン・イン・ブラック3 by はげぼうず (04/14)
検索
 
最近の記事
カテゴリ
日本映画・邦画(あ)(4)
日本映画・邦画(い)(2)
日本映画・邦画(う)(0)
日本映画・邦画(え)(0)
日本映画・邦画(お)(4)
日本映画・邦画(か)(5)
日本映画・邦画(き)(3)
日本映画・邦画(く)(2)
日本映画・邦画(け)(2)
日本映画・邦画(こ)(1)
日本映画・邦画(さ)(1)
日本映画・邦画(し)(2)
日本映画・邦画(す)(0)
日本映画・邦画(せ)(0)
日本映画・邦画(そ)(0)
日本映画・邦画(た)(0)
日本映画・邦画(ち)(0)
日本映画・邦画(つ)(1)
日本映画・邦画(て)(1)
日本映画・邦画(と)(2)
日本映画・邦画(な)(0)
日本映画・邦画(に)(0)
日本映画・邦画(ぬ)(0)
日本映画・邦画(ね)(1)
日本映画・邦画(の)(0)
日本映画・邦画(は)(4)
日本映画・邦画(ひ)(0)
日本映画・邦画(ふ)(0)
日本映画・邦画(へ)(0)
日本映画・邦画(ほ)(0)
日本映画・邦画(ま)(0)
日本映画・邦画(み)(0)
日本映画・邦画(む)(0)
日本映画・邦画(め)(0)
日本映画・邦画(も)(1)
日本映画・邦画(や)(0)
日本映画・邦画(ゆ)(0)
日本映画・邦画(よ)(1)
日本映画・邦画(ら)(1)
日本映画・邦画(り)(0)
日本映画・邦画(る)(0)
日本映画・邦画(れ)(3)
日本映画・邦画(ろ)(0)
日本映画・邦画(わ)(3)
外国映画・洋画(ア)(3)
外国映画・洋画(イ)(1)
外国映画・洋画(ウ)(0)
外国映画・洋画(エ)(1)
外国映画・洋画(オ)(0)
外国映画・洋画(カ)(1)
外国映画・洋画(キ)(3)
外国映画・洋画(ク)(0)
外国映画・洋画(ケ)(0)
外国映画・洋画(コ)(0)
外国映画・洋画(サ)(1)
外国映画・洋画(シ)(3)
外国映画・洋画(ス)(1)
外国映画・洋画(セ)(3)
外国映画・洋画(ソ)(0)
外国映画・洋画(タ)(5)
外国映画・洋画(チ)(3)
外国映画・洋画(ツ)(0)
外国映画・洋画(テ)(2)
外国映画・洋画(ト)(6)
外国映画・洋画(ナ)(0)
外国映画・洋画(ニ)(0)
外国映画・洋画(ヌ)(0)
外国映画・洋画(ネ)(0)
外国映画・洋画(ノ)(0)
外国映画・洋画(ハ)(4)
外国映画・洋画(ヒ)(1)
外国映画・洋画(フ)(1)
外国映画・洋画(ヘ)(1)
外国映画・洋画(ホ)(0)
外国映画・洋画(マ)(1)
外国映画・洋画(ミ)(2)
外国映画・洋画(ム)(0)
外国映画・洋画(メ)(1)
外国映画・洋画(モ)(0)
外国映画・洋画(ヤ)(0)
外国映画・洋画(ユ)(0)
外国映画・洋画(ヨ)(0)
外国映画・洋画(ラ)(1)
外国映画・洋画(リ)(0)
外国映画・洋画(ル)(0)
外国映画・洋画(レ)(1)
外国映画・洋画(ロ)(0)
外国映画・洋画(ワ)(0)
その他(0)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。